健康

海外製のルテインサプリで疲れ目対策してみてわかった新事実

更新日:

パソコンやスマホが手放せないので、もう3年位、目のサプリを使って疲れ目対策をしています。

やっぱり飲み忘れたら調子が違うのですぐわかりますね。

一つのサプリにこだわらずに、なくなったら次に新しいのを試す感じでやってきたんですが、最近、マイ定番を見つけました。

海外製のルテインサプリです。

使ってみてわかったことを紹介します。

海外製のルテインサプリで疲れ目対策してみてわかったこと

実はルテインだけで良いかも

最近はコンビニやドラッグストアでも、ブルーベリーサプリ的なものが売っていますが、色々な成分が混ざっています。

  • ブルーベリーエキス
  • ルテイン
  • メグスリノキ

でも、自分で人体実験した結果によると、意外とルテインだけのサプリでもOKでした。

ルテインはブルーライトなどを吸収し、目を守る成分です。目に見えないブルーライトカットグラスをかけているようなイメージです。

僕の場合、ドライアイや疲れ目の原因はPCやスマホの使いすぎなのは明らかだったので、ブルーライトカット対策としてルテイン重点的に取り入れました。

最初は、「ほかの成分だって全部必要だから入っているんでしょ」と思っていましたが、違いました。

家電についているあったら便利だけどまったく使わない機能みたいな感じです。

別になくてもいいような成分なら、ないほうがいい気がしませんか?

僕は、その分安くしてほしいです。

日本製はシンプルなルテインサプリが少ない

今、紹介しているルテインサプリは具体的に言うと「アメリカ製」です。

それを聞いた時点でアウトという人もいるかもしれません。

まあ、日本人としては日本製のほうが安心感がありますから、無理もないでしょう。

ただし、そもそも日本製でかつシンプルにルテインだけ入ったサプリって手軽に売ってないんです。

繰り返しになりますが、ほとんどのサプリは色々混ざっています。

  • 日本製だけど余計な成分が入ったサプリにするか
  • アメリカ製だけどシンプルなサプリにするか

で迷った結果、今の時点ではシンプルなほうを選択しています。

日本製よりもコスパがいい

日本製の同レベルまたはそれ以下のサプリでも30日分で1,500円くらいしますが、こちらは120日分入ってほぼ同じ金額で買えます。

輸入する形になるので、到着まで多少時間はかかりますが、せいぜい1週間~10日です。

いつも待ち合わせにちょっとだけ遅れてくる人みたいなイメージで気長に待てば、そこまでストレスにもなりません。

ちなみに一粒に10mg入っています。

一日に必要なルテイン摂取量は6mgなので、十分と言えます。

※日本のコンビニや100円ショップでテキトーに買うとルテインが1mgしか入っていないこともありますから、注意してください。

まとめ

そんな感じで最近は、海外サプリで必要な成分だけをピンポイントでとるようにしています。

人生100年時代と言われてますから、目はできるだけ大切にしたほうがいいですよね。

ちなみにネットでサプリを買うなら iHerb というサイトはオススメです。

以下の紹介コードを入力すると5%割引になります。

紹介コード:ABF4583

-健康

Copyright© 情弱で損した件 , 2018 All Rights Reserved.