当ブログにはプロモーションが含まれています

アクションカメラ

Insta360 GO3 vs OSMO Action4 どっちを選ぶ?

Insta360 GO3とOSMO Action4はわりとタイプの違うカメラですが、同価格帯ということもあり、これからアクションカメラを買おうとしている人にとっては迷うところかもしれません。

今回は両カメラを比べてそれぞれのカメラのオススメパターンを紹介します。

 

今回比較するカメラ

Insta360 GO3

世界最小のアクションカメラ。
Insta360 GOシリーズの3作目ではケースが大幅に進化しました。

 

DJI OSMO Action4

タフさと画質を兼ね備えたアクションカメラ。
最近はGoProからの乗り換えユーザーが増えています。

 

Insta360 GO3 vs OSMO Action4 比較表

Insta360 GO3OSMO Action4
発売時期2023年6月2023年8月
デザイン面重量35.5g(本体)
96.3g(ケース)
145g
サイズ63.5 x 47.6 x 29.5mm(ケース)70.5 × 44.2 × 32.8 mm
バッテリーライフ本体のみ45分
ケース併用時MAX170分
(1080p@30fps)
MAX160分
(1080p@24fps)
ストレージ内蔵式

32GB
64GB
128GB

※マイクロSDカード不可
マイクロSDカード式

Max512GB
スクリーン後:2.2インチ前:1.4インチ
後:2.25インチ
防水性能5m防水
IPX8
18m防水
IPX8
動作温度-20°C〜40°C-20°C〜45°C
ボイスコントロール
磁気マウントシステム
映像品質センサーサイズ1/2.3 1/1.3インチ
ISO100-3200100-12800
絞りf2.2f2.8
画角|35mm換算11.24mm超広角|11mm
広角|12mm
標準|15mm
解像度@最大フレームレート2.7K@30fps
1440p@50fps
1080p@50fps
4K@120fps
最大ビットレート80Mbps130Mbps
カラープロファイルフラット
標準
鮮やか
ノーマル
D-Log M
手ブレ補正オフ
Lv1
Lv2
Lv3
無効
RockSteady 3.0
RockSteady 3.0+
HorizonBalancing
HorizonSteady
マイク穴2

外部マイク接続✗
3
本体定価32GB|57,500円
64GB|60,500円
128GB|64,800円
58,300円

マーカー部分は比較した時に他方より優れている箇所を意味しています。
サイズ感はGO3、タフさや画質はOSMO Action4にアドバンテージがあります。

 

Insta360 GO3の特徴

  • 多機能なアクションポッド
  • 取り外せるデザイン
  • アクセサリー付き
  • ストレージ容量が決まっている
  • バッテリー交換ができない
  • タフさがない
  • アクションポッドの防水性
  • 最大画質2.7k
  • 外部マイク非対応

Insta360 GO3を選ぶメリット

アクションポッド

フリップ式タッチスクリーンによって大きめの画面で画角を確認しながら撮れます。
カメラ部分だけを取り出して使うときにはリモコンとしても機能します。

非常に完成度の高いデザインだと思います。

 

取り外せるデザイン

繰り返しになりますが、カメラ部分だけを取り外して使うことが可能です。
マグネット×小さいサイズ×軽さによって他のカメラだと大変な撮影が気軽にできます。

  • ペンダント式のアクセサリーで胸にマウント
  • 帽子に取り付けて手ぶら撮影
  • セルフィースティックにつける
  • 子どもやペットに取り付けてみる

など

カメラ部分だけにすると本当に小さくなるので周りに警戒感を与えることもありません。

 

アクセサリー付属

通常版に含まれているアクセサリーだけでも買った日から様々な撮り方を試せます。

 

Insta360 GO3を選ぶデメリット

ストレージ容量不足の可能性あり

GO3はSDカードスロットがない点でやや不便です。
もちろん容量が大きめのモデルを選べばいいんですが、それでも高画質ハイフレームレートの設定だとストレージの消費も激しく数時間が限界です。

 

バッテリー内蔵式

バッテリー内蔵タイプのデザインなので、スペアバッテリーを入れ替えて連続的に使うような運用ができません。

 

タフさがない

アクションポッドの素材感(プラスティック)からするとダメージへの耐性は低く、丁寧な取り扱いが必要です。
白なので色的に傷が目立ちやすいですし、落としてしまった時などは衝撃で割れてしまいそうな心配があります。

激しい使い方にはAction4のようにラバーコーティング仕様のほうが良いでしょう。

 

アクションポッドの防水性

防滴仕様となっており、雨や雪への耐性はありますが、完全防水ではありません。
水中に持っていくためには専用のケースが必要になります。

 

画質

GO3の画質はAction4と比較するとワンランク低いです。
(解像度やフレームレート・ISO・ビットレートで比較)

 

音質

音の収録に関してもAction4よりも不利です。

  • GO3はマイク穴が2つ(Action4は3つ)
  • GO3は外部マイク未対応(Action4は外部マイク対応)

 

OSMO Action4の特徴

  • 長時間撮影がしやすい
  • 高画質で撮れる
  • ハイフレームレート撮影対応
  • 丈夫なデザイン
  • 外部マイク使える
  • サイズ感

OSMO Action4を選ぶメリット

長時間撮影がしやすい

スペアバッテリーやSDカードを使える点でGO3と比較して長時間使うのに便利です。
 

高画質で撮れる

10bitカラー対応の他、写真も高解像度で撮れます。

理想的な撮影条件下では、Action4で撮影したほうがキレイに撮れるという意味です(暗所など条件によっては目に見える差がないこともあります)。

 

ハイフレームレート撮影

120fpsのスローモーションを撮れます。

 

丈夫なデザイン

Action4は本格的にエクストリームスポーツで使えるタフさを備えています。
ちょっとくらいラフに扱っても問題ありません。

 

外部マイク使える

Action4が外部マイク対応なので音をしっかりと残したい時にも活躍します。

 

編集のフローがシンプル

撮影データを直接編集ソフトに取り込むだけなのでGO3よりも編集がシンプルです。

GO3のFreeFrame動画モードで撮った動画は、手ブレや画角を調整するために一度アプリで編集し、エクスポートする必要があります。

 

OSMO Action4を選ぶデメリット

サイズ感

決して大きいわけではないですが、分離できない点はGO3と比較するとやや劣ります。

 

Action4は弱点が少ないですね。ほかにも考えましたが、これと言ってない気がします。
KyL

 

Insta360 GO3はこんな人にオススメ

  • 小さいカメラを求めている
  • 目立たずに使いたい
  • スペックの高い編集機材がない
  • ユニークな撮り方を試したい
  • Insta360の別モデルを使っている

 

小さいカメラを求めている

サブカメラとして小さいカメラを探しているようなケースだとGO3は便利です。

高解像度で撮りたいものはメインのカメラを使いつつ、逆にGO3はサイズ感や防水性といった特長を生かすことができれば2つのカメラが補完しあって活躍できます。

 

目立たずに使いたい

GO3で撮ると威圧感がないのでまわりの目を気にすることなく使えます。

 

ユニークな撮り方を試したい

サイズ感とマグネティックシステムがよりユニークでクリエイティブな撮影を可能にします。

 

スペックの高い編集機材がない

高画質で撮るとどうしてもデータが重くなります。
その分、編集作業に必要なPCやスマホもそれなりに良いものが必要になってきます。

逆にGO3なら画質がそこそこな分、データも軽く、編集環境もそれほど問われません。

 

既存のInsta360ユーザー

メーカーを統一すると一般的には以下のようなメリットがあります。

  • 映像の色味が同じ
  • アプリが同じ
  • 他のモデルの弱点を補完

など

 

Insta360 GO3はぶっちゃけどう?使用感のレビュー|動画あり

Insta360社からInsta360 GO3をレンタルしてもらったので出かけるたびに持ち歩いて、いろんなシチュエーションで使ってきました。 2ヶ月ほど使ってみて気付いたポイントを紹介します。 &nb ...

続きを見る

 

迷ってるならレンタルしてみるのもオススメ

Insta360 GO3を安くレンタルする方法

↑ひらく

 

OSMO Action4はこんな人にオススメ

  • リスクの高い撮影をする
  • 水中で使いたい
  • バッテリー交換で長時間稼働させたい
  • 高画質で撮りたい
  • スローモーションを撮りたい
  •  

 

ハイリスクな場面で使用する

Action4のほうがデザイン的に丈夫なことからリスクを伴う撮影には向いています。

 

水中で使いたい

防水性能はAction4が高いですし、そのまま水中にもって行ける点で便利です。

※GO3もカメラ部分は水中で使えますし、潜水ケースもあるため、NGというわけではありませんが水中で使うことを考えると手間はかかります。

 

バッテリー交換で長時間稼働させたい

Action4は予備バッテリーとSDカードがあれば、ほぼ連続的に撮影できます。

GO3でも充電しながら撮影できますが、バッテリー寿命に影響するため、メーカー的には推奨していないようです。

 

高画質で撮りたい

Action4は4k動画を撮れます。

 

スローモーションを撮りたい

Action4は4K@120fpsにも対応しています。

 

迷ってるならレンタルしてみるのもオススメ

OSMO Action4を安くレンタルする方法

↑ひらく

 

最後に

今回は同価格帯で買えるアクションカメラとしてInsta360 GO3とDJI OSMO Action4を比べてみました。

使いやすいのでぶっちゃけどっちもオススメです。

あとは本当にやりたいこと次第なので、使うシーンをイメージして選んでみてください。

 

アンケート

あなたはどっち派ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...

KyL

一人行動派の30代男
日本とタイで二拠点生活中
月3回ペースでブログ更新

【仕事】
ITç³»

【好きなもの】
カメラ・エモいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-アクションカメラ
-,