節約

dマガジンに登録したら、雑誌をほとんど買わなくて済む

更新日:

僕は本屋に寄り道するとつい雑誌を衝動買いしてしまうのですが、中にはほとんど読まないものもあり、無駄遣いのような気がしていました。

何かいい方法はないかと思っていたところ、見つけたのが雑誌読み放題の『dマガジン』です。

このdマガジンは月額400円を支払えば、スマホとかタブレットで雑誌が読めるドコモのサービスです。

今回はdマガジンについて書きたいと思います。

dマガジン

①どんな雑誌があるのか

週刊誌・スポーツ紙・ファッション誌・ビジネス誌の多くが参加しています。現時点でも150誌以上で、サービス開始時から徐々に増えていることからすると、まだまだ増える可能性もあるでしょう。

⇒180誌以上に増えています(2017年8月時点)。

表の雑誌はほんの一例ですが、雑誌を読む人であれば、読んでいる雑誌が入っているかもしれません。

ジャンル 
総合「SPA!」
「AERA」
「週刊文春」
「女性セブン」
「GetNavi」
「クロワッサン」
「pen」
ビジネス「週刊東洋経済」
「PRESIDENT」
「NEWSWEEK」
「週刊ダイヤモンド」
「COURRIE Japon」
ファッション「月刊GoodsPress」
「MEN’S CLUB」
「MEN’S Ex」
「MEN’S JOKER」
「MEN’S NON-NO」
「LEON」
「GetNavi」
「Begin」
「Casa BRUTUS」
「GOETHE」
コンピューター「Mac Fan」
「日経PC21」
スポーツ「週刊ゴルフダイジェスト」
「週刊パーゴルフ」
「NUMBER」
「週刊プロレス」
「Tarzan」

参考dマガジン参加雑誌一覧

②パソコンでも閲覧可能

dMagazine00003

サービス開始当初は、スマホとタブレットだけだったのですが、パソコンで見ることも可能になりました。dアカウントにログインするだけなので簡単です。

dMagazine00002

画面の小さいデバイスだと文字を読むときに拡大する必要がありますが、パソコンだとかなり楽です。ただし、効果を実感できるスクリーンのサイズはおそらく最低でも20インチくらいの大きさは必要です。

③本当に月額400円なのか

月額400円というのは雑誌一冊よりも安い金額です。これは本当に驚きの金額ですがこの月額以外にかかることはありません!

ただし、この金額になっているのには、悪い面も含めて理由があります。

全ページが見れるわけではない

雑誌中の広告ページなどが取り除かれているのは当然ですが、そのほかにも雑誌によって1~3割程度削られています。

袋とじページのような特集ページ部分はついていないと思った方がいいでしょう。

読める期間が限定

前月号であればバックナンバーとして読めますが、それより前の号だとあったりなかったりです。雑誌ごとに閲覧期間が決まっていて、古いものから順次見れなくなります。

ページの読み込み

アプリを使って読み込むので、時間がかかるページもあります。あらかじめダウンロードしておけば、オフラインでも読めますが、アプリの初期設定だとダウンロードする設定にはなっていないため、少しストレスも感じるかもしれません。

ダウンロードの設定を変更する方法は

d_magazine05

ダウンロードメニューから

d_magazine04

バックグラウンドダウンロードをオンにすれば完了です。

あまりダウンロードしてしまうと今度はスマホの容量を圧迫しますので使い分けが必要です。

登録時期に注意

月額400円ですからそんなに気にする人は少ないと思いますが、月の途中で会員になっても日割りではないので、月末に入るよりは月初に入る方が得です。

もともと7日間の無料期間がありましたが、今だけ31日間無料になっているので、今はいい時期だと思います。

ただし、無料期間で解約すると料金が発生します。これは無料お試し期間ではないためです。

あくまで契約すると、31日間だけ無料サービスという意味なので注意が必要です。

まとめ

僕にとって雑誌1冊の値段以下で180冊以上を読めるのは、かなり大きいです。

全ページが見れないという弱点がありますので、どうしても全ページ見たい雑誌は買わないといけませんがそれでも節約効果は期待できます。

もちろん買わずに立ち読みという手もありますが、多くの雑誌を立ち読みするのは疲れますので、月額400円であれば払ってしまって自分の好きな場所で座って読むのがスマートかと思います。

その上で本当に見たい雑誌を買えば、節約できるはずです。

参考dマガジン

ちなみに似たようなサービスとして『楽天マガジン』もあります。

参考【定額雑誌読み放題】PCでも読めるから楽天マガジンでOKかも

実は楽天マガジンのほうが取り扱い雑誌数が多く、dマガジンよりも安いので比較してみると良いかもしれません。(それぞれの取り扱い雑誌はけっこう違います。)

 dマガジン楽天マガジン
月額400円+税380円+税
取り扱い雑誌数180誌以上約200誌
対応デバイススマホ/タブレット
パソコン
スマホ/タブレット

-節約

Copyright© 情弱で損した件 , 2018 All Rights Reserved.