当ブログにはプロモーションが含まれています

アクションカメラ

Insta360 Ace Pro vs Osmo Pocket3 どっちを選ぶ?

「Insta360 Ace Pro」と「DJI Osmo Pocket3」は一見すると別物ですが、共通の特徴があります。

それは小さいけど夜間でもきれいに撮れるということ。ただ、タイプが違うのでそれ以外の部分には違いも多いです。
そうした違いを踏まえて自分に合ったほうを選ぶためのポイントをまとめてみます。

この記事の対象者

  • 夜でも使える動画用のカメラを探している
  • 他のカメラからの乗り換えを検討中
  • 自分の使い方にマッチするか確認したい

この記事でわかること

  • Insta360 Ace ProとOsmo Pocket3の比較
  • 各カメラの強み・弱点
  • 各カメラに向いているパターン

 

今回比較するカメラ

Insta360 Ace Pro

Insta360がライカと共同開発したモデル。
描写力と使いやすさを兼ね備えた次世代のアクションカメラです。

 

Osmo Pocket3

vlog撮影に最適なジンバルカメラ「Pocketシリーズ」の3作目。
前作からスクリーンのサイズが大きくなって使いやすさがアップしています。

 

Insta360 Ace Pro vs Osmo Pocket3 比較表

Insta360 Ace ProDJI Osmo Pocket3
タイプアクションカメラジンバルカメラ
発売時期2023年11月2023年10月
①デザイン面重量179.8g179g
サイズ71.9 × 52.12 × 38.5 mm139.7 × 42.2 × 33.5 mm
バッテリー容量1650mAh1300mAh
撮影可能時間
(条件)
最大100分
(4K@30fps)
最長166分
(1080p@24fps)
急速充電
ストレージマイクロSDカード式

最大1TB
マイクロSDカード式

最大512GB
前面スクリーン0.7インチ
背面スクリーン2.4インチ
フリップ式
2インチ
防水性能あり

本体のみ:10mまで
潜水ケース利用時:60mまで
なし
動作温度-20°C〜40°C0℃ ~ 40℃
マウント設計マグネット式
ハンズフリー制御ボイスコントロール
ジェスチャーコントロール
なし

DJIマイクによる制御あり
②映像面センサーサイズ1/1.3インチ1インチ
絞りf2.6f2.0
ISO100-6400100-6400
HDRモード

アクティブHDR


HLG
解像度@最大フレームレート8K@24fps
4K@120fps
4Kï¼ 60fps
最大ビットレート170Mbps130Mbps
画角アクション広角|16mm
超広角
デワープ
FPV
広角|15mm※
標準|20mm

※広角レンズ使用時
オートフォーカス
ActiveTrack 6.0
最短撮影距離40 cm20 cm
アスペクト比2.35:1
16:9(9:16)
4:3
16:9(9:16)
1:1
ズームクラリティズームデジタルズーム
NDフィルター装着
低照度撮影モード
カラープロファイル標準
鮮やか
フラット
標準
D-Log M
HLG
ビット深度8-bit10-bit
水中色精度
アクアビジョン2.0
手ブレ補正電子手ブレ補正

オフ
FlowState 低
FlowState 標準
FlowState 高
水平維持45度
水平維持360度
ジンバル
マイク数3

外部マイク接続可
3

外部マイク接続可
定価本体のみ67,800円74,800円

表では両カメラのデザインと映像に関する項目に分けて比較しました。
マーカー部分は比較した時にアドバンテージになっていることを意味しています。

ここからは各カメラの特徴をもう少し深掘りした上で、それぞれのカメラに向いているパターンをまとめることにします。

 

Insta360 Ace Proの特徴

  • 防水性
  • 動作温度のレンジ
  • ハンズフリー制御
  • クラリティズーム
  • 水平維持360度
  • 低照度性能
  • トラッキング性能
  • カラーグレーディング耐性

Ace Proの長所(Osmo Pocket3よりも良い点)

使えるシーンが多い

防水・防塵設計で気温がマイナスでも動作するので活躍の場は多いです(天候にほぼ左右されません)。

Osmo Pocket3と比較すると全体的に強度が高いデザインです。

 

ハンズフリーで使いやすい

声やジェスチャーで制御できるため、カメラを離れた場所に設置して使うのも簡単です。

また、横長なのでちょっとした水平があれば置くことができます(床・テーブル・台になっているところなど)。

 

低照度でのノイズが少ない

Ace ProのピュアビデオモードはAIによるノイズ除去によってザラザラした感じが少ない映像になります。

 

ズームしても劣化しない

Ace Proでは解像度を保ったまま、ズームすることができます(クラリティズーム)。

 

水平維持360度

ジンバルと違って水平維持に限界がありません。

 

Ace Proの短所(Osmo Pocket3よりも劣る点)

低照度での明るさ

Ace Proのピュアビデオモードは低照度に強いモードですが、Osmo Pocket3と比較すると明るさではやや不利です。
(センサーサイズ・絞り・ジンバルや実際の映像などを踏まえて判断)

ピュアビデオモードは他のアクションカメラと比較すると別次元ですが、暗所でより明るい映像を求めるならOsmo Pocket3に軍配が上がります。
KyL

 

トラッキング性能

Osmo Pocket3ではフェイストラッキング(被写体を追いかけてフレーム内に捉え続けることができる)やボケ感のある映像撮影もできますが、Ace Proでは対応できません。

 

最短撮影距離

被写体から40cm以上離れた距離からじゃないとピントが合いません。

そういう意味で、食べ物、商品、植物など物に接近して個別で撮るのにはあまり適正がないかもしれません(雰囲気を伝えるくらいなら十分ですが)。

この画像は動画をキャプチャーしたものですが、どちらかというとメインディッシュよりも後ろにある小皿の柑橘類とかメニューホルダーにフォーカスが当たってますね。
KyL

 

カラーグレーディング耐性

Ace Proは8bitカラーのみでLog撮影にも対応していません。

 

DJI Osmo Pocket3の特徴

  • 3軸ジンバル(物理ジンバル)による手ぶれ補正
  • 1インチセンサー搭載
  • フェイストラッキングや背景ボケ
  • カラーグレーディング耐性
  • 強度
  • ハンズフリー制御
  • ズーム

DJI Osmo Pocket3の長所(Ace Proよりも良い点)

比類なき暗所性能

ジンバルで物理的に手ブレ軽減できること、1インチセンサーやf2.0でより明るく撮影できることなどが暗所での強さになっています。

 

映像表現

フォーカス性能が高く、背景をぼかすこともできます。
さらにカラーグレーディングをする上で10bitカラー対応・Log撮影ができる点も有利です。

 

フェイストラッキング

フェイストラッキングがオンになっていれば、歩きながらの自撮りでもスクリーンをチェックしなくても良くなります。

例えば、今、人混みにいるとします。
普通に考えるとカメラよりも周りに注意しなければならない場面ですが、ぶつかったりして危ないですよね。

  • フェイストラッキング機能なし⇒フレームアウトしないようにできるだけ、スクリーンに注意
  • フェイストラッキング機能あり⇒カメラが自動的に自分のほうに向く⇒スクリーンから目を離してもOK

このようにVlogではフェイストラッキングが活躍する場面がけっこうあります。

 

最短撮影距離

最短撮影距離20cmと比較的被写体に近づいて撮影できます。
製品紹介モードなども搭載されており、物撮りも得意です。

 

DJI Osmo Pocket3の短所(Ace Proよりも劣る点)

強度

ジンバルという精密機器によって防水にはなっていませんし、落下やダメージへの耐性も弱くなってしまいます。
悪天候の日に使いにくいことも見落としてはいけません。

 

ハンズフリー制御

縦型デザインなので手で持ちやすいですが、その分、置いて撮る時は大変です。
また、Ace Proには搭載されているジェスチャーコントロールなどもありません。

 

デジタルズーム

Pocket3のズームはデジタルズームです。
ズームすると画質が劣化するため、あまり実用的ではないズームです。

 

広角レンズが別売

vlog等での使用を踏まえると広角レンズはマストアイテムになりますが、別売です。

AceProなら本体のみで広角を実現できることを考えるとややマイナス要素かもしれません。

 

Insta360 Ace Proに向いているパターン

  • 汎用性・バランス重視
  • 色編集は重視しない
  • ノープランで撮る
  • スポーツで使う
  • 旅系・アウトドア系コンテンツ

 

汎用性・バランス重視

総合力でみるとAce Proはバランスが良いです。

  • 天候・気温
  • 水陸両用
  • タフさ
  • 操作性
  • 多機能
  • 画質
  • 価格

いろんなシーンで使えるオールラウンドなカメラをちょうどいい価格で手に入れられます。

 

色編集は重視しない

AceProは編集で映像の色味を調整したい人にとってみるとやや対応が遅れています。
(競合のアクションカメラは2年ほど前から10bitカラー編集に対応していますし、Pocket3も10bitですが、AceProは8bitです。)

8bitと10bitでは表現できる色の幅が異なります。

8bit vs 10bit

  • 8bit:約1600万色
  • 10bit:約10億色

 

ノープランで使うことが多い

何が言いたいのかというと、アクションカメラのほうが突発的な撮影に有利だということです。
使いたい瞬間にすぐに起動できますし、直感的に使えるため、シャッターチャンスを逃しにくいです。

ジンバルカメラだと予想外の動き・急激な動きについて行くのが難しく、シャッターチャンスを逃しやすくなります。
逆にシナリオがあってきちんとしたものを撮るならジンバルカメラがいいことも多いです。

 

アクションを撮る(スポーツで使う)

フォーカスが固定な分、意図しないフォーカスによってミスショットになる可能性が少ないことから、アクションカメラとしてスポーツ時にも活躍します(車,バイク,自転車,ウィンタースポーツ,マリンスポーツなど)。

 

旅系・アウトドア系コンテンツ

屋外で使うにはアクションカメラのタフさが便利です。
繰り返しになりますが、雨でも使えますし、カメラを置いたり、ポケットにしまったりを気軽にできるからです。
(Pocket3はそのあたりを雑にするとジンバルが壊れるリスクがあります。一旦電源をオフにしてケースにしまうまでの時間もけっこうかかります。)

また、撮れる映像のことを考えてみても、フォーカスが固定のカメラのほうが使いやすいでしょう。
例えば、人物と景色を見せたいような状況でPocket3だと人物にフォーカスして背景がボケた映像になったりします。
もちろんそういう意図があるならいいですが、どちらも見せたいとすれば逆に使いにくくなります。

さらに、AceProなら外付けワイドレンズを使わなくても広角で撮ることができます。

 


 

DJI Osmo Pocket3に向いているパターン

  • 映像のクオリティ重視
  • プランを持って撮る
  • 室内での利用が中心

 

映像のクオリティ重視

映像の美しさを優先するならOsmo Pocket3が向いています。
カラーグレーディングやカメラ動作・背景ボケなどシネマティックな映像表現が実現できます。
また、美肌モードなどもあることから人を撮るのにも適しています。

さらに暗所でのパフォーマンスはAceProを上回るので暗いところで使う機会が多い場合もPocket3を選んでおいたほうが後悔は少ないと思われます。
カラーグレーディングで世界観を表現したり、他と差別化したいと考える人も多そうですね。

 

プランを持って撮る

瞬発力で言えばアクションカメラに劣ることからシナリオのある撮影に向いています。
カメラワークやフォーカス性能を活かして商品を紹介するコンテンツを作ることでプロっぽく見せることができます。

イメージとしては

  • 不動産紹介ビデオの撮影(建物や室内を直線的なカメラワークで見せることができる)
  • ミュージックビデオの撮影(アーティストやパフォーマーが移動しても追尾できる)

など

 

室内での使用割合が高い

室内での利用がメインならジンバルカメラで十分に対応できます。
気温や天候に作用されず、そこまで激しい動きも必要がないからです。

 

迷ってるならレンタルしてみるのもオススメ

気に入ったら買うくらいの気持ちで一度使ってみるのも悪くないと思いますよ。

Insta360 Ace Proを安くレンタルする方法

↑ひらく


DJI Pocket3を安くレンタルする方法

↑ひらく

 

Ace Proで撮った動画

 

Osmo Pocket3で撮った動画

準備中

 

最後に

よければアンケートであなたの出した結論を教えてください。

 

アンケート かんたん1秒

あなたはどっち派ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...

KyL

一人行動派
日本とタイで二拠点生活中
月3回ペースでブログ更新

【仕事】
ITç³»

【好きなもの】
カメラ・エモいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-アクションカメラ
-,