情弱で損した件

もっとはやく知りたかった...

30代ソロ充のライフハック

凡人なのに仮想通貨で資産が100倍以上に増えた理由を分析した

2017年12月9日

仮想通貨をはじめたのが2016年の春ですが、現時点で資産の時価総額が100倍以上になりました。

僕よりも才能がある人や桁違いに成功している人は大勢いますが、スゴすぎて参考にならなかったりします。

そこで、実力や元々の資金力がない凡人なのに仮想通貨では上手くいった理由は何だったかと考えたところ、「参入前の経験や準備」がターニングポイントになっているんじゃないかと思いました。

スティーブジョブズがスタンフォード大学の卒業式スピーチでも言ってましたが、you can't connect the dots looking forwardです。

思いついたことを紹介します。

仮想通貨の参入前に重要だったターニングポイント

【2000年代後半〜】FX経験があった

一度も株などに手を出したことがないと、この手の話題になると何を言っているのかわからなくて「怖いからやめておこう」と考えてしまうと思うんですよね。

でも、僕の場合はそういった恐怖心がなかったから、まだ仮想通貨が怪しいと思われている時期にすんなりと飛び込むことができました。

きっかけは新入社員時代です。

学生時代、社会人になったら投資をやろうと思っていて当時流行っていたFXに手を出しました。

まだ、レバレッジ200倍とかで取引できた時代です(1万円あれば200万円分相当の取引ができるという意味)。

貯金がなかったので少ない元手で始めるにはちょうどよかったんですね(その後、規制ができました)。

今はどうなったか知りませんが、ニコニコ生放送ではFX芸人が大勢いましたね(有名なところでは6億円を溶かした人もいました)。

僕自身、資金に余裕がなかったので大きく勝つことも大きく負けることもありませんでした(生涯収支マイナス100万円程度)が、チャートの見方や最低限の用語はすべてFXを通して学んだ部分が大きいです(仮想通貨取引にも使える部分はたくさんあります)。

あとは情報収集の重要性も学びました。

FXはアメリカの経済指標が発表された瞬間に大きく動きますから、発表時に英語で理解できるだけの英語力がとりわけ重要です。

だからFXで学んだ教訓を活かして英語力に投資することにしました。

 

【2014年〜】留学経験で海外送金の需要を実感していた

僕の仕事は英語をできなくてもどうにかなるので緊急性はありませんでしたが、FXのことなどもあり、残りの人生のほうが長いので結局のところやって損はないと判断しました。

その結果、いい歳して語学留学にも行きました。

おかげで途上国のリアルを知ることができました。

じつは彼らはスマホを持っているのに銀行口座は持っていないんですね。

しかも、現存する海外送金サービスの使い勝手は良いとはいえず、手数料も高い。

仮想通貨のアイディアが遅かれ早かれヒットするのは必然的でした。

参考非公開: 国際送金をした時に「仮想通貨」のメリットを感じた

英語で情報収集する癖がついた

しかも、英語力がついたおかげて海外の情報にも敏感になりましたし、英語アレルギーが解消されて日本語しかわからない人より情報源が増えたのは大きいですね。

それに海外の取引所を使って国内の取引所では手に入らないコインを手に入れることも躊躇なくできます。

世の中の最新情報って自分で英語を読めないといち早く手に入れることはできません。

仮想通貨にいち早く飛びつけたという意味では1,000万円以上の価値があったと思います。

参考格安で英語留学するなら『DMM留学』がベストかも知れない

 

【2016年〜】高速光回線

安定的に取引をするために光回線を引いたのが、仮想通貨に本格参入する頃です。

世界最速なのでストレスを感じることは皆無ですし、動画もサクサク見れます。

それまでは「ポケットWIFIさえあればOK、家に回線を引く必要なんてない」と思っていましたが、結果的に家で無制限に使える回線があることは大きなメリットがありました。

パソコンのほうが大きくて見やすいですからね。

もちろん、仮想通貨の取引にも安定した回線があったほうが役に立ちます。

参考【NURO光】オプションなしで契約するなら公式サイト一択だ

 

【2017年〜】仮想通貨積立額を増資

Zaifでは仮想通貨を積み立てることができますが、これを活用したことも上手くハマりました。

もともとZaifの仮想通貨積立は2016年から始まったんですが、当初は最低金額の1,000円しか積み立ててませんでした。

でも、2017年から積立額を増やしたのが良かったです。

今ではこれまでに積立た額の10倍以上になっています。

 

すべてが欠けていたら勝てなかったか?

成長著しい今の仮想通貨の相場では資金を減らすことのほうが難しいです。

高度経済成長期のサラリーマンのように黙っていれば、無能でも資産が増えます。

つまり、今なら勝てると思います。

しかし、凡人の原資が100倍になるようなボーナスステージはそう長く続きません。

1枚あたりの単価が上がっている点もこれから新規参入するにあたってメンタルブロックになるでしょう。

今後、大きく勝つなら最低限、投資をするという意識や継続的な情報収集がないと難しいと思います。

投資というのは別にFXや株じゃなくても良くて、リスクをとってリターンを得ること全般を指しています。

  • 自分の貴重な時間を使ってスキルを磨く
  • 前例のない経験をする
  • 時には損もして学ぶ

多分、大きく勝っている人はこの意識が強いはずです。

じつは僕自身、何でもできるだけ安く、あわよくば無料で済ませようとしていた時期がありました。

何の努力もせず、誰かの真似をして、一発逆転の幸運を待つ

その結果、大きなリターンを得たことは一度もありませんでした。

でも、まず先にリスクをとって、運が良ければリターンがあると考えるようになってからは信じられないくらい結果が出るようになっています。

you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.

重要なのは損をしてもいいくらいから始めて、上手くいけば徐々に規模を拡大することだと思います。

仮想通貨の場合もボーナスを一気に突っ込むのではなく、余裕資金ではじめることをオススメします。

 

仮想通貨を手っ取り早く入手する方法

基本的にはまず、仮想通貨の取引所サイトを利用して、現金と仮想通貨を交換するのが早いです。

取引所ってのは外貨の両替所みたいなものですね。

日本の業者もいくつかあり、レートもサービスごとに違います。

 

一連の流れ

  1. 取引所サイトに登録
  2. 現金を入金
  3. 仮想通貨と交換

 

参考価格(9時17分36秒 現在)

 BTC/円
coincheck(コインチェック)1,158,437円
Zaif(ザイフ)1,157,895円
bitFlyer(ビットフライヤー)1,177,622円

 

ただ、とりあえず数万円程度を交換するだけならどこで交換しても大差はないと思います。

(数十万円ともなってくると大きな差になります。)

 

①登録

登録には身分証明が必要です。

免許証やパスポートをスマホで撮影してメールで送信するのが一般的です。

登録に必要なもの

  • 身分証明書
  • メールアドレス
  • スマホかPC

ちなみにいわゆる口座を作るだけなので登録自体は完全無料です。

もしかすると登録後にハガキなどが郵送されてくるかもしれません。

 

②入金

登録が完了すると次は取引所への入金です。

指定された口座に入金しましょう。

取引所に登録できればいつでも入金はできます。

(入金の反映まではもしかすると若干かかるかもしれません。これに関しては取引所の営業時間や銀行のシステム次第でしょうか。)

 

③交換

入金が反映されるといよいよ交換ができる状態になっています。

レートは常に変動していますのですぐには交換しなくても大丈夫です。自分のタイミングで交換してみてください。

 

とりあえず知っておきたい仮想通貨取引所

①coincheck(コインチェック)★★☆☆☆

国内で人気があるのはコインチェックというサイトです。

サイトが使いやすいと思いますね。

ビットコイン以外の仮想通貨の種類が多い点も良いです。

※コインチェックは仮想通貨を流出させた取引所です。僕は相変わらず利用していますが、新規登録はしばらく様子見したほうがいいかもしれません。

\登録手続きへ/

 

②Zaif(ザイフ)★★★☆☆

ザイフは相場が加熱するとサーバーがすぐにダウンするため、メインで取引するには向いていませんが、仮想通貨を毎月積立できるということで使っています。

(BTC,MONA,XEM,ETHの積立に対応)

僕は2016年6月から積立始めましたが、毎月1,000円から積立られるのがオススメ。

いまになって思えば、「なぜサービス開始時点でもっと多めに積立て置かなかったのか」とくやしくなるほど好調です。

※2017年末頃からはサーバーダウン対策にも改善が見られ、取引にも使いやすくなっています。

\登録手続きへ/

 

③bitFlyer(ビットフライヤー)★★☆☆☆

「ビットコイン取引量日本一」ということでよく見かけますが、どうやらコインチェックに抜かれたようです(2017年8月調査時点)。

正直僕はまだ使ったことがありませんが、仮想通貨FXをやるなら登録しておいても良いかもしれませんね。(登録だけはしました。)

ただ、広告費のせいなのかレート的に高い気がします。

\登録手続きへ/

 

最後に一言

手続き完了までは思いの外時間がかかります。

いますぐには入金できない場合でも登録手続きだけは済ませておくと乗り遅れずに済むでしょう。

チャンスは一瞬ですから未登録で参加すらできないとなると後から大きく後悔することになりかねません。

やれることはやっておいたほうがいいと思いますよ。

KyL

KyL

一人行動派の30代男子です
最近はアフターコロナの海外移住に向けて準備中
このブログは月2回ペースでのんびり更新

【好きなもの】
大都会 ・新しいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

Twitterもやっています(ほぼ毎日ペース)

-30代ソロ充のライフハック
-

Copyright© 情弱で損した件 , 2020 All Rights Reserved.