当ブログにはプロモーションが含まれています

アクションカメラ

Insta360 Ace Proのアクセサリー どれを買う?

Insta360 AceProのポテンシャルを最大まで引き出すにはアクセサリーも必要です。
選択肢が豊富なので僕がこれまでに試せたのはほんの一部に限られますが、その使用感や評価をまとめてみます。

この記事の対象者

  • Insta360 AceProを購入済または購入予定
  • アクセサリーの追加を検討中

この記事でわかること

  • AceProでの撮影時に活躍するアクセサリー
  • 各アクセサリーの特徴+メリット・デメリット
  • あなたに必要かどうか

 

Insta360 AcePro 本体について

Insta360 AcePro本体は別記事でレビューしています。

Insta360 Ace Proのレビュー|暗所でも使ってみた結果(動画あり)

年末年始はどこに行くにもInsta360 AceProを持ち歩いてました。 AceProの売りとなっている低照度性能を試すため、夜の時間帯にも使ってみたのでそのあたりも踏まえてレビューします。 この記 ...

 

Insta360 AceProのアクセサリーはどんなものがある?

公式サイトで販売中のアイテムだけでも以下のように豊富です。
下記以外にもサードパーティからジェネリックのアクセサリーが出ています。






  • 充電式見えない自撮り棒
  • フローティングハンドグリップ
  • モンキーテールマウント
  • 70cm見えない自撮り棒
  • 85cm 見えない自撮り棒
  • 114cm 見えない自撮り棒
  • ミニ見えない自撮り棒+三脚
  • 見えない自撮り棒 + 三脚
  • 見えない自撮り棒ゴールド版
  • 見えないアクション自撮り棒
  • 多機能自撮り棒

  • 自転車用ヘッドセット・キャップ・マウント
  • ヘッドストラップ
  • チェストストラップ
  • ハンドマウントバンドル
  • POVマウスマウント
  • クイックリリースマウント
  • 三人称視点バックパックマウント
  • バックバー
  • スキーストックマウント
  • バイク用自撮り棒サポートクランプ
  • 自撮り棒リストストラップ
  • ヘルメットマウントバンドル
  • フレキシブル粘着マウント
  • 車載吸盤マウント
  • バックミラーマウント
  • ヘビーデューティークランプ
  • アウトドア三脚
  • Ace Pro & Ace 標準マウント
  • Ace Pro & Ace 縦横マウント
  • 3プロング-1/4インチアダプター
  • 多機能自撮り棒
  • マグネット式ネックホルダーマウント
  • バイク用U字ボルトマウント
  • 車載マウント
  • ヘルメット顎マウント
  • マグネット式自撮り棒ホルスター
  • Ace Pro USBカバー
  • Ace Pro スクリーンプロテクター
  • Ace Pro 潜水ケース
  • Ace Pro & Ace フロートガード
  • Ace Pro & Ace 収納バッグ
  • GPS プレビューリモコン
  • 64GB メモリーカード
  • 128GB メモリーカード
  • 256GB メモリーカード
  • 512GB メモリーカード
  • Ace Pro NDフィルターセット
  • Ace Pro & Ace コールドシュー
  • Ace Pro & Ace クイックリーダー
  • GPSアクション リモコン
  • Ace Pro & Ace マイクアダプター
  • スキー撮影セット
  • 自転車撮影セット
  • バイク撮影セット
  • バイク用U字ボルトマウント
  • Ace Pro & Ace Type-C - Type-C ケーブル
  • Ace Pro & Ace バッテリー
  • Ace Pro & Ace 高速充電ハブ

僕が実際に使ったアイテムはマーカーを引いています。
このページ内で言及します。
KyL

 

多機能自撮り棒

どんなアイテムか?

一つで複数の役割をこなせる多機能な自撮り棒。
クリエイティブな撮影には欠かせません。
サイズ感的にもストレスなく持ち運べてちょうどいいです。

正直、弱点が見つからないくらいです。

 

自撮り棒

文字通り、自撮り棒として使えます。
「114cm 見えない自撮り棒」などの直線的な自撮り棒と比べると、長さ・角度の微調整や握りやすさがGood!

 

三脚

ミニ三脚として使えます。
マジックアームのジョイント部分の柔軟性もキツすぎず緩すぎずちょうどいい感じで安定感があります。



フル回転式ボールジョイントマウントでカメラの向きを自由に調整できます。

マジックアームの曲げ伸ばしで高さを変更可能です。

 

ローアングル撮影用

フリップ式のスクリーンで確認しながらローアングルで撮ることができます。

 

壁に取り付け(マンティスモード)

三脚の一つにフックが付いており、壁や柵などに引っ掛けることができます。




 

よくある疑問

カメラにはどのように取り付けますか?

Ace Proの本体には三脚穴がないため、マウントを使用します。



「標準マウント」はAcePro本体の付属品を使用。
「1/4インチアダプター」は多機能自撮り棒の付属品です。

「クイックリリースマウント」は別売です。

 

メリット&デメリット

  • 一本でできることの豊富さ
  • サイズ感
  • タフさ
  • 微調整のしやすさ(角度・長さ)
  • 特にないが360度撮影で使うのには向かない

 

どんな人向けか?

  • 自撮りの距離が気になる
  • アングルを工夫して撮りたい
  • ミニ三脚を探している
ポケットサイズで常に持ち歩いても無駄にならないアクセサリーかと思います。
かなりコスパがいいです。
KyL

 

クイックリリースマウント

どんなアイテムか?

カメラ本体とマウントアクセサリーの着脱を素早く行うためのマグネット式アクセサリー。

「三脚穴」と「2プロングマウント」が付いているので汎用性が高く、Insta360の他のカメラでも使えます。

 

素早い着脱を可能にする

「標準マウント」でネジを回して取り付ける方法と比較すると素早い着脱が可能。
毎回の準備&片付けにかかる時間を大きく節約できます。

強力なマグネット以外にスライド式セキュリティロックが付いており、使用中に分離する心配もありません。

 

外部マイクの使用を可能にする

マイク用のコールドシューはクイックリリースマウントに接続することになります。
AceProで音声収録するなら必須アイテムです。

 

よくある疑問

360度カメラでも使えますか?

クイックリリースマウントはXシリーズ、ONE RSシリーズ、Aceシリーズで使えます。
唯一使えないのはGOシリーズです。

 

メリット&デメリット

  • カメラの着脱・交換を時短
  • 繰り返しの着脱による三脚穴の劣化予防
  • 他のカメラにも対応
  • コールドシュー併用時に1/4インチアダプターが必要

 

どんな人向けか?

  • カメラを複数台使う(付け替えを何度もする)
  • バイクや自転車に乗る(駐車中の盗難予防)
  • カメラとマウントの着脱を不便に感じている
  • 外部マイクでの収録を考えている
カメラの使用頻度が高い人ほど利便性を実感するアクセサリーかと思います。
KyL

 

コールドシュー

どんなアイテムか?

外部マイクをAceProで使うためのパーツです。

 

AceProと外部マイクをスマートにジョイント

ワイヤレスマイクの場合はコールドシューに受信機を取り付けて、送信機を服につけたり手で持ったりします。
なお、外部マイクを使うには必要なアイテムをいくつか揃える必要があります。

 

よくある疑問

外部マイクを使うには何が必要ですか?

以下のようなアクセサリーを揃える必要があります。



外部マイク使用時に必要なもの一式

  • AcePro本体
  • 外部マイク(受信機・送信機)
  • クイックリリースマウント
  • コールドシュー
  • マイクアダプター
  • 3.5mmケーブル
  • (3プロング-1/4インチアダプター)
  • (自撮り棒)

3プロング-1/4インチアダプターと自撮り棒はマイクとは関係ないですが、普通に考えると使うことになりそうです。
3.5mmケーブルはマイクアダプターを購入しても付属されてないので注意です。
(外部マイクに付いてきたものが見当たらないので自分で別で調達しました。)

 

マイクアダプター

どんなアイテムか?

外部マイクを使用する時の必須アイテムです。

 

AceProが外部マイクを認識する

マイクアダプターと外部マイクを接続することで、外部マイクからの音を収録できるようになります。
本体マイクよりもクリアな音声を残すことができます。

 

よくある疑問

外部マイクは使ったほうがいいんですか?

屋外で撮影する時には本体で音声を収録するよりも音質が期待できます。
屋内の撮影だと案外差が出ないこともあります。

外部マイクは防水が必要な場面では使えないなどの制約もあります。
また、揃えるものが増えるので金銭的な負担は増えてしまいます。

 

マイクアダプターはどのように接続するんですか?

AceProのUSBカバーを取り外してカチッとなるまで押し込めばしっかりと固定できます。

 

マイクが認識できているか確認できますか?

マイクアダプターを正しく接続すると外部マイクのマークが表示され、オーディオレベル(音量)が可視化されます。

 

メリット&デメリット

  • 音声をしっかり収録できる
  • マイク使用時は非防水
  • 金銭的な負担はかかる

 

どんな人向けか?

  • 本体マイクの性能に不満がある
  • 喋りながら撮影をする
外部マイクを使うと車の通りが激しい道路や風が強い時にも音声がかき消されないので便利です。
KyL

 

マイクロSDカード

SDカードはスペックを満たしていれば使えるはずですが、Insta360で推奨されたものを選んだほうが無難です。
その話は別のページにてまとめました。

Insta360のカメラ用マイクロSDカード 失敗しない選び方

Insta360のカメラを使うにはメモリーカード(マイクロSDカード)が必要です。 それぞれの仕様に合わせて選ぶだけですが、カメラ初心者にはややこしい部分があるのであらためてポイントを整理してみます。 ...

 

公式サイト以外で見つけたオススメ

Insta360の純正アクセサリーはよくできているので基本的には公式サイトで買うようにしてますが、「ちょっと高いな」と思ったタイミングでサードパーティ製も探してみたところ、値段とクオリティのバランスがいい感じのジェネリック品(代替品)を発見したので紹介しておきますね。

Ulanziはカメラアクセサリー界ではすでに知名度のあるブランドです。
僕自身、いくつか愛用してますが、クオリティは高いので安心してください。

 

Ulanzi Insta360用マグネットクイックリリースマウント

Ulanzi(公式サイト)

 

Ulanzi Ulanzi バイク/オートバイ ハンドルバー クランプ マウント

Ulanzi(公式サイト)

 

最後に

自分に必要なアイテムを1つ2つ追加するだけでも撮影体験が充実するはずです。

アクセサリーを使った撮影がまだならぜひ挑戦してみてください。

KyL

一人行動派
日本とタイで二拠点生活中
月3回ペースでブログ更新

【仕事】
ITç³»

【好きなもの】
カメラ・エモいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-アクションカメラ
-