モバイル

Nexus6Pの液晶保護のために強化ガラスを貼った

更新日:

新しいスマホを買ったときに一番最初にやるのが、液晶保護じゃないでしょうか?僕も早速Nexus6Pに液晶保護対策を施しました。

Lakko 強化ガラスフィルム

lakko00001

あまり意識していないかもしれませんが、液晶保護のためには「フィルム」タイプと「強化ガラス」タイプがあります。

今回選んだのは、「強化ガラス」タイプです。

①強化ガラスは厚みがあるので貼りやすい

僕はNexus5のときに3枚の液晶保護シートを無駄にしたほどですが、今回の強化ガラスでは一つの気泡も入りませんでした。

参考セカイモンじゃなくてebayで買い物してみました。

かなり密着してくれます。吸い付くように貼れるので難易度は格段に下がります。その理由は強化ガラスの厚みにあります。

フィルムの場合は厚みがなく、柔軟性があるので逆に貼り辛くなっているんですね。薄くて柔らかいので気泡が入りやすい原因なんです。

じゃあ、フィルムの方がダメなのかというとそういうわけでもないと思います。

lakko00005

強化ガラスを選ぶと厚みのせいでわずかな差でケースにぴったりハマらないものがあるからです。だから、ケースをつけるのであればフィルムという選択の方が良いんですね。

逆に強化ガラスを選んだ方がいいのは、「不器用タイプでケース付けない派」の人です。

②貼り方はフィルムもガラスも同じ

nexus6p00004

開封と同時に貼るのがベストです。開封と同時なら液晶は仮のシートで保護されていてゴミは付いていないので付属品のアルコールで拭くまでもありません。

もう、開けてしまっていた場合は液晶を綺麗に拭いてから貼りましょう。

GlassFilm00001

シールになっている部分に貼っている紙はいきなり全部は剥がさないのがポイントです。少し残しておいて最後に全部剥がします。

GlassFilm00002

このように一方から攻めてくと確実性が高まります。

③近接センサーを塞いではいけない

普段あまり意識することはありませんが、スマホには「明るさセンサー」とか「GPSセンサー」のような様々なセンサーが付いています。

GlassFilm00003

「近接センサー」といって至近距離に物があるかどうかを検知するセンサーがありますが、Nexus6Pの近接センサーは目に見えないため、知らずに塞いでしまうことが考えられます。

近接センサーが塞がると、通話時に画面が真っ暗になって操作ができなくなることがありますので、塞がらないように考慮された商品を買いましょう。

④手触りはフィルムのほうが滑らか

一般的には、フィルムのほうが滑らかで、強化ガラスのほうが滑りにくいです。

ただし、「指紋がつきにくい」とか「ブルーライトカット」とかのように「滑らかな手触り」機能が追加されている商品もありますので、滑らかなほうが好みであれば、そういうのを選べば問題はないでしょう。

ほんのわずかな差なのでこの辺りは好みの問題でしょう。

まとめ

これから機種を買う場合は、先に液晶保護対策について準備しておいた方が良いと思います。ヨドバシに行ったら、5X用の商品はありましたが、6P用のはまだあまり選択肢がありませんでした。


Lakko Google/HuaWei 2015 Nexus 6P 強化ガラスフィルム 5.7インチ 液晶保護フィルム 日本板硝子社国産ガラス採用

-モバイル
-

Copyright© 情弱で損した件 , 2018 All Rights Reserved.