英語

フィリピン航空で他人のチケットを代理で買ったら

更新日:

フィリピンから日本に帰ってくる人がクレジットカードを無くしたらしく、セブから大阪までのチケットを代理でとるということになりました。

手続き自体、実はそんなに難しいことではないんですが、、一瞬「あれっ?」となるところがあったので書いてみます。

他人のチケット代理購入(フィリピン航空)

①まずは予約

これは、普通の予約と変わりません。
支払いもスムーズに行ったように見えました。

②予約完了画面

フィリピンエアライン

ところが、引き落とされた形跡はなく、メールも来ていない。これがちょっと不安

③メールが届く

フィリピンエアライン 確認メール

しばらく経ってメールが到着

内容はクレジットカード所有者を保護するため、航空券の受け取り時またはチェックイン時に、このウェブサイトで航空券を購入された際に使用されたクレジットカードの提示を求めていますというものでした。

搭乗者にクレジットカードと免許証の画像を送り、空港での手続き時に登場者がコピーしたものを提示すれば大丈夫なようです。

ただ向こうでコピーとか印刷するのってけっこう面倒なので、違う方法もあります。

日本のオフィスに電話連絡

それは日本のコールセンターに電話した後、メールで画像を送って確認してもらう方法です。

予約番号を伝えると、「搭乗者」と「クレジットカード所有者」の名前を確認されます。クレジットカード所有者はメールでパスポートとクレジットカードの画像を送ってくださいと言われます。

これで確認が済むと、空港での手続き時に搭乗者が支払い者のクレジットやパスポートを提示する必要がなくなります。

ただし、万が一クレジットカード情報が漏れたらと考えると恐ろしいので、オススメはしません。

窓口

  • 電話番号:0570-783-483
  • 携帯の場合:03-5157-4362

※対応時間は8:30から18:30までです。

まとめ

相当レアなケースなので役に立つかわかりませんが、一応こんな感じでです。

今回はフライトまで期間がある予約なので大きな問題はなかったですが、代理でチケットをとってもらうしかないときは、決済に時間がかかるので3日位前に予約手続きした方がいいと思います。

-英語

Copyright© 情弱で損した件 , 2018 All Rights Reserved.