健康

【ファストジム24】格安24時間ジム3社を比較して消去法で決めた

更新日:

24時間ジムに入会してから1年くらい経ちました。

性格上、途中で挫折する可能性大でしたが、近所のコンビニに行く感覚で通えるので週2回ペースで続いていて、今後もなんとか続けられそうです。

あまり人数が増えてほしくないので紹介しないほうがいいかと思いましたが、24時間ジムがもっと流行れば、選択肢も増えるので記事にしてみますね。

なお、入会時は徒歩圏内にある格安で24時間営業のジムを3社比較してから決めたのでその辺を紹介します。

僕が検討した格安24時間ジムの大手3社とは

最近、都内には24時間ジムが増えてきてますが、目立っているのは以下の3社ではないかと思います。

  1. エニタイムフィットネス
  2. ジョイフィット24
  3. ファストジム24

文字通り、24時間営業なので真夜中に運動不足を解消することも可能。厳密に言えば、メンテナンスで一時的に使えない時もありますが、ほぼ年中無休です。

格安24時間ジムの大まかなイメージ

  • 24時間営業(年中無休)
  • 月会費1万円以下
  • マシーンのみ
  • 基本的に狭い
  • フリーWiFi環境あり
  • パーソナルトレーナーは別料金

スタッフについては「いる時間」と「いない時間」があります。

24時間ジム3社のおおまかな特徴と優位性

近所に複数のジムがあると迷ってしまいますよね。

なので、特徴をまとめます。

はじめにお伝えしておくと、僕が見学した範囲での話になるため、一部の情報は事実と異なる可能性もあります。ファストジム24以外はフランチャイズ展開なので細かいローカルルールなどが店舗ごとにあると思われるからです。

エニタイムフィットネスの特徴

店舗数の多さ

アメリカ発のフィットネスクラブで世界25カ国で展開。海外店舗も利用可能です。
(フランチャイズ展開のためさらに拡大しそう)

本気度が高め

エニタイムフィットネスにいる人たちが一番ストイックにトレーニングに励んでいる気がしました。

  • 体つき
  • マシンの消耗具合
  • 20代の多さ

などを独断で判断した感想です。

かなりガチで鍛えている上級者となると、また違うジムに行ったりしてるのかもしれませんが、中級者以上と呼べそうな人達はけっこう見かけました。

マシンの数が他よりも豊富だからかもしれません。

ファストジム24の特徴

FASTGYM24

ティップネスが経営

総合型ジムの「 ティップネス 」がマシンに特化して展開しているジム。ティップネス会員は毎月+500円でファストジム24を使えたりもするようです。

フランチャイズではないのと関東中心の出店のため、店舗数が少ないですが、急速に増えてきている印象。

料金の安さ

ほぼ互角といえば互角なんですが、他の2社と比較すると少し安いです。

最安エリアだと月額6,000円台〜

料金は店舗によって異なります。

フリーウェイトスペースの利用者少なめ

店舗や時間帯にもよるんですが、ダンベルやバーベルを使うエリアがガラ空きの時がけっこうあります。

スタッフに説明を受けた時もランニングマシーンのほうが人気と言っていました。

筋トレ初心者だとガチの上級者がいるウェイトのゾーンに行くのはなかなか勇気がいると思うので、人がいないところを探しているならチェックしてみてください。

スタッフは運動経験ない人も多い

ほとんどのスタッフは未経験者だと思われます。特に女性スタッフは鍛えている感じがないです。

トレーニングについて尋ねても、おそらく、納得のいく回答は得られないでしょう。

僕は複数店舗が使えるオプションに加入しているため、これまでに6店舗くらい行ってみましたが、スタッフの業務は店舗のメンテナンスがメインなのかなと思われます。

でも、スタッフがいる時間はいつもキレイだからうれしいです。

ジョイフィット24の特徴

ジョイフィットスポーツの簡易店舗

ジョイフィットスポーツが展開するマシン特化の小型ジムです。

初心者・女性向き

器具の使い方を聞いたり、簡単なメニュー作成などをお願いできる点は、未経験者にやさしいところかと思います。

また、女性専用のトレーニングルームがあるのは、今回、比較している3社ではジョイフィット24だけです。

僕がファストジム24に決めた理由

僕が会員になっているのはファストジム24です。

比較する前は自分の中で「なんとなくイメージ的にエニタイムが良いかな」と思ってましたが、最終的には消去法的にファストジム24になりました。

ファストジム24は初月無料だったのも入会理由の一つですが、入ってみたらそれなりに気に入っています。

  • 人の少なさ
  • 清潔感がある
  • 全店舗使える会員プラン(ファストジム24プラス)
  • パーソナルトレーナーもつけれる(たしか4回で30,000円くらい〜)
  • 土足OKの気軽さ
  • 動画撮影不可だから気にならない

今のところ、何か大きな目標があるわけではなく、運動を習慣化すること自体が目的なので、一番精神的ストレスの低いことを重視しました。

ちなみに僕は飽きっぽいので気分転換も兼ねていろんな店舗に行っています。

ファストジム24プラスというプランに入れば全店舗利用可能です。

エニタイムフィットネスは自分には合わなかった

エニタイムフィットネスは店舗数が多いだけに僕の近所には3店舗もあり、通いやすさはトップです。

でも、個人的に無理なところが複数あり、断念しました。

一言で言うと、利用者が多いこと。その分だけ色々と待ったり気を遣う可能性があります。

  • シャワールームやマシンの空き待ち
  • 設備の消耗
  • マナー違反者の存在

これがかなり苦痛です。

学生がグループで喋りながらトレーニングしてたりすると最悪ですね。

  

また、ロッカーがないので荷物を常に気にしていなければいけないのも残念でした。

あと鍵の管理が面倒なんです。

結構無くしたり、忘れたりしている人も多いみたいですね。

ジョイフィットとファストジムはカードタイプで財布に入れておけて便利なんですが、これはたしかにトラブルの原因にはなりそう。

ジョイフィット24はちょっと遠かった

ジョイフィット24は綺麗で良かったんですが、人が多めなのと生活ルート上にないので断念しました。

店舗によっては入会自動受付機があり、スタッフがいない時間でもクレジットカードさえあれば入会手続きできるみたいです。

徒歩20分くらいなので行けないこともないですが、週2回行くとなるとメンタル的にちょっと無理だろうと思います。

雨が降っても行けるとしたらエニタイムかファストジム24なんですよ。

今思えば、結局、3社には細かな違いはあれど、それほど大きな違いがないので「近さ」を選んだってことになりますね。

ファストジム24の評判

↑違約金が取られたって話がありますが、誰にでも適用される訳ではないです。

契約時の同意書を確認したら、書いてましたがキャンペーンで入会して、半年以内に退会・休会すると違約金となっていました。

この話は同意書にサインする際に説明があるはずなので、本人が把握していないのが悪いと思いますね。

まとめ

ファストジム24はめちゃくちゃいいってわけでもないんですが、それなりにいい24時間ジムです。

空いている時間帯を選べば、ほぼ独占できますよ。

都心に住んでいて、ちょっと運動を始めてみたい程度の人にオススメします。

逆に人が多くてもいいからしっかりした設備がほしい人や上級者には向いてません。

あくまでコンビニ感覚でジムに行くのをイメージしてください。

スタッフがいる時間なら飛び込みでも多分見学させてもらえますから、気軽に行ってみてはいかがでしょうか?

\WEB予約手続きはコチラ/

FASTGYM24

↓ジム通いに最適なバッグを見つけました!(スニーカー専用収納スペースあり)

-健康
-, ,

Copyright© 情弱で損した件 , 2019 All Rights Reserved.