英語

【TEDICT】英語力をワンランクあげるためにTEDで勉強する方法

更新日:

世界中の著名人のスピーチが視聴できるサイトTED。僕も英語力アップのためにTEDを使わせてもらっていますが、気に入っている勉強方法をご紹介できればと思います。

やることは、いわゆる「ディクテーション」と呼ばれる方法です。

動画を見るだけ聴き流すだけではなく、聴きながら同じ英文を打ち込んだり、英単語を並べ替えたりするんですが、これがかなり頭に残ります。

TEDを使っての勉強方法として「TEDICT」を紹介します。

TEDICT

TEDICTというアプリ(有料)です。よくできているアプリなので買って損はないと思います。

ダウンロードTEDICT - TEDで英語を習おう - CoCO SWING

スタート画面

TEDICT01

まずは「Start」ボタンを押して進みます。

好きな動画を探す

TEDICT02

左に動画が一覧表示されますので、良さそうな動画を探してみましょう。

TEDICT03

見つかったら、「Play online」ボタンで視聴できます。

TEDICT04

とりあえずざっと視聴して、練習したい動画を決めます。

ダウンロードする

TEDICT05

動画が決まったら、練習するための問題をダウンロードします。「Download」ボタンは問題をダウンロードするためのボタンです。

難易度によって2種類の入力方法がある

TEDICTisy(やさしめ)

TEDICT06

まずは簡単な方から見てみましょう。

TEDICT07

簡単な方は、あらかじめ用意された英単語を並べ替えるという勉強です。

動画のスピーチがちょうど良い具合(5~10秒程度)に区切られていて、英単語がランダムになって表示されているので、並び替えて入力していきます。

TEDICT08

わからなければ、飛ばすこともできますし、繰り返し聴くこともできます。何度も何度も聞くことでわかるようになってくるから不思議です。

TEDICT(難しめ)

TEDICT09

並べ替えが簡単だと思ったら、全部自分で入力するのもあります。

TEDICT10

短い文なら辛うじて対応できましたが、僕の英語力で長い文章をディクテーションするのはちょっと厳しいかなと思いました。

TEDICT11

長い文章の問題だと3~4行のディクテーション(多分30~40単語)なので、文法力を頼りに入力する必要も出てきます。

あとは正しいスペルで入力する必要があるので難しいです。

まとめ

ディクテーションするのとしないのとでは面白いほど記憶に差が出るので絶対試してみてほしいと思います。

正直、僕はアプリを購入後はアプリなしでやれと言われたらやる気がしません。

TEDは業界の第一人者によるプレゼンで内容も素晴らしい上に、英語力も高められるまさに一石二鳥な教材だと思います。

しかも、スピーカーはネイティブだけじゃなくて、聞き取りが難しいクセがある英語も出てきますので、生きた英語を学ぶのに最適です。

ダウンロードページへ

参考オンライン英会話、とりあえず始めるならDMM英会話がいい。

-英語

Copyright© 情弱で損した件 , 2019 All Rights Reserved.