画像編集

Photoshopのスキルがあると良いことが多い

2020年9月19日

最近はSNSやブログに使う画像をきれいに加工するのが当たり前になっていますよね。

というか、このページにたどり着いたということは実はあなたもこれから「Photoshopを使えるようになって自分のイメージを形にしたい」と思っているのかもしれません。

僕は今でこそ日常的にPhotoshopを使っていますが、最初は苦労の連続でした。

なので「これからやってみたいけど、何から手をつけていいかわからない」人の気持ちがわかります。

多分、Photoshopを使えるようになりたい需要はそれなりにありそうな気がするので初心者向けに何回かに分けて解説します。

 

Photoshopスキルがあるといいことがけっこうあります

Photoshopを使えるメリットは山ほどあって書ききれないくらいですが、まあこれからの時代的にあって損するスキルではないです。

代表的なのは以下のような内容です。

 

画像編集やデザイン

  • 合成写真
  • レタッチ
  • サムネ・バナー作成

これができるとどうなるのか?

けっこう思いつきますが、代表的なメリットを2つほど紹介しておきます。

 

①個人で稼げる(お金になる)

副業ができる

スキルをつければ副業としてクラウドソーシングとかで業務を請け負うことができますね。

ブログのバナーとかYouTubeのサムネとか、商品画像の色を変えて欲しいとか、まあ画像編集の仕事は色々ありますよ。しばらくはコロナでオンライン化を強いられた会社などを中心に画像編集者不足が続きそうですしね。

時給2,000円くらいのイメージですが、本業の他に接客業をやるよりは悪くはないんじゃないでしょうか?

 

情報発信で差をつけられる

副業で下請けで職人的に働いても大きく稼ぐことはできないですが、やり方次第では会社に頼らずに生きる人生も手に入ります。

その一つが情報発信です。

インスタやブログに上げる画像を自分で加工できれば差別化になりますよね。

スキルを教えて稼ぐこともできるので個人的には使えて損することはないと思います。

 

メルカリでも役立つ

メルカリで出品するにしても画像は適度に補正したほうが高く売れますからね。

 

②単純に楽しい(人生が豊かになる)

人生の選択肢が増える

密を避けながら好きな場所で働けるタイプの仕事です。

自分が作ったデータをお金に変えることができた瞬間、あなたの人生は変わりますよ。

0から価値を生み出すことができます。

 

趣味やボケ防止にもいい

お金稼ぎで使うだけだともったいないくらい、遊びにも使えるスキルです。

ネットに写真や動画をアップする流れは今後もっと加速していくのは間違いないでしょう。

そうなるとPhotoshopを使えて得する場面は今後もどんどん出てくると思います。

あと、老後、体が不自由になっても楽しめる趣味としてもいいと思います。

これからはクリエイティブな能力が求められる時代なので今のうちにどんどん使ったほうが良いんじゃないでしょうか?

 

Photoshopについてよくある質問

ここからは僕がPhotoshopを使えるようになる前に持っていた疑問や実際に聞かれたことのある質問について解説します。

※初心者に説明するためになるべく簡潔に説明しています。プロは補足したくなるかもしれないですが、難しいことを書くと伝わらなくなるのであえて省きます。

 

質問①:Photoshopとillustratorはどっちを使えたらいいの?

Photoshopでしょうね。

 

世の中の需要的に

illustratorってどっちかって言うと印刷物用のデータを作るためのものなんですよ。

例えば、紙媒体(名刺、チラシ、パンフレット)とか看板とか

 

で、Photoshopはネット上で使うためのデータを作るイメージ。

例えば、Webサイトとかバナーとかサムネイルとか

 

今の時代的にWeb用のデータを作れるほうが活躍の機会が多くないですか?

それじゃなくても今はコロナ禍ですし。

あとillustratorを使うなら、ある程度、自分でイラストを描けるほうが望ましいですが、Photoshopは写真を加工するところから始められる点で絵が描けなくても良かったりします。

その割にはPhotoshopを使える仕事のほうが世の中的には需要があります(収入面でPhotoshopのほうが稼ぎやすいという意味です)。

数字的な根拠は特になくて肌感覚で言っていますが、一応、僕は広告業界出身なので多分間違ってないはずです。

 

料金的に

多分、illustratorを使うには最低限でも月2,480円ですが、Photoshopは月980円ですからね。

手を出しやすいのはPhotoshopのような気がしますね。

 

質問②:PhotoshopとLightroomはどっちを使えたらいいの?

Photoshopです。

Lightroomにできることの95%くらいはPhotoshopでもできますよ。

Lightroomにしかできないのは写真管理くらいですね。

じゃあなぜLightroomが人気があるのかですが、多分、Photoshopを使わなくてもできる範囲の微調整で十分な人が多いからです。

あと難易度的にはPhotoshopのほうが難しいからLightroomしか使えないってパターンもあると思います。

 

質問③:Photoshopと他の画像編集アプリとの違いは?

自由度です。

たしかに最近はいい画像編集アプリがたくさんあります。

例えば、Canvaを使えば、簡単にプロクオリティの制作物が作れるので僕も使います。

あらかじめ美しいテンプレートが豊富に用意されていてちょっと加工するだけで完成です。

なのであまりこだわりがない人にはCanvaのような画像編集アプリをオススメします。

 

ただ、細かい微調整はできないですし、テンプレートを使うとどうしても他人と制作物がカブってしまう可能性があります。

その点で、個人的にPhotoshopがやっぱり神だと思うんですよね。

使えるようになるまで時間はかかりますが、唯一無二のデザインを作れるのがPhotoshopです。

 

多分、Photoshopを使える人なら他のアプリへの適応もスムーズですが、その逆はなかなか大変です。

運転免許に例えるなら、「マニュアル」と「オートマ」の違いですね。

 

質問④:Photoshopを使えるようになるには何時間くらいかかる?

200時間使えば、はじめて操作した時からは考えられないくらい色々できるようになってるはずです。

なのでタイトルに3ヶ月と書きました(1日2時間で計算)。

ここで言うPhotoshopを使えるの基準とは後から修正可能なデータを作れるスキルが身についていることです。

 

ただし、単純にPhotoshopを操作するスキルとクリエイティブなものを作るのはまったく別物です。

よいデザインをするためにはその人がこれまでの人生でどれだけクリエイティブなバックグラウンドがあるかにかかってくるんじゃないでしょうか。

ここは完璧を追求しだすと一生かかっても満足できないかもしれないですね。

 

まとめ

長くなるので今回はここで終わりです。

続いてはこれからPhotoshopの始める人が知るべきことを書きます。

Photoshopの上達方法と環境づくり

Photoshopと言えば、今や誰でも手が届く画像編集ツールですが、使いこなすのが大変というのはあまり以前と変わっていません。 何も知らずに始めると無駄に苦労するので、事前にできるだけわかっていたほう ...

KyL

一人行動派の30代男です
最近はアフターコロナの海外移住に向けて準備中
このブログは月2回ペースでのんびり更新

【好きなもの】
大都会 ・新しいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

Twitterもやっています

-画像編集

Copyright© Life is Easy , 2021 All Rights Reserved.