モバイル

E5377のバッテリーの持ちが悪くなったので交換した

更新日:

買ってから半年ほどしか経っていませんが、HUAWEIのE5377のバッテリーが消耗したようですぐに充電が必要になり困ることが多くなり始めました。

ところが実はE5377にもともと入っている「HB554666RAW」という電池パックはなかなか手に入りにくいんです。海外から取り寄せれば入手できないこともないですが、割高です。

そこで純正品は大人しくあきらめて、国内で手に入る海賊品を使うことにしました。使うのは「HB4F1」です。

HB4F1

huawei_battery00008

①ほぼ間違いなくニセモノ

見た目は一見HUAWEIですが、よく見るとロゴが違います。

huawei_battery00010

葉っぱなのか花びらなのかもしくはそれ以外なのかちょっとわからないですが、とにかくスキマが空きすぎているのとグラデーションがないのです。(左:偽物 右:本物)

ミスの可能性もありますが、HUAWEIのような大きい企業の製品でロゴの統一が図れていないというのは考えにくいかと思いますのでおそらくニセモノでしょう。

②大きさが違う

huawei_battery00003

もともとE5377用ではないため、サイズが違います。縦幅と厚みは同じですが横幅が違います。(上:HB4F1 下:HB554666RAW)

これを聞くと大丈夫かと心配になりますが、安心してください、使えます。

セットしたら中で動くかもしれないと思っていたのですが、そんなこともなかったです。

HB554666RAW

huawei_battery00005

これはもともと付いていた電池パックなので、完璧にフィット。

HB4F1

huawei_battery00004

端子の部分があるので基本的に中でズレることはありません。

③容量は同じ1500mAh

huawei_battery00006

容量は同じ1500mAhです。これを信じていいかどうかですが、今のところまったく問題はありません。使っているうちに問題が発生したとしても金額的にほぼ痛みはないです。

1500mAhというのがそもそも物足りないので2個くらい買っておいても良いぐらいだと感じますね。そして、充電した状態でこの電池パックを持って歩くことにすればモバイルバッテリーを持つよりもコンパクトですぐ使えます。

-モバイル
-

Copyright© 情弱で損した件 , 2018 All Rights Reserved.