生活

宅配型トランクルームのAZUKELがそこそこ良さそうなので使ってみることにした

更新日:

部屋の収納が埋まってしまってスッキリさせたいので改めて宅配型トランクルームに預けようと思います。

じつはすでにサマリーポケットに預けてますが、ちょっとありかもと思う宅配型トランクルームを見つけたのでお試しみたいな感じです。

「気分転換とリスク分散も兼ねて、次は違うところでもいいかな」というだけです。

具体的には『AZUKEL(アズケル)』というサービスです。

「サマリーポケットでいいじゃん」と言われそうですが、AZUKELはAZUKELで違う良さがあるんです。

サブ扱いのトランクルームがあればいいと思ってたのでちょうど良い感じだったんですよね。

なので今回はサマリーポケットユーザーの立場で紹介しますね。

参考使ってないモノがあったので「サマリーポケット」で預けてみた感想(レビュー記事)
参考サマリーポケットの荷物が帰って来た!まだ箱が使えるのでまた預ける

宅配型トランクルームAZUKEL(アズケル)

アズケルは月額400円からの料金で、自宅から1歩も出ずに荷物を預けられるトランクルームサービスです。

小型の荷物だけじゃなくて大型の荷物に対応しているのがセールスポイント。

手続きもネットで完結するから簡単です。

AZUKEL (公式サイト)

 

まあ、基本的には、サマリーポケットと似ています。

一度もこういうサービスを使ったことがないといまいちピンと来ないと思うので宅配型のトランクルームについて5行で書くと、以下のような特徴があります。

  • ダンボール箱の荷物を預けられる
  • 1ヶ月の料金は1箱あたりワンコイン程度
  • 宅配業者に取りに来てもらうだけでOK
  • 荷物は撮影してくれるから忘れても安心
  • 空調完備でセキュリティが徹底された場所に保管される

僕のような狭い家に住む都会生活者にとってはうれしい内容です。

なぜ、AZUKEL(アズケル)を選んだか

今回、サマリーポケットじゃなくて、AZUKEL(アズケル)にした理由は4つくらいあります。

①手持ちの段ボールもOK

アズケルは自前の段ボールもOKです。

これって急いでいる時に助かりますよね。

サマリーポケットは配達まで迅速で文句があるわけじゃないんですが、指定の箱が届くのを待つ必要があります。

それから箱に詰めて、また改めてヤマトとかに来てもらう感じです(手間が2回もかかる)。

でも、アズケルは規定を満たして入れば、自分で用意したダンボール箱でも受け付けてくれるのが良いです(一発OK)。

今の時代ってちょっとネットで買物する人なら箱が余ってしょうがないくらいじゃないですか?捨てるのと同じペースで増えていきます。

まあ、サイズには決まりがあって、合計120cmまでとちょっと小さいんですが今回は間に合いそうです。

②日割りだし、とりあえず損じゃなかった

「月末だから20日分損しちゃうな」とか考えましたが、その心配はいりませんでした。

月の途中から預けたら料金は日割で初期費用はかかりません。

「なら、まあいいか」という感じです。

今回は、スペース確保が目的で、そんなに長い間、預けておこうとは思っていないので大した違いはないと思っています。

③家具とか家電も預けられる

サマリーポケットだと、家具とか大きいものは預けれないんです。

宅配型トランクルームは結構それが普通なんですが、アズケルは大きくてもOKなんですよね。

問題がなさそうなら、今後パソコンのモニターを預けたりしたいのでその下見をかねてということになります。

④単純に使ってみてレビューをしたかった

ネットを検索しても、あまり使っている人がいなそうなので自分が人柱として名乗りを上げることにしました。

そのため、今回は余っているサマリーポケットの箱をアズケルに送るという挑戦的なことをやってみます。

ライバル会社のロゴが入った箱が送られてきたら、どう思うんでしょうかね?

【注意】AZUKEL(アズケル)で会員登録する前に知っておきたいこと

サマリーポケットよりちょっと高い

月額保管料

サマリーポケットで同じサイズを保管するよりも100円高いです。

細かいですが、サマリーポケットなら初月無料だったりします。

この差が気になるなら、アズケルをファーストチョイスにするのはやめておいたほうがいいかもしれません。

取り出し配送料

さらに取り出しにかかる配送料も東京から遠ざかるほど高くなるため、地方在住の人は結構不利です。

AZUKELサマリーポケット
関東、信越、北陸、中部1,100円一律800円
東北、関西1,200円
中国1,300円
四国1,400円
北海道、九州1,500円
沖縄2,600円

サマリーポケット (公式サイト)

不要品を売り買いする仕組みはない

アズケルに保管すると不要品を現金化することができません。

どういうことかと言うと、サマリーポケットなんかだとヤフオクでの販売を代行してくれます。

宅配型トランクルームって預けたものの撮影してくれてるから、ラクに売り買いできるんです。

『自分で写真撮影しなくていいメルカリ』みたいなイメージですね。

それがアズケルにはないという話です。

補足

ちなみにtrunk(トランク)という宅配型トランクルームにも、ユーザー同士で売り買いできる仕組みがありますよ(トランクマーケット)。

trunk(トランク) (公式サイト)

 

個人的な意見

僕はサマリーポケットで一回使った結果、そんなに儲からなかったので「自分でメルカリで売ったほうがいいな」と感じましたが、積極的に売買するつもりならアズケルはやめておきましょう。

参考サマリーポケットで「おまかせヤフオク!出品」をしてみた結果

家具家電は関東限定

大型の家具とか運んでくれると引っ越しのときに助かりますよね。

でも、これは残念ながら、関東限定のサービスなんです(2019年2月時点)。

補足

AZUKELじゃなくて大型の家電とかを運んでくれる宅トラ(宅配型トランクルーム)では全国対応しています。

宅トラ (公式サイト)

結局、AZUKEL(アズケル)はどんな人が向いているか

すぐに預けたい人

手元の箱でOKだから、思い立ってから片付くまでが早いです。

しばらく取り出さない人

預け入れ時の配送料はアズケルの負担ですが、半年以内に取り出す場合、往復分の送料を負担しなければなりません。

なので、半年くらいは使わない前提で預けるようにしたほうが良いでしょうね。

関東の人

関東ならアズケルのサービスを最大限使えます。

  • 送料が安い
  • 家具や家電のサービスは関東エリア限定

繁忙期に引っ越しする人

引っ越しとかリフォーム中に生活家電とか一時的に預かってほしいときに使えます。

(これを書いている時期はちょうど引っ越しシーズンなので、引っ越し業者が見つからないケースもありそうですね。)

AZUKEL (公式サイト)

まとめ

ノーブランド家電の空き箱は基本的に捨てますが、人気メーカーの場合は、メルカリに売るつもりのものはどうしてもとっておかざるを得ません。

なので、これから精査をします。

わざわざ収納にコストをかけるなんてもったいないですけどね。

(家が狭いのですが、場所が気に入っているのであまり引っ越すつもりもないんです。)

いろんなところに荷物を預けるこの企画は今後も続けて行く予定です。

追記

とりあえず、入庫が完了したようです。

参考AZUKELの入庫が完了。サマリーポケットユーザーが気付いたことを書く

-生活
-

Copyright© 情弱で損した件 , 2019 All Rights Reserved.