当ブログにはプロモーションが含まれています

アクションカメラ

Insta360 X4の使い方|動画用の設定はどうする?

Insta360 X4での撮影、楽しんでますか?
設定や使い方は大丈夫ですか?

今回は動画撮影時の設定や知っておきたい使い方の基本を紹介します。

この記事の対象者

  • 最近、Insta360 X4を使いはじめた
  • 360度カメラでの撮影に必要な最小限の知識だけ知りたい
  • 設定の模範解答が知りたい(動画撮影はじめたばかり)

この記事でわかること

  • Insta360 X4を使った動画撮影の設定
  • Insta360 X4で撮る時のポイント
これまでInsta360 X2⇒X3⇒X4を使って来ました。
KyL

 

Insta360 X4をまだ購入していない方へ

Insta360 X4は8Kに対応。画質の高い360度動画を撮れます。
KyL
Insta360 X4のレビュー 1ヶ月使った時点の率直な印象(動画あり)

Insta360 X4を使い始めました。 X4最大の注目は8K撮影ですが、画質以外にもレビューポイントは多いのでそのあたりも踏まえて紹介します。 この記事の対象者 Insta360 X4が気になってい ...

 

Insta360 X4で撮った動画






低画質で表示される場合はのところから調整してみてください。


 

Insta360 X4の基本的な使い方


  • Step1.準備


  • Step2.設定

  • Step3.撮影


  • Step4.編集


Step1.準備





カメラが自撮り棒やマウントにしっかりと取り付けられているかを確認します。
(万が一落下したりするとすぐに故障してしまいます。)


両方のレンズがきれいなことを確認しておきましょう。
(レンズが汚れていると映像に残ってしまいます。)


必要に応じてレンズガードも使います。


 

Step2.設定

適切なモードを選び、設定をチェックしてから撮影を開始します。

⌵ 具体的な設定はこちら

 

Step3.撮影

360度撮影に関しては意識しておきたいポイントがいくつかあります。

⌵ 360度撮影のポイントはこちら

 

Step4.編集

360度動画にはリフレーミング作業があります。

⌵ リフレーミング作業について

 

Insta360 X4の基本的な設定まとめ

もっと見る⇒

目的項目設定カラー
画質記録用360度モード動画標準8K30
5.7K30
HDRモード-5.7K30
シングルレンズモード動画標準4K30
Meモード標準4K30
Vlog用360度モード動画フラット8K30
5.7K60
5.7K30
シングルレンズモード動画フラット4K30
4K60
ホワイトバランス5500K
EV0または-0.3
動画ビットレート高
動画のシャープネス中
シャッタースピードオート
使いやすさ音声制御低
画面の明るさ40-60%程度
クイックキャプチャオン
USBモードU-Disk モード
自動スリープ3分
自動電源オフ15分
動画エンコードH.265

上記の表は、「高画質+使いやすさ」を実現するために僕が使用している設定です。
絶対的なものではないですが、一つのガイドラインとして参考にしてください。

 

画質に関する設定

画質の設定箇所は動画のタイプによっても変わってきます。
今回は次のように分けて考えます。
KyL
  1. カメラの標準設定で撮影する⇒記録用動画
  2. ポストプロダクション(カラーグレーディング・スピード調整などの編集)を前提に撮影する⇒Vlog用動画

①記録用動画の場合

360度モード

明るさによって微調整します。

 

1.十分な明るさがあって露出に問題がない場合

「動画モード」を使って以下の組み合わせで撮ると決めておけばシンプルです(失敗が少なくなります)。

基本パターン

  • 解像度:8k
  • フレームレート:30fps
  • カラー:標準

要するにオートで撮ればOK。デフォルトから大きく変える必要はありません。

 

例外パターン

以下のような場合は解像度を下げるのが有効です。

5.7K30fpsを使用するパターン

  • ファイルサイズのセーブ
  • 長時間録画時の熱停止予防
  • 暗所撮影時のノイズ予防
  • スローモーション撮影

 

2.明暗差が激しい場合の対処法

例えば、次のような環境で撮る場合について考えてみます。

状況

  • 木陰vs木の外側で明暗差が大きい
  • 木の外側部分が白飛びしている

 

対策1:アクティブHDRモードで対応する

一つ目の対策として「アクティブHDRモード」が使えます。
アクティブHDRモードは明暗差がある時に、明るい部分も暗い部分も残すためにあります。




「動画モード」よりも空や海の部分が撮れています。

ただし、アクティブHDRモードは最大5.7K30fpsで、EVなどの各パラメータも微調整できません(要するにほぼオート撮影)。

若干、白飛び部分が残ってしまっていることから「動画モード」のEV変更でマニュアルで対処するのも手です。

 

対策2:動画モードのEV変更で対応する



EVを下げることで白飛びしている部分が復活しました。
この時はちょっと下げすぎた気もしますが、白飛びしているよりはいいかと思います。

 

3.暗所の場合

Insta360 X4はそもそも暗所が得意なカメラではありませんが、設定を工夫すれば何もやらないよりマシになる可能性があります。

ノイズを抑える

解像度 ⇒ 5.7K
ISO ⇒ Max400

ノイズが少なく映像にするためには解像度を落としてみたり、ISOを上げ過ぎないようにします。

明るさを確保する

フレームレート ⇒ 30pまたは24p

明るさを確保するためにシャッタースピードを上げすぎないこともポイントです。

 

シングルレンズモードの動画

基本的には「動画モード」を使います。
以下の組み合わせで撮ると決めておけばシンプルです(失敗が少なくなります)。

基本パターン

  • 解像度:4k
  • フレームレート:30fps
  • カラー:標準

 

画角選びに注意

撮影時に画角を選ぶのを忘れると後から変更ができません。
忘れずに設定しましょう。

画角の使い分け


Max広角:歪みがかなり激しく不自然だが、もっとも広い範囲を残せる(開けた場所での撮影に最適)
アクション広角:歪みが激しく不自然だが、没入感が出せる(アクションスポーツやドライブ時の一人称視点に最適)
超広角:歪みがあるが、アクション広角よりも自然(広いところで人物+風景を撮影する時などに最適)
デワープ:歪みがなく自然(日常的なシーンに最適)

 

自撮りはMeモードが使える

Meモードを使っておくと人物がフレームアウトしないので編集が楽です。

 

②Vlog用動画の場合

360度モード

カラーグレーディングのためにフラット撮影

記録用動画との違いはカラープロファイルにフラットを選ぶことです。
これで色編集時の自由度が上がります。

 

スピード調整のためのハイフレームレート撮影

30fpsのみでなく、場合によって60fpsも使います。
60fpsを撮っておいてファイルを30fpsのタイムライン上で編集することで2倍のスピード調整ができます。

 

ホワイトバランスを微調整

ホワイトバランスは温度感に関係します。

ホワイトバランスの値を下げる⇒青っぽくなる(温度感が下がる)
ホワイトバランスの値を上げる⇒黄っぽくなる(温度感が上がる)




僕は屋外なら明るい時間帯は5500Kを使うことが多いです。
KyL

 

EVを微調整

EVは明るさに関係します。

EVの値を下げる⇒暗くなる
EVの値を上げる⇒明るくなる





EVは基本的に0か-0.3で大丈夫です。
0以上に上げて使うことは多分ありません。
明るすぎる時に下げる使い方がほとんどです。
KyL

 

ビットレートを微調整

ビデオビットレート:高

1フレームあたりの情報量が最大化します。
高いビットレートで撮っておけば、例えば、白飛びした部分を編集ソフト露出をさげて回復できる可能性が残っています。
できるだけ高画質にするため、高にするのがポイントです。

 

シャープネスを微調整

シャープネス:中

シャープネスを上げすぎると輪郭がくっきりしすぎて不自然になります。
自然な感じを出すためにあえて抑えるのがポイントです。

 

シャッタースピードはあえてオート

動画撮影ではシャッタースピードに関して基本ルールがあるのですが、Insta360 X4でこの原則を守ると露出が足りなくなってしまうため、オートがオススメです。

 

参考

以下の設定が動画撮影時のシャッタースピードの基本です。

フレームレート(FPS)シャッタースピード
通常撮影241/48
301/60
スロー撮影601/120
超スロー撮影1201/240

この組み合わせが人間の目で見るのに近いと言われます。
ポイントはシャッタースピードをフレームレートの2倍の逆数にすることです。

シングルレンズモードの動画

カラーグレーディングのためにフラット撮影

360度モードと同様の理由です。

 

スピード調整のためのハイフレームレート撮影

360度モードと同様の理由です。

 

使いやすさに関する設定

操作の設定も参考までに紹介します。

 

よく使う設定は登録しておいて使い分けるのがオススメ

シーンごとに設定を登録しておいて呼び出せば間違いが起こりにくいです。

登録せず毎回設定をいじろうとすると撮った後で設定漏れに気付くことがけっこうあります。
例えば、僕がよくやるミスは解像度を5.7Kにしたまま戻すのを忘れたり、フラットで撮りたいのに標準で撮ってしまうなど。
KyL

▲登録した設定はクイックボタンで呼び出せます

参考|登録している2パターン




解像度 8K
フレームレート 30
画角 デワープ
カラー フラット
-------------------
EV 0
シャッター オート
ホワイトバランス 5500K
ISO MAX 400
シャープネス 中
ビットレート 高


解像度 5.7K
フレーム/秒 60
画角 デワープ
カラー フラット
-------------------
EV 0
シャッター オート
ホワイトバランス 5500K
ISO MAX 400
シャープネス 中
ビットレート 高

 

通知音

Low

周りに聞こえる音を出す必要はないので基本ミュートかLowでOKでしょう。

画面の明るさ

40~50%程度

100%だと眩しくて目がつかれるので抑え気味にします。
抑えすぎると屋外で見えにくいので40~50%くらいが推奨レベルです。

クイックキャプチャ

オン

電源オフからレコードボタンを押して撮り始めるまでのタイミングが短くなります。オフにしているときと比べて1秒くらいです。

USBモード

U-Diskモード

U-Diskモードは次のような使い方をする人には便利です。

充電時:コンセントから給電
データ移動時:Insta360X4本体をPCに直接接続

自動スリープ

3分

主にバッテリーセーブのためです。
間隔が短すぎるとすぐにスリープになって逆に使いにくいです。

タイムラプス撮影の時なんかは自動スリープしないようにするのもありだと思います。

自動電源オフ

15分

これもバッテリーセーブ用です。
電源オフになるタイミングが早いと使いにくいので自分に最適なバランスを見つけてみてください。

 

動画エンコード

H.265でエンコーディングすることで高品質・高圧縮ができます。
(同じ品質の動画を約半分のデータ量で保存・伝送できます)

 

360度撮影のポイント

レンズの向きに注意

人物や被写体を撮影する時は基本的に被写体にレンズ側を向けて撮ることを推奨します。
なぜかというのは3番目のタブにある検証動画を見ればわかると思います。







レンズ側を向けずに撮るとETの鼻の穴が1つになってしまいました。
ある程度距離をとれば鼻の穴が2つに戻りますが、こういうのをできるだけ避けるにはレンズの向きに注意ですね。
KyL

360度カメラなのでどこからでも等しく撮れてると錯覚しますが、実はスティッチライン上は不正確なこともあります。

 

360度動画編集のポイント

撮影した360度動画はリフレーミングして使います。





リフレーミング作業はInsta360 Studioを使います。

 

スマホ版アプリのダウンロードページ

Insta360

Insta360

無料

編集で微調整します。


  • リフレーミング


  • スピード調整


  • 音追加(BGM・SFX)


  • コントラスト・ホワイトバランス・彩度を調整


  • 色味を変更(LUTを使う)


このあたりの話はまた別の機会に書く予定です。
KyL

 

よくある疑問

5.7K+は使わないの?

基本的には使わないです。
5.7+にもメリットがありますが、暗所には適していないですし、60FPSにも対応しておらず、使える場面は限定的です。

例えば、以下のような目的でなら使うならいいと思います。

  • 8Kよりもファイルサイズをセーブしたい
  • 長時間録画時の熱停止予防

 

24FPSと30FPSはどっちを選べばいい?

編集時にどのフレームレートを採用するかによって選びます。

フレームレートを24で編集するなら24FPSと30FPSのどちらでも大丈夫ですが、フレームレート30で編集するのに24FPSで撮影してしまうと使えなくなってしまいます。

基本的には30FPSで撮っておけばどちらにも使えて便利でしょうね。

なお、24と30によって印象は少し違います。

  • 24FPS:映画っぽくなる
  • 30FPS:テレビっぽくなる

ほとんどの映画では24FPSが採用されていて、テレビ番組だと30FPSが採用されているようです。

 

アクセサリーで360度撮影をスパイスアップ

アクセサリーを追加で使うと他のカメラでは不可能に近い撮影が可能になります。

この動画はX3で撮影したものです

Insta360 X3|Vlog用アクセサリーのレビュー

Insta360 X3にアクセサリーを追加すると撮影体験が充実しますね。 1+1が2じゃなくて3とか4になるイメージです。 今回は豊富にある選択肢の中で僕がこれまでに試したものを紹介します。 この記事 ...

X4用の記事は準備中。

 

最後に

今回は自分が360度カメラを使い始めたばかりの時に知りたかったことをまとめました。
Insta360 X4で360度カメラデビューした人などはガイドラインとして参考にしてもらえれば幸いです。

KyL

一人行動派
日本とタイで二拠点生活中
月3回ペースでブログ更新

【仕事】
ITç³»

【好きなもの】
カメラ・エモいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-アクションカメラ
-