生活

Tカードが割れたのでYahoo!JAPANカードを作ってみた

更新日:

最近、新しくYahoo! JAPANカード を作りました。

10年近く使っていたTSUTAYAのTポイントカードが割れてしまって使いづらかったので、新しいのに交換したいと思っていたところ、Tカード一体型の「Yahoo!JAPANカード」で一元化できるということがわかったからです

Tポイントカードを交換するだけでもよかったのにもかかわらず、あえて「Yahoo!JAPANカード」を作った理由もありますので、その辺りも紹介します。

Yahoo!JAPANカード

YJ00002

クレジットカード+Tカード

一言で言えば「Tポイントカードが付いているクレジットカード」です。

クレジットカードの中には限られたサービスや店舗でしか使えないポイントがもらえるものがあります。正直あっても困るものも多いですが、Tポイントならリアル店舗でもネットでも使い道も豊富ですから困ることはないでしょう。

申し込んだ理由(メリット)

YJ00003

①入会料・年会費無料

持つこと自体にお金がかからないのでまったく使わなかったとしても損することはありません。

コンビニなどのリアル店舗で買い物をする場合は、クレジットカードだからといって必ずしもクレジットカード払いをしなければならないわけではなく、現金で支払ってTカードとして使うことも可能です。

②入会特典キャンペーン

bg_mainvisual

入会は無料ですが、入会特典として最低3000ポイントはもらえるので3000ポイント欲しさに申し込んだのもあります。(1ポイント=1円)

ちなみに最大7000ポイントと書いているのは、クレジットカードが届いてすぐに使用することが条件になっています。

キャンペーン内容

  • 入会特典:3000ポイント
  • 利用特典:4000ポイント

③ファミマで獲得できるTポイントの還元率が上がる

ポイントを貯める観点からいくと大手コンビニの中ではファミマのポイント還元率が低いのですが、Yahoo! JAPANカードを使って支払えば、他のコンビニと変わらなくなります。

僕は、コンビニポイントのせいでファミマを避けるようにしていたので、また以前のようにどこのコンビニかを気にせずに行きたいと思います。

参考ポイントを貯める観点からいくと損なコンビニはファミマ

④ヤフーショッピングで使える

以前は、Amazonか楽天で買い物をしていましたが、最近はヤフーショッピングで買う機会も増えてきています。なぜならヤフーショッピングの方が安いケースが多いし、ポイント還元率も高いからです。

もし、あまり意識したことがなければ、楽天で買う前にヤフーショッピングも見てみるのはおすすめです。

参考ヤフーショッピング

申し込んでから気がついたこと

①ログインしやすい

使用履歴を見るときなどにクレジットカード会社のサイトに移動してアカウントにログインすることがありますが、少し面倒に感じる時があります。

IDやパスワードなどを記憶していないので、入力時に時間がかかるからです。

Yahoo--JAPAN

でも、Yahoo!JAPANカードはヤフーのトップページにリンクがあるので手軽に確認できますし、パスワードだけでログインできるのでスムーズです。

②JCBを選んだ方が良かった

Yahoo!JAPANカードはnanacoにチャージすることができますが、対応しているのはJCBのみです。僕はVisaを選んでしまったのでチャージできません。

海外旅行保険が付いていないことからも、国内での利用がメインになるカードなのでJCBを選んでおいた方が良さそうです。

まとめ

作ってみて使えなかったら放置しますが、「Yahoo!JAPANカード」はTカードとして使うので使用頻度がゼロになることは無いはずです。

まだ、使い始めてそれほど経っていないので、どれくらい使えるかはこれから見極めていきたいと思います。

\クリックして申し込む/

-生活
-,

Copyright© 情弱で損した件 , 2018 All Rights Reserved.