健康管理

Mi スマートバンド5で睡眠を改善しよう【睡眠スコア計測】

2021年1月15日

僕は自宅で働いています。

これはスケジュールを自由に決めれる点では最高なんですが、自由すぎるのでどうしても不規則になりがちなんですよね。

少なくとも、毎日規則正しいライフスタイルを送るお勤めの人よりも健康リスクは高いと考えています。

多分、この生活をずっと続けていると健康寿命も短いでしょう。

そんな中、最近やたらと睡眠の重要性を解く動画や本を見かけるので睡眠時間の管理をはじめてみることにしました。

使っているのはシャオミのスマートバンドです。

しばらく使ってみての気づきや感想を書きます。

 

Mi Smart Band 5


だいたい4,000円ほど出せば買えます。

 

個人的に必要な機能はだいたいある

色々な機能がついていてもどうせほとんど使わないですからね。

僕はもともと睡眠時間と歩数が測れれば満足だったので合格点でした。

主な機能と仕様

  • 健康管理:睡眠トラッキング、心拍数、歩数計、ストレス測定、消費カロリー
  • 生活に便利な機能:時計、アラーム、カメラの遠隔シャッター、音楽再生ボタン、プッシュ通知
  • 防水(5気圧)

 

コロナで体温を測る機会が多いので、体温計がついていれば最高でしたが、絶対条件として求めてたわけではないので別に問題ないですね。

コスパ的に文句をつけようがないです。

ついてない機能

  • 血圧
  • 体温
  • キャッシュレス決済機能

ちなみに体温計がついているスマートウォッチもありますが、手首で測るため28℃とか馴染みのない温度になるそうです。

(一般的な体温計だと脇とか頭で計って36.5℃とかですが、そうはならないようです。)

 

スマホとのペアリングも簡単です

計測結果はスマホやタブレットのアプリで見るんですが、わざわざ新規のアカウントを作成しなくても、サードパーティのアカウントで連携できるのですぐに使い始められます。

ちなみに僕はGoogleアカウントでペアリングしました。

対応しているアカウント

  • Facebook
  • Google
  • WeChat

 

値段相応のデザイン

まあ、4000円くらいなのでデザインに期待することはできませんが、サイズ的に小さいので無難な色を選んでおけば悪目立ちすることはありません。

過度な期待はしないほうが良いでしょう。

 

睡眠スコア

眠りの深さや質が分単位でわかります。

他のユーザーのデータと比較できる点や仮眠が計測できるのもうれしいですね。

 

アラームのバイブは丁度いい

基本的に音は出ないようになっていてアラームの場合は何回かブルッと軽く震えて知らせてくれます。

腕の振動だけで気付くか不安でしたが、大丈夫でした。一応、目覚めることができます。

個人的には音で起こされるよりも不快ではないですね。

スマートバンドのアラームで起きることについて今まで考えたことがなかったですが、誰かと同居していたりすると音で同居人を起こさずに済むのでアラームとしても優秀だと思いました。

 

1回充電で2週間

こまめに充電しないといけないとしたら途中でつけなくなると思いますが、いったん充電すれば2週間もつそうです。

僕はシャワーを浴びる間、腕から外して充電するルーティンにしてますが、10分くらいの充電だけでほぼ満タン状態を保ててます。

多分、1日中つけっぱなしでも10%減ることはありません。

1回しっかり充電した状態で使い始めれば、何回か連続で充電を忘れてもバッテリー切れになることはないと思いますね。

 

夕方、運動不足だと感じたら外に出てウォーキングなんて使い方も

Mi スマートバンド5をつけていると何もしなくても勝手に歩数を測っておいてくれるので夕方になれば、その日一日が運動不足かどうか簡単にわかります。

僕はとりあえず1日8,000歩を目標にしてますが、明らかに動いてない日とかはあえて遠くのスーパーで買い物するなどの調整をしてます。

ちなみに歩数計は家の中でも有効です。

また、一定時間座っていると通知で教えてくれる「座りすぎ通知」などもあります。

 

Mi スマートバンド5はこんなスタンスで使うのがオススメ

アップルウォッチは高いから類似品をお試し感覚で使う

アップルウォッチとかだとMi スマートバンド5にできることはほとんどできる上、もっと多機能ですが、値段的に一桁違いますからね。

それにスマートウォッチって買ってみたは良いものの使わなくて手放している人がかなり多いアイテムです。

なのでまずはお試し感覚でスマートバンドを腕に巻くあたりから始めるのもありだと思います。

ちなみにファーウェイのスマートウォッチが↓の動画で絶賛されているのを見かけましたが、あれよりももっと手軽に使えます。

 

在宅勤務中の健康管理に使う

ぶっちゃけ日中、外ではつけたりせずに枕元に置いておくだけの睡眠ログ兼アラームとしてだけ使ってもコスパとしては悪くないかもしれません。

 

別にMi Smart Band 5を買わなくていい人

健康に興味なし、腕になにかつけるのが嫌だ

正直、スマートウォッチよりは小さいのでほとんど気になりませんが、神経質な人だと結局、計測するよりも快適さを優先して次第につけなくなるかもしれません。

僕自身、腕時計に全く興味がないこともあり、腕になにかをつけるのが好きじゃない人の気持がわかります。

ただ今のところ、ログをとりたい気持ちが強いからつけているというのが本音です。

 

Mi Smart Band 5の類似品

僕は値段、評判とかを総合的に判断してMi スマートバンド5を選びましたが、実はシャオミではこれより新しいAmazfit Band5という商品も出してます。

(より正確にはAmazfit Band5はシャオミのパートナー企業Huamiが出しているようです。)

Amazfit Band 5はアレクサに対応していてMi スマートバンド5の上位版と言えるアイテムです。

ただし、安定感とかに少し難があるようです。

(もちろん今後、改善される可能性はあります。)


 

最後に一言

シャオミの製品ははじめて買ったのですが、十分使えることがわかりました。

スマートバンドと同じアプリで管理できるスマート体組成計(Mi 体組成計2)もあるようなので今後試してみるかもしれません。

 

追記

その後、注文しました。

Mi スマート体組成計2は健康管理に必須【13項目測れます】

体重計や体組成計はジムに置いてあるのであえて買ってなかったのですが、Miスマート体組成計2は買いました。 使ってみた結果、低価格でマイ体組成計を手に入れたいなら選択肢として入れておいて間違いありません ...

KyL

一人行動派の30代男です
最近はアフターコロナの海外移住に向けて準備中
このブログは月2回ペースでのんびり更新

【好きなもの】
大都会 ・新しいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

Twitterもやっています

-健康管理
-

Copyright© Life is Easy , 2021 All Rights Reserved.