モバイル

SPA!の付録の「BIC SIM」が届いたので使ってみた

投稿日:2016年5月16日 更新日:

セブンイレブンで雑誌コーナーを眺めていたら「SPA!」にIIJmioのプリペイドSIMカードが無料で付いているらしいということで買ってみました。

雑誌でSIMカードを付録にするパターンは2015年から流行っていますね。

BicSim00001

家で改めてよく読んだら実際はSIMカードが付いているわけではなく、SIMカードを取り寄せるためのエントリーコードが書かれた「特典申し込みカード」が付録だったのですが、とりあえずその付録を使ってSIMカードを取り寄せてみました。

※企画はすでに終了しています。

SPA!オリジナルSIM

BicSim00007

SPA!オリジナルSIMというネーミングですが、簡単に言うと「BIC SIMのプリペイド版」です。

BicSim00008

中身はこんな感じ。届いたのは申し込んで2日後でした。

  • 「500MBの通信量」
  • 「初期手数料」が無料
  • ビックカメラでサポートを受けられる

僕はすでに楽天モバイルを使っているため「音声機能つきSIM」は必要ないのでデータSIMを選択しましたが、これから格安SIMに乗り換えてみようと思っているなら「音声機能つきSIM」を申し込むこともできます。

通常であれば、乗り換え時はどのMVNOも3,000円の手数料を取りますが、初期手数料がかからないのでこれをきっかけにするのは得だと思います。

BIC SIMはIIJmioがビックカメラと提携して売っているもので、IIJmioのサービスとほぼ同じと考えてよいと思います。ほぼ同じというのは厳密にはBIC SIMには「公衆無線LANサービスが付いている」という違いがあるからです。

BIC SIMの方がむしろちょっといいくらいです。

①開通手続き

BicSim00010

開通手続きは電話で行います。

BicSim00015

自動音声ガイダンスに従って「電話番号」と「パスコード」を入力するだけです。

BicSim00016

入力する情報は、START PASSの裏面に書いていました。

②SIMカードを端末にセット

BicSim00019

ナノSIMをアダプターに入れてスマホにセットしました。

③アクセスポイント名を選択

BicSim00018

「設定」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」で行けるはずです。Nexusシリーズには、初めから「IIJmio」が登録されているので選ぶだけです。これは便利。

④スピードはどうか

BicSim00017

とりあえず参考数値です。

スピードテストアプリの結果

  • ダウンロード:6.87Mbps
  • アップロード:0.18Mbps

まとめ

雑誌の付録をきっかけに入るパターンは手数料がかからない分だけ得だと思います。

今回のIIJmioは設定も楽なので、こういうのが苦手だけど格安SIMに乗り換えてみたいならオススメできる乗り換え先です。

BicSim00004

もし、自分では設定ができなそうな場合は、ビックカメラの店舗で申し込んでみてはいかがでしょうか。

参考 IIJmio

-モバイル

Copyright© 情弱で損した件 , 2018 AllRights Reserved.