アクションカメラ

GoPro vs Insta360 X3 どっちを選ぶ?

価格.comでアクションカメラの人気売れ筋ランキングを見たら、GoProとInsta360 X3がそれぞれ1位2位にランクインしていました。

まったく性格が違うカメラですが、どちらを選ぶのが正解なのか。

もちろん使い方によって異なりますが、今回はそのあたりを整理してみます。

 

このページで比較するアクションカメラ

GoPro HERO11 Black

 

王道のアクションカメラ(2022年モデル)

GoProが優れている点

  • シンプルで頑丈
  • ハイフレームレート撮影可能
  • 音声収録もしやすい

 

Insta360 X3

 

360度カメラInsta360 ONE X2の後継機(2022年モデル)

Insta360 X3が優れている点

  • 撮り逃がさない
  • ドローン風撮影(手ブレなし)
  • 優れたAI編集

使ってみた:Insta360 X3を半年弱使った正直なレビュー
 

GoPro HERO11 Black vs Insta360 X3 比較表

GoPro HERO11Insta360 X3
ジャンルアクションカメラ360度アクションカメラ
発売時期2022年9月2022年9月
①デザイン面重量153g180g
サイズ71.8 × 50.8 × 33.6 mm46.0 x 33.1 x 114.0mm
ストレージ最大512GB最大1TB
バッテリー容量1720mAh1800mAh
バッテリーライフ
(設定)
最長121分
(5.3@60p)
最大81分
(5.7k@30p)
予備バッテリー
防水性能10m防水IPX8
10m防水
振動フィードバック
動作温度-10℃ ~ -20℃ ~ 40℃
②映像面センサーサイズ1/1.9インチ1/2インチ
レンズf2.5f1.9
ISO100-6400100-3200
画角|35mm換算HyperView|12mm
SuperView|16mm
広角|16~34mm
リニア |19~39mm
リニア+水平ロックor水平維持|19~34mm
360度
6.7mm
FOV360°

シングルレンズモード
MAX
超広角+
超広角
広角
アクション
リニア
解像度@最大フレームレート5.3K@60p
4K@120p
2.7K@240p
360度
5.7K@30p
4k@60p

シングルレンズモード
4k@30p
360度動画
標準
HDR動画
スロモ
4Kï¼ 120p
2.7Kï¼ 240p

4K@120p※

リフレーミングするので実質1080@120p相当
タイムラプス
タイムシフト
(ハイパーラプス)
バレットタイム
Meモード
ループ録画
最大ビットレート120Mbps120Mbps
トラッキング
ディープ追跡2.0

※編集時に選択
背景ボケ
暗所性能普通普通
カラーフラット
ナチュラル
鮮明
LOG
標準
鮮やか
手ブレ補正電子手ブレ補正
(HyperSooth5.0)
6軸電子手ブレ補正
(FlowState)
ワイヤレスマイク
価格本体のみ72,000円68,000円
本体+コンボ58,000円75,820円~93,100円

プレミアムセット
バイク撮影キット
スキー撮影キット
自転車撮影キット
バレットタイムキット
究極キット

など
保険年6,000円年6,800円

両カメラを①デザイン面(ユーザビリティ)と②映像面にざっくり分けてまとめてみました。

ここからは各カメラ同士の比較から見える特徴(強みや弱点)を整理しつつ、それぞれに向いているパターンを紹介します。

 

GoPro HERO11の特徴

メリット デメリット
  • 高画質撮影
  • 編集の手間が少ない
  • 外部マイクが使いやすい

  • アプリの質
  • 自撮り棒が消えない

メリット

高画質撮影

5.3Kで撮影できるので画質比較ではInsta360 X3よりもきれいです。

タフさ

落としてもかんたんに故障することはないですし、万が一、レンズカバーに傷が付いても修理に出さず、自分で取り替えることができます。

X3だと使わない時はケースに入れる手間がかかります。

編集の手間が少ない

GoProは撮った素材を動画編集でそのまま使えるため、ひと手間少ないです。X3は360度映像をフラット映像にリフレーミングする作業が発生するため、素材が多ければ多いほど大変です。

安定の横長デザイン

三脚なしでテーブルとかに置いても安定します。X3のような縦長デザインだとしっかり立てるためには三脚(的なもの)が必要です。

マイクが使いやすい

音声まで記録するならGoProが便利です。
メディアモジュラーや3.5mmアダプターによって外部マイクを使うことができます。

豊富なアクセサリー

GoProは歴史があるのでアクセサリーが豊富にあります。しばらくデザインが変わっていないことから、数世代前のモデルのアクセサリーとも互換性があることが多いです。

保険で2回まで交換できる

GoProはサブスクプランに入ると2回まで交換ができます。
X3は1回です。

 

デメリット

アプリしょぼい

アプリはユーザビリティ改善の余地があるレベルです(ストレートに言うと使いにくい)。

自撮り棒が消えない

GoProでは画面内に入った自撮り棒が自動で消えることはありません。X3は特に編集することなく、自動で消えます。

 

Insta360 X3の特徴

メリット デメリット
  • 360度動画が撮れる
  • スタンダード動画も撮影可能
  • 撮影スキルがあまり必要ない

  • 編集に手間がかかる
  • 画質や音質は低い
  • 撮影開始までの時間
  • スロモ撮影性能が低い
  • ラフに扱えない

メリット

360度カメラによってGoProでは撮れない動画が撮れる

ドローンで撮影したような第三者視点の映像はGoProには撮れません。アプリ内の編集ラボ機能を使えばAI編集でおもしろ映像を作ることも得意です。

編集ラボでできること(2023年1月時点)


電撃サージ / スカイスワップ / シネラプス / 水平フリップ / フライラプス / 電撃ウォーク / バレットタイムミックス / ノーズモード / ストリートラプス / ストップモーションミックス / スターラプス / フリーズスロー / 残像分身 / クローンループ / オートタイムシフト / 回転世界 / ストップモーション / ストップモーションスタチュー / ピクセライズ / パラレルプラネット / センターステージ / タイムフリップ / スピンビュー / ドリームズーム / スプリットジャンプ / ロールプラネット / 影分身 / 追い越し / ジャンププラネット / フェイスオフ / 巨人ジャンプ / ゴーストタウン
AI編集はスゴい

アプリ内の説明通りに素材を撮影するだけでAIが凝った編集を自動でやってくれます。

仕様を守らないといけないので撮影素材によっては上手くできないこともありますが、自分で編集すると数時間くらいかかるような内容をほぼ5分以内にできるので満足度が高いです。

 

撮影スキルがあまり必要ない

360度カメラの操作は意外とシンプルです。GoProの場合、画角の変更などで頻繁に設定変更が発生しますが、X3は一度設定したらあとは撮りっぱなしにできます。手ブレ補正も優秀で本当になめらかです。

 

シングルレンズモード

シングルレンズモードではGoProと同じようにスタンダード動画を撮ることができます("360度じゃなくて標準的なアクションカメラで撮った動画"という意味)。

 

デメリット

編集が面倒

普通のカメラで撮影した素材で編集する時と比較してひと手間増えます。

360度カメラ(撮影から編集までの基本的な流れ)


撮影 ⇒ リフレーミング ⇒ 編集 ⇒ エクスポート

リフレーミング:360度素材から自分が使いたいところを選ぶ作業

 

画質や音質はGoProよりも低い

画質
5.7Kや4Kで撮影しても、リフレーミングで画質が落ちます。フルHD(1080p)程度と考えたほうがいいかもしれません。

音質
マイクの性能はそこまで良くないです。外部マイクも使えますが、やや使いにくいです(360度撮っている関係上、外部マイクの一部が画面内に写りんでしまう可能性が高いため)。

 

撮影までの反応が若干遅い

電源ボタンを押してからの起動時間がやや長めです。GoProよりも録画開始までの時間がかかります。わずかとは言え、その数秒が意外と大事だったりします。

 

スロモ撮影向きではない

スローモーション撮影は3k100fpsが限界で、360度動画からの切り抜きになります。スロモ撮影するならGoProのほうが満足度が高いでしょう。

 

ラフに扱えない

両側にレンズが付いているので取り扱いに注意です。ラフに扱ったりするとレンズのダメージにつながります。GoProと違って一度レンズ部分に傷がつくとかんたんには交換できません。

ちなみに一応、自立しますが倒れるリスクを考えると現実的ではありません。使わない時はケースでレンズ部分を覆うなど最低限のケアが必須です。

 

どっちを選ぶ?

GoProに向いているパターン

画質にこだわる

GoProのほうが高画質で撮影でき、NDフィルターも使用できるため、映像は高品質です。風景撮影などはGoProのほうが細部まで再現される点でオススメです。

ただし、GoProだとX3で撮れる映像のような目新しさはありません。

 

ハイリスク撮影をする

GoProはサブスクプランで2回交換できるため、リスクをとった撮影には向いています。もともと頑丈なのでダメージに強いというのもあります。

 

喋りながら撮りたい

音声を撮る観点で言えば、GoProのほうが使いやすいです。マイク性能がX3よりも高いですし、アクセサリーによって外部マイクを使うこともできます。

X3でも外部マイクは使えますが、あまり使いやすいとは言えません。

 

迷ったらレンタルしてみるのもオススメ



GoPro HERO11 Blackを安くレンタルする方法

 

X3に向いているパターン

ソロで撮る

X3は自撮りして全身がフレーム内に収まるので自分自身を撮るのに向いています。逆に自分以外の誰かを撮るならGoProを使って撮ったほうがいいかもしれません。

 

アクティビティに集中したい

画角はあとから選択できるので、撮影時はアバウトでも意外と大丈夫です。

 

画質・音質はあまりこだわらない

どちらかと言うとクオリティよりも目新しさ・楽しさを優先する人に向いています。画質的はそこそこレベルで音を撮るのにもあまり向いていません。

 

迷ったらレンタルしてみるのもオススメ



Insta360 X3を安くレンタルする方法

 

最後に

選べましたか?どっちがいいとかではなくて結局、何を撮りたいかによりますね。

僕は両方使っていてケースバイケースでカメラを選んでいます。だいたい次のようなイメージです。

  • 5.3K映像,スローモーション,タイムラプス ⇒ GoPro
  • ドローン風に自撮りする, 乗り物を運転する(車,バイク,自転車,ゴーカート), AI編集 ⇒ Insta360 X3

 

アンケート

あなたはどっち派ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...

KyL

一人行動派の30代男です
最近は海外移住に向けて準備中
2023年からこのブログは月3回ペースで更新予定

【好きなもの】
大都会 ・エモいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-アクションカメラ
-,