Web

グーグルカレンダーで毎月末日の予定を繰り返し設定する方法

投稿日:2016年7月23日 更新日:

スケジュールはどのように管理していますか?

僕は「グーグルカレンダー」を使っていますがかなり便利ですよね。

タスクや予定を他人と共有できたり、時間に近くなればアラートが出てきて知らせてくれます。また、うっかりダブルブッキングするような事態も避けられます。

毎週繰り返し行われる予定も一発で登録できるので、手帳とは違って何度も何度も書き加える必要がありません。

ただし、この繰り返しの中で簡単には設定できないものがあります。それが「月末の繰り返し」です。

月末の繰り返し

gcalendar00002

とりあえずグーグルカレンダーを使ったことがあれば登録の仕方は知っていると思いますが、例えば、↑のような感じで登録すると1回の予定が入ります。

gcalendar00003

適当な例で「支払い」が月末にあるという想定をしています。

gcalendar00004

繰り返しは予定の編集画面から設定できますが、月末のみを設定できるようにはなっていません。

gcalendar00004_

↑2016年7月31日以降は毎月31日で繰り返す設定です。

gcalendar00005

ただし、月末を繰り返したい場合でも、末日というのは月によって異なります。

「31日」で繰り返し設定をすると「7月31日」や「8月31日」はいいですが、「9月30日」は予定として入ってくれません。

「9月31日」というのは存在しないので「9月30日」に予定が入ってくれるかと思いきやできないようです。しかしこれではうっかり予定を忘れる可能性があります。

2月のことを考えて28日などで繰り返し設定するという方法はなんとなくモヤモヤするので、キッチリと設定したいという場合の方法を紹介します。

設定の方法

①設定

gcalendar00006

歯車のマークをクリックして設定を変更します。

②エクスポート

gcalendar00007

カレンダータブに合わせてから「カレンダーをエクスポート」のリンクをクリックするとファイルがzipでダウンロードできます。

gcalendar00008

ダウンロードしたzipの中身を見るとicsというファイルがあります。これをテキストエディタを使って編集していきます。

③編集

僕が使っているテキストエディタは「Sublime Text」というものですが、おそらく大抵のテキストエディタならなんでも良いでしょう。

開くと何が書いてあるのかわからなくて怖いかもしれませんが、該当箇所を探し出すことができれば修正できます。

予定が入っているほどファイルのサイズは大きくなりますので、すでに予定がいっぱい入った状態のカレンダーをエクスポートして設定し直す場合、最低限「検索」くらいは使えないと厳しいかもしれません。

該当箇所を検索

gcalendar00009

毎月31日で繰り返し設定した場所は「RRULE:FREQ=MONTHLY;BYMONTHDAY=31」となっているはずなので、検索して探し出しましょう。

書き換え

gcalendar00010

あとは「RRULE:FREQ=MONTHLY;BYMONTHDAY=31」を「RRULE:FREQ=MONTHLY;BYMONTHDAY=-1」に書き換えて保存するだけです。マイナス1です。

④インポート

今度は修正したicsファイルをアップロードします。

gcalendar000011

先ほどエクスポートした画面の「カレンダーをインポート」のリンクから行います。

⑤完成

gcalendar000012

これで完成です。

30日が月末でも繰り返しで表示されているはずです。

まとめ

僕は月末までに支払いや引き落としなどの予定があるので入れて使っていますが、やはり便利です。

ルーティンをいちいち頭の中に記憶していたらパンクするのでオススメです。

-Web

Copyright© 情弱で損した件 , 2018 AllRights Reserved.