ほぼ完璧なデイパックを発見!AerのFit Pack2が素晴らしい

投稿日:2018年6月24日 更新日:

ゴールデンウィークが終わると海の日まで連休なしということで、6月は航空券が一年の中でも安い時期みたいですね。

さっそく、料金が上がる前にサクッと旅行に行ってきましたが、持って行ったデイパック『AerのFitPack2』が大活躍してくれました。

もちろん旅行だけでなく、普段使いにもピッタリだと思ったので紹介します。

【Aer】FitPack2

サイズ感は1日用

公式サイトのデータを見ると18.8リットルとなっています。

だいたい20リットルが一般的にデイパックとして語られる容量なので若干小さめかもしれませんね。

ただ、設計が素晴らしいので収納力はバッチリだと思います。

ちなみに旅先ではカメラとか雨具、ペットボトル、モバイルバッテリー、iPad、ジンバルを入れていました。

5日間ほど連続で使ってましたが、ショルダーストラップがしっかりしているから翌日に疲れを感じることもなかったです。

もし、容量が足りない場合は、別サイズもあるのでチェックしてみてください。

素材はCORDULAのBalistic

バリスティックナイロンという強度と防水性に優れた生地でできています。

そこそこいいバッグにはよく使われていますが、軍事用に開発された素材なので丈夫です。

見た目はアークテリクス アロー22に結構似ているが...

街中では良くアークテリクスのアロー22を見かけますが、比較的近いですね。というかAerのほうが少しパクったような形でしょうか?

でも、単なるパクリでは終わってなくてアロー22にはない特徴が3点あります。

シューズ用のスペース

靴専用のスペースがあり、ランニングシューズなどを1足入れることができます。

他の荷物と一緒にならないので衛生的にもGood。ジムに行く人なんかにはありがたいですよね。

汗のついた服を入れるのにも重宝するはずです。

置いた時に自立する

アークテリクスのアロー22が残念なのは、デザイン上、壁などに立てかけないと立たない点です。急に床に置くことなどは考えられていないんですね。

一方のFitPack2はバッグの底が、床に置いて自立するほど平べったいので疲れたらその場に置くこともできます。

PCやタブレット用の収納スペースあり

アロー22にはPCやタブレット用の収納がありません。(それっぽい収納スペースはありますが)

しかし、FitPack2なら専用スペースに無理なくmacbook proやiPadが入ります。

 

これら3点でアロー22の欠点をカバーしてくれていますね。もしかしたらFitPack2はアロー22の上位互換のバックパックと言っても言い過ぎではないかもしれません。

僕はアークテリクスがけっこう好きなので、バッグやシェルジャケットなどのアイテムはいくつか持っていますが、ここはAerに軍配が上がりました。

ロゴなども主張していなくてシンプルなのでロゴなしのバッグがほしいあなたにオススメです。

【Aer】FitPack2に弱点はある?

若干硬い

ちょっとやそっとじゃ破れないほど生地がタフな分、触った感触が少し硬いかもしれません。

比較的高い

同じ容量のバックパックと比較すると、値段が高めです。

ただ、あまり良くないバッグは背負っていて疲れますし、設計的に使いにくいものも多いですから、許容範囲じゃないでしょうか。

安く買うなら輸入がいい

購入できる場所はいくつかありますが、国内で買うよりもAerの公式サイトから購入したほうが安いはずです。

セレクトショップ(アーバンリサーチなど)やオッシュマンズなどでも見かけたことがありますが、普通に国内で買うとかなり損します。

実際、僕が買ったのも公式サイトですが、5,000円以上安くなりました。ちなみに海外ということでカード情報の流出などが心配ならペイパルなどを使うと良いでしょうね。

参考Aer公式サイト

まとめ

夏なら着替えも少ないですから、このバッグ一つで旅行できる気がします。

ちなみに僕は旅行の時、決まってポーターのボストンバッグに荷物をまとめていますが、今回はボストンバッグの中にFitPack2を入れて行ったところちょうど良い感じでした。

参考国内旅行ならポーターの2wayボストンバッグがあれば十分すぎる

なお、3年ほど前に紹介したIncaseのCityCompactBackpackですが、サイズ的にカブってしまったため、メルカリで出品しました。

参考MacBookProを持ち歩くならIncaseのCityCompactBackpackは最高

-

Copyright© 情弱で損した件 , 2018 AllRights Reserved.