情弱で損した件

もっとはやく知りたかった...

30代ソロ充のライフハック

【自分語り】過去10年間の「自己投資」を評価してみる

2019年12月31日

この時期は多くの人が新年の抱負とか言って目標を立てる時期ですね。

僕も過去にやってきたことを振り返りつつ、新しい挑戦を考えているところです。

上記については僕が過去10年でやってきたことですが、初心者の域を脱したと感じており、多少経験があるのでなにか書ける気がします。

これから挑戦を考えている人が判断材料となるようにどんな感じかややる価値はあるのか(将来性など)をサラッと伝えるつもりで紹介します。

(読めば、ある形になるまでの時間や必要な費用、メリット、がわかります。)

 

僕がこの10年で自己投資したこと一覧

  1. Web制作・デザイン(2011年〜2013年)
  2. 英語(2014年〜)
  3. プログラミング(2016年)
  4. カメラと編集スキル(2017年〜)
  5. 筋トレ(2017年〜)
  6. 歯列矯正(2018年〜)

どれもだいたい最低1年は経験があります。

 

Web制作・デザイン(2011年〜2013年)

Webサイトやブログ、バナーやサムネイルなどを作るスキルのことです。

身についたスキル

  • HTML
  • CSS
  • Java Script
  • PHP
  • WordPress
  • ドメイン・サーバー関係
  • PhotoShop
  • 色彩検定2級
  • 有名なフォントなら名前がわかる

投資コスト

  • 100万円くらい(MacBook Proや有料ソフトウェアなども含む)
  • 1,000時間

具体的に役立つ場面

  • サイト制作
  • アフィリエイト

評価


オススメ度
難易度

2011年にスクールに通って身につけたので知識が古くなってますが、なんだかんだいまだにトップレベルで役に立ってますね。

投資した分も「サイト制作」や「アフィリエイト」を通して回収済です。

やることは多いですが一定のレベルまで到達することができれば、投資した以上にはリターンがあるスキルだと思いますよ。

(だいたい1,000時間くらいで形になるはずです。)

ちなみにサイトは知り合いの経営者などから受注しました。

(たまに修正などの連絡があるので対応するたびに臨時収入になってます。ここだけの話、起業時が狙い目です。)

もう一言

Webサイト制作についてはすでにできる人が大勢いるので、ちょっとできるくらいではあまり価値がないと思いますね。

でも、ネットで稼ごうと思ったら結局わかってないと損します。

トータルでは今から始めても十分に元がとれるというのが僕の評価です。

参考Webデザインは稼ぐために学ばなきゃ挫折する

デザインについては向き不向きがありますね。

PhotoShopの使い方がわかるからと言っていいデザインができるわけではありませんし、むしろそこはスタート地点なので。

まぁせっかちな人や大雑把な人には向いていない気がします。

こうすれば早く上達するみたいな方法論も知る限りないですし、本当に細かいことの積み重ねだから、多分、適正がないと挫折するんじゃないでしょうか?

(デザインは奥が深いです。頭一つ抜けるためには数千時間~1万時間くらいかかるかもしれません。)

 

英語(2014年〜現在)

何年もブランクがある状態で「語学留学」とか「オンライン英会話」ををはじめました。

身についたスキル

  • TOEIC900点以上
  • 日常生活に困らない会話レベル

投資コスト

  • 100万円くらい(留学やレッスン費用など)
  • 1,000時間

具体的に役立つ場面

  • 英語のコンテンツを楽しむ(YouTubeや情報収集など)
  • 個人輸出入
  • 海外での仕入れ交渉
  • Airbnbの予約
  • 外国人と旅行

評価


オススメ度
難易度

1,000時間である程度形にはなってますが、呼吸をするように英語を使えるようになるにはあと2,000時間くらいかかりそう。

やっぱり語学は自己投資の中でもかなり時間がかかるジャンルですね。

ただ、やってよかったと感じてます。

英語がわかるようになればなるほど見える世界が広がりますから。

僕は英語をはじめてから北米の常識が数年遅れて日本にやって来るシーンを何度も目撃しました。

英語の価値を確信しているので、数年間くらいは日本人が少ないところで海外生活をして英語漬けになってみようと計画中です。

(日本で生まれたからと言って日本に住み続けることにこだわる時代でもないかと。僕はもうちょっと柔軟に生きていこうと思います。)

もう一言

やり続ければゆっくりでも確実に成長します。

その代わり習得には時間もかかるので、覚悟したほうがいいです。

目的を持たずに英語をやろうと思っても絶対に続かないので、やる前に英語で何をしたいか決めたほうがいいですね。

参考TOEIC900点くらいなら無理せずにとれる話【時代背景にヒントあり】

 

プログラミング(2016年)

「スマホアプリ開発」と「仮想通貨関連のデータ処理」がやりたくてプログラミング言語を学びました。

身についたスキル

  • Java
  • Python
  • SQL

投資コスト

  • 20万円くらい
  • 300時間

具体的に役立った場面

  • スマホアプリ開発
  • データ取得(APIとかWebスクレイピング)

評価


オススメ度
難易度

簡単なアンドロイドアプリを作ったり、PythonでAPIを活用してデータを取得することくらいならできますが、あまり活用できていません。

目的を達成したら満足してしまい、スキルが成熟する前に開発熱が冷めてしまった感じです。

なぜかわからないですが「こんなプログラムを書いてみたいな」っていうアイディアが浮かばないんですよね。

ぶっちゃけ僕はWebサイトを制作できる程度のスキルで満足してしまっています。

プログラミング自体が悪いわけではないですが、自分の適性とは違ったのかもしれません。

もう一言

なにか具体的に作りたいものがあるならやってみる価値はあると思いますよ。

でも、最近多いですが「プログラミングができれば一生安泰だ。」とか言う理由で始めるのはやめたほうがいいです。

アイディアもなくとりあえずプログラミングっていうのは本当に苦痛ですよ。

僕のように途中で嫌になってしまう可能性が高いでしょう。

参考【自己投資】プログラミングよりカメラを学んだほうがいいよ

 

撮影と編集(2017年〜現在)

長い間、カメラ自体には興味があったものの行動には移していませんでした。

写真と動画両方挑戦してます。

はじめたのはやはりYouTubeの影響が大きかったですね。

身についたスキル

  • ミラーレスカメラでマニュアル撮影
  • Lightroom
  • Final Cut Pro

投資コスト

  • 60万円くらい(周辺機器も含む)
  • 150時間

評価


オススメ度
難易度

経験値が低くてまだ正しく判定できる段階ではありません。

(どんな世界も完全素人が1~2年でできるわけがないと思っていますが、カメラもかなり奥が深い世界ですね。)

新しい情報を学ぶたびに圧倒的な力不足を感じます。

ただ、撮影も編集も楽しく、こんなことをしてみたいというアイディアも浮かぶのでプログラミングよりも自分に向いている世界かもしれません。

もう一言

みんながスマホを持ち、5G時代に突入しようとしています。

個人的にはこれからの必須のスキルになると感じています。

読み書きそろばんカメラくらいのイメージです。

日常生活でもビジネスの世界でも写真や動画で記録を残したりシェアすることってもっと普及するんじゃないですかね。

特に世の中の常識が数年前とは変わってきてますからそう遠い未来とは思えません。

 

筋トレ(2017年〜現在)

かなり華奢なので外見を男らしくしたくてはじめました。

身についたスキル

  • 食事(栄養)に関する知識
  • 運動習慣
  • 筋力増加

投資コスト

  • 20万円くらい
  • 100時間

評価


オススメ度
難易度

筋トレは理解した上でやれば意外と結果が出やすいことがわかりました。

たった1ヶ月でも変わった感じがして、3ヶ月経った頃にはじめる前の写真を見るとビックリしますね。

僕はもともとがショボいので1回30分程度×週3回でも成果が出てます。

筋トレを通して新たに知った常識が日常生活に役立つことも多く学びが多いです。

当初は筋力をつけること、見た目を変えることしか頭にありませんでしたが、食事と健康と怪我のリスクが知識として増えた結果、日々のコンディションを重視する考えに変わりつつあります。

もう一言

ジム通いは挫折しやすいですが、継続するポイントはいくつかあります。

  • 知識や情報を積極的に得る(最速で成果を出すため)
  • 家の近くにある24時間ジムを選ぶ(コンビニ感覚で通うため)
  • 写真やアプリで記録をつける(見返して成長を実感するため)

 

ワイヤー歯列矯正(2018年〜現在)

もともと興味があったんですが、時間がなくて後回りにしてました。

ただ、人生100年時代とか言われ始めたこともあり、歯を大切にする意識が強まり決意しました。

メリット

  • 見た目が改善
  • 歯周病予防
  • 歯磨きが楽

投資コスト

  • 120万円くらい
  • 50時間

評価


オススメ度
難易度

単にワイヤーで歯並びを整えるだけみたいなイメージでしたが、やってみると大変なことも多いです。

例えば、

  • 健康な歯を抜歯する必要がある
  • 担当者によって技術レベルがかなり違う
  • 肉とか麺を食べづらい
  • メンテナンスのために毎月1回通院

など

一方で、歯並びが整ってきているのは素直にうれしいです。

歯磨きもしやすくなって虫歯や口臭の対策としては間違いないでしょうね。

もう一言

僕はもともと致命的な歯並びというわけではなかったんですが、表面上問題なさそうに見えるレベルでも治療が終わるまでは時間がかかります。

(現時点でまだ治療中ですが、全体の工程で言えば40%くらい終了した感じ。)

いきなりワイヤーを付けれるわけではなくて、まずはダメな歯の治療、抜歯、計画などに数ヶ月レベルです。

その間は引っ越しや長期旅行がしづらいですし、食事も楽しくはないです。

余裕(金銭・時間)があるなら早いうちに決断してしまうことをオススメします。

 

あとがき

ぶっちゃけどれも中途半端ですし挫折もありましたが、なんだかんだ言って挑戦したことは良かったです。

成長や変化がたとえわずかでも1年あればそれなりに差がつきますからね。

もし10年間何もせず、ボーッとしてただけだとしたら想像しただけでも恐ろしいです。

継続することは大変ですが、長い目で見れば人生の充実感が増すので2020年はどんどん挑戦していくつもりです。

KyL

KyL

一人行動派の30代男子です
最近はアフターコロナの海外移住に向けて準備中
このブログは月2回ペースでのんびり更新

【好きなもの】
大都会 ・新しいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

Twitterもやっています

-30代ソロ充のライフハック
-

Copyright© 情弱で損した件 , 2020 All Rights Reserved.