健康

ブルーライトカットメガネはどうせ買うならいいヤツを買った方がいい

更新日:

最近は、もうブルーライトカットのメガネが定着してきて特に目新しさもなくなってますね。100円ショップでも見かけるほどです。

このブルーライトカットメガネは以前、JINSから出ていたJINS PC for HACKERS -PENTAGONというモデルなんですが、結構気に入って毎日使っています。

アトレ秋葉原で1年以上前に買ったのですが、その時は確か9,900円でした。いまは値下がりして3,900円になったみたいです。→その後プレミア化して定価より高くなっているみたいです。

丈夫なので、壊れたわけではないんですが、そろそろ新しいのを追加で買おうかと思ってます。でも、良いのが見つからないんですよね。

他にこのモデルのようにこだわって作ってるPC用メガネがないからだと思うんですが、いまのところ買い替えるにはいたっていません。

その後、新しくカスタマイズで作りました。

参考【ブルーライトカット】2本目のJINS PCはカスタマイズで作ってきた

JIN's オンラインショップでリピートしようかと思ったらSold Outなので、待つか他で在庫ある所で購入するしかなさそうです。

今は大抵のメガネ屋さんに行けば、別料金でブルーライトカット仕様にしてもらえますが、ちょっと違うところがあります。

それは、このメガネはレンズが1枚でできているので視野が広く持てることと、レンズの面積が大きいので全方向からブルーライトをカットすることです。

ブルーライトカットレンズを通して見たパソコン

商品名の通りまさに、ハッカーと言った感じで、かけるのが勇気がいるデザインですが、その点が気に入っているのでどうにも手放せません。ただ、あまり好きじゃないのがレンズがピンクっぽい色という部分です。

もし、また新しいバージョンが出るとしたら、レンズの色はもっとクリアになるんじゃないかと思います。

このレンズはブルーライトカット率50%ですが、この商品が出た当時の技術で50%カットを実現しようとしたら、こんな感じのピンクっぽい色になってしまっていました。

ブルーライトカットレンズ

最近、ゾフに行ったら、こんなに色をつけなくても50%カットができるようになったみたいなので、次のモデルが出るとしたらそこに期待しています。

参考Zoff(ゾフ)

実際、かけてみて見るとそんなに色がついていることは気になりません。でもクリエイター・デザイナー系の職業の方や色を扱う仕事の方だともしかしたら、ちょっと気になるかもしれません。

あと、僕自身は普段メガネをかけないからかもしれませんが、このメガネをかけ始めて1日位は、横を振り向いたりすると歪んで見えるといった現象が見られました。試着の時点で気付いたのでスタッフの方に聞いたら、一日経つと脳が適応するため気にならなくなるらしいです。

ブルーライトカットなんてプラシーボ効果だろという意見もありますが、視力も落ちてないし、目の疲れも軽減したのでやはり効果はあると思います。少なくとも、500円とかで買える安いブルーライトカットとはクオリティが違います。

2万円位でハイクオリティの商品を出してくれたら、買いたい位なんですがどこかつくらないかな。とは言ってもブルーライトカットフィルムかブルーライトカットアプリもあるし、ブームも去ったので真剣に開発はしないかもですね。

参考ブルーライトカットフィルム

JinsPC メガネケース

ちなみに、このメガネにメガネふきらしいメガネふきは付いていなくて、メガネケースがメガネふきの素材でできています。

-健康

Copyright© 情弱で損した件 , 2018 All Rights Reserved.