情弱で損した件

もっとはやく知りたかった...

30代ソロ充のライフハック

海外移住するのにつみたてNISAを始めた理由

2021年2月28日

僕はコロナが落ち着いたら海外で暮らそうと考えているにも関わらず、今年からつみたてNISAをはじめてみました。

でも、じつは海外に住むとつみたてNISAをできないのであまり合理的な行動ではなかったりします。

じゃあ、なぜわざわざはじめたのか?

その理由を紹介します。

 

つみたてNISAって何?

知らない人向けに軽く解説します(知っている場合は読み飛ばしてください)。

つみたてNISAは簡単に言うと投資です。

ただ、他の投資と違う点は儲かっても税金をとられないということ。

普通、株で100万円儲かったら、20万円くらいは税金でとられますが、つみたてNISAで儲かった分は免除しますという制度です。

(まあ、つみたてNISAで投資できる額は年間40万円までなので、儲かるとしても爆益は期待できないんですが。)

 

ちなみにつみたてNISAがはじまったのは年金制度が破綻しかかっているからと考えることができます。

「少子化で今の年金制度は続けられません。支給額は下げますし、支給年齢は引き上げます。老後に金銭的に困りたくなければ自分でどうにかしてね。」

国のメッセージを翻訳すると多分、こんな感じでしょうか。

 

その分、銘柄等は精査されており、損しにくいものが多いです。よく初心者向けの投資と言われています。

 

海外居住者はつみたてNISAをできない

原則として「非居住者」になるとつみたてNISAは休眠状態になります。

定義は省略しますが非居住者というのは長期間、日本国内にいない人的な意味です。長期間のイメージとしては1年以上。

※正確な定義については各金融機関のサイトに載っています。

つみたてNISAを取り扱っている金融機関は日本国外で金融商品取引業務を行う許可(免許)はあるものの、海外の監督官庁等から得ていないからです。

 

移住するのにつみたてNISAを始めた理由

休眠状態で口座を維持できるから

僕は永住は考えているわけではなく、将来的に帰国するつもりでいます。

実はつみたてNISAの口座は非居住者になると持てないというわけではなく、5年以内の海外転出なら口座を維持することが可能というルールも存在します。

短期的な移住であれば個人的には、つみたてNISAの口座を持っていても損はないと考えました。

維持する手間もそんなにかかりませんからね。

 

海外移住者がつみたてNISAの口座を維持するためにやるべきこと

出国前:証券会社に書類を提出
出国後:証券会社に書類を提出

僕が使っている証券会社だと電話する必要があるみたいですが、だとしてもそんなに大変ではないですよね。

移住後に発覚したりすると面倒そうなのでちゃんと手続きをするつもりです。

 

情報収集の手間もかからないから

もちろん帰国してからはじめるのもいいですが、後回しにしてなくてもいいと考えました。

というのも個別の投資商品を買うのと違い、ほとんどおまかせなので情報収集とかもほとんど必要ないからです。

つみたてNISAっていろんなメディアで扱われる話題なので別に見たくなくてもなんだかんだどこかで目にします。

完全放置気味でいいなら楽ですよね。

それに自分ですでに関与しているものって情報が自分事として入ってきませんか?

 

銀行口座に放置しておくよりもはるかにマシだから

つみたてNISAは年間40万円の投資額の範囲なら、出た利益に課税されません。

一方、銀行の場合、金利にもれなく課税されます。

この説明だけだと、銀行に放置するのがどのくらい損なのかいまいちイメージできないので、もうちょっと現実的な例を紹介します。

 

今、手元にしばらく使う予定のないお金が40万円あるとします。

完全放置するならどっちがいいのか。

「つみたてNISAをやるパターン」と「銀行に預けるパターン」で考えます。

 

つみたてNISAをやるパターン


つみたてNISAの平均的な利回りを調べると3~5%となっているケースが多いです。

1年後、ざっくり3%くらい増えているとすると+12,000円ですね。40万円までの投資額なので税金も引かれません。

 

銀行に預けるパターン

一方、銀行の2020年の金利データを調べてみると、平均が0.01%と言ったところ。

1年後、0.01%増えているとすると+40円ですね。しかもそこから税金が引かれるので32円とかです。

 

12,000円をとるか?32円をとるか?

僕は迷わず12,000円のほうをとります。

ちなみに銀行だとATM手数料をとられた瞬間に赤字になるんですけどね。

 

つみたてNISAは元本割れするリスクもあります

つみたてNISAなら1年後、12,000円プラスになってる前提で書きましたが、ぶっちゃけマイナスになる可能性もないわけではありません。

世界恐慌的なものが起これば、投資した金融商品の価値が暴落し、40万円から半分の20万円になってしまうことも十分に考えられますね。

ただし、そういう場合は金融商品の価格が下がっているってことなので顔色を変えずにコツコツ積立を継続していればいいだけです。

同じ積立金額でより多くの投資が可能になるからです。

過去の歴史的にいずれ回復するので長期で損をすることはほぼありません。

金融庁が出しているデータ的にも20年間の長期で見れば元本割れの可能性はかなり低いようです。

金融庁

 

いまのところのつみたてNISAの成績

なお、僕の場合はデータ通り、3%以上になっています。

つみたては自動設定できるのでやることも特にありません。

多分、ほとんど見ない人とかも普通にいると思います。

僕はこうして暇なときに口座を眺めるくらいです。

 

つみたてNISAをはじめるにはどうすればいいのか

ネット証券でつみたてNISA口座を開設しよう

つみたてNISAを始めたかったら、まずは扱っている金融機関で口座を開設するところがスタートです。

(金融機関というのは銀行や証券会社のこと)

ただし、どこでもいいというわけではないので注意したほうがいいでしょう。

金融機関ごとに取り扱っている商品も違うし、最低投資額や設定の自由度もまちまちだからです。

結論から言うと銀行よりもネット証券を選んだほうが圧倒的に良いですよ。

中でも「楽天証券」と「SBI証券」が2強といった感じです。

 

楽天証券かSBI証券がいい理由

ネット証券だから自宅で手続きが完了する
100円からでもはじめられる
取り扱い商品数も多い
積立ペースも豊富(毎日・毎週・毎月を選べる)

金融機関最低投資額商品数積立ペース
楽天証券100円170「毎日」「毎月」
SBI証券100円166「毎日」「毎週」「毎月」
三菱UFJ銀行1,000円12「毎月」
ゆうちょ銀行1,000円9「毎月」

 

つみたてNISAの口座開設に必要なもの

  • 本人確認書類
  • マイナンバーカード

 

最後に一言

コロナが落ち着いて移住ができるようになった頃には口座維持のための休眠手続きをしますが、しばらくは様子見でほったらかしておこうと思っています。

ただし、完全放置も良くないと思うので、備忘録的に、多分、ツイッターで成績をツイートするかもしれません(月イチとかで)。

KyL

KyL

一人行動派の30代男子です
最近はアフターコロナの海外移住に向けて準備中
このブログは月2回ペースでのんびり更新

【好きなもの】
大都会 ・新しいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

Twitterもやっています

-30代ソロ充のライフハック
-

Copyright© 情弱で損した件 , 2021 All Rights Reserved.