プール用にビルケンシュトックのARIZONA EVAを購入

投稿日:2015年7月19日 更新日:

プールとか海用にビルケンシュトックのGIZEHを使ってきましたが、水に濡れたときに乾くまでコルクの部分が気になっていました。

しかも、指の部分とかが黒ずんで結構汚れていて、見た目にも悪い。

ビルケンシュトックGIZEH

そこで、普通のビーチサンダルみたいにスポンジ(EVAというらしい)でできたモデルを買いました。

ビルケンシュトックのARIZONA EVAというサンダルです。

ビルケンシュトックARIZONA EVA

①汚れにくい

ビルケンシュトック ARIZONA EVA

最近はおしゃれで靴下と合わせてサンダル履く人もいますが、僕は基本裸足ではきますし、扱いが雑なので結構汚れます。

このサンダルは、洗って乾きやすいものということで買ったのですが、色が黒でかつ、全体的にゴムとスポンジということもあり、さっと拭くだけで大丈夫です。

②軽い

CHACO

軽いことも非常に魅力的です。

最近BeamsでChacoのサンダルも見ましたが、見た目に比べて重すぎて候補からは外れました。金額的にも高かったです。

サンダルは履くだけじゃなくて、どこかに持って行って履き替えることがあります。

だから僕の基準としてはサンダルは軽くてナンボです。

③サイズ調整

ビルケンシュトックARIZONA EVA

ストラップベルトの穴は前が4つ、後ろが5つありますので好みのフィット感に微調節もできます。

ビルケンシュトックに関わらずGIZEHのようなビーチサンダルタイプは、シーズンの履き始めに足の親指と人差し指の間が靴擦れ(水ぶくれ)するのですが、それがないのも嬉しいです。

④安い

ビルケンシュトックARIZONA EVA

ビルケンシュトックのレザーやコルクの素材を使っているモデルは1万~3万円くらいします。これはコスト的に優しくないですよね。

ところが、EVAモデルなら、同じ形なのでクオリティは落ちていないにもかかわらず、レザーやコルクを使ったモデルと比べてコストがかからないため、かなり安いです。しかもドイツ製です。

今まではビルケンシュトックを買わなかった方も、試してみるチャンスかもしれません。

⑤変わらない靴底

ビルケンシュトック 箱 ソール

ビルケンシュトックでは基本的に同じ靴底が使われています。そのため、ほかのブランドのようにモデルによってサイズが違うこともなく、一つでもビルケンシュトックのサンダルを持っていれば、通販でも買いやすいです。

気に入ったら安い店で買い換えれば良いので、リピートに強いです。

ARIZONA EVAは、もしかしたら対象外かもしれませんが、ほとんどのビルケンシュトックの商品はソールの修理もできるので、長く使うことが可能です。

⑥普段使いも余裕

ビルケンシュトック ARIZONA EVA

AMSTERDAMはあくまでも室内履きでしたが、このARIZONAはガンガン外履きできます。

参考仕事用スリッパはビルケンシュトックのAMSTERDAM

まとめ

ビルケンシュトックではEVAで幾つかのモデルを出していますので、好みのモデルを見つけてみてはいかがでしょうか。

-

Copyright© 情弱で損した件 , 2018 AllRights Reserved.