当ブログにはプロモーションが含まれています

Vlog

スマホジンバル vs 手持ち Vlogならどうする?

スマホ用ジンバルは定期的に新製品が出ていますが、わざわざ投資すべきか悩むアイテムの一つです。

とくに最新のスマホで手ブレ補正オンにすれば気になるほどブレブレになることはありません。

僕はこれまでに3台ほど使ってきたんですが、今となっては「ジンバルって必要なのかな?」「別に手持ちでいいのでは?」と思うことも多いです。

実際に使っているからこそわかるメリットとデメリット、オススメしないパターンについてもあえて書きます。

 

スマホジンバルについて

スマホジンバルは手ブレを軽減し、なめらかな映像を撮影するためのガジェットです。だいたい1~2万円程度。

専用アプリと連携して使うほかスマホに最初からインストールされている標準カメラアプリだけでも使うことができます。

カメラ用ジンバルと比較してコンパクトな作りです。

最新モデル


 

スマホジンバルのメリットとデメリット

メリット
  • 手ブレ軽減
  • 広角撮影でクロップされない
  • クリエイティブ撮影
  • バッテリーセーバー
デメリット
  • 持ち運び
  • セットアップの手間
  • 追加費用
  • 操作方法の学習

メリット(手持ちより優れているポイント)

手ブレ軽減

撮影時に手ブレが起きやすい状況下でジンバルを使えば、動画の質を向上させることができます。

特に活躍する場面

  • 直線的な動き
  • 低照度の環境下での撮影
  • 走りながらの撮影

直線的な動きというのは例えば、上下の動き(クレーンショット)や前進(後退)しながらの撮影のことです。

手持ちでカメラ移動を伴うショットを撮るとやはりどうしても微妙なブレが生じます。なので、そういうのを機械的にまっすぐきれいに撮るならジンバルがマストになります。

あとは夜景や屋内でも暗所で撮影する場面でも活躍します。

 

画角が狭くならない

スマホの手ブレ補正をオンにすると画角が狭くなります。電子手ブレ補正はカメラ内部で処理する際に画像の一部を削っているからです。

手ブレ補正オフの状態でジンバルを使うと広い画角を保ったまま撮ることができます。

 

シネマティックな撮影

ジンバルを使うとアプリでクリエイティブな撮影モードが使えるようになり、その結果、手持ちでは難しい撮影が安全に簡単に苦労せずできます。

具体例

  • 横移動しながらちょっとずつカメラのアングルを上げる
  • 回転させながら前進
  • 被写体をフォローする(トラッキング)

要するに複数の動きを混ざっているような時は手持ちよりもジンバルですね。

 

バッテリーセーブ

ジンバルを使えば、スマホの手ブレ補正モードを使わなくて済むのでその分、スマホのバッテリー消費を抑えられます。

 

デメリット

持ち運び

荷物が一つ増えて身軽さが減るのでその分マイナスになります。まあ、最新モデルならかなりコンパクトですが。

 

セットアップの手間

なんだかなんだ使うときに面倒に感じることは多いです。

具体例

  • スマホのつけ外し
  • ジンバル本体を起動
  • アプリと連携

 

追加費用

手持ちと比較するとコストが発生します。

 

操作方法の学習

ジンバルを使って最大限の効果を発揮するためには繰り返しトレーニングして操作方法を習得することが不可欠です。瞬時に正確な操作ができないと撮り逃がしが発生します。

 

スマホジンバルの選び方

重さ

ペットボトルよりも軽いくらいが使いやすいです。そうなると400gくらいが良いでしょう。

バッテリーライフ

一度充電してから何時間使えるかということです。

通常はそんなに長時間使うことは少ないので、6時間くらいあれば十分ではないでしょうか?

持ちやすさ

サイズ感が小さいと逆に持ちにくいなんてこともあります。持った時に自分の手に合っているかどうかもポイントの一つです。

対応スマホ

自分の使っているスマホが対応しているかどうかもチェックポイントです。

基本的にiPhoneやandroidのほとんどの機種に互換性がありますが、かなりマイナーなモデルや古い機種を使っているとなると対応していないこともあります。

メーカー

マイナーなメーカーよりはジンバルに定評のある代表的なメーカーの商品を選ぶのがオススメです。

具体例

  • DJI
  • Insta360
  • ZHIYUN
  • FeiyuTech

値段

1~2万円くらいが一般的です。

 

スマホジンバルをオススメしないパターン

身軽さ重視

ポケットに入れるにはちょっと大きいくらいのビミョーなサイズ感なので、小さなカバンくらいはどうしても必要になります。

手ぶらという意味で言えばジンバルカメラ「DJI POCKET2」なんかのほうが向いているとは思いますね。

DJI Pocket2の強み

  • 外部マイクが使える
  • 被写体のトラッキングができる
  • 背景がボケる
  • 暗所での画質も悪くない

DJI Pocket2の弱点

  • ジンバル操作がやや難しい
  • 防水性能がない(ただし、別売ケースあり)
  • 縦長動画が撮れない
  • サイズ感で言えば、もっと小さいカメラがある

 

水辺に持っていく

防水性能はついていないので注意が必要です。

 

最後に一言

今回の話はだいたいスマホジンバル全般に当てはまります。

ということで、もちろんジンバルは便利なアイテムなんですが、必要性を考えてから購入したほうがいいですよという話でした。

 

最新スマホジンバルの比較

Insta360 Flow vs DJI OM6 どっちを選ぶ?

Insta360がスマホジンバルを出してきたってことでちょっと話題になっていますね。 スマホジンバルの定番と言えば、これまではDJIのOSMO MOBILEシリーズのイメージでしたが、それを上回ってる ...

KyL

一人行動派の30代男
日本とタイで二拠点生活中
月3回ペースでブログ更新

【仕事】
ITç³»

【好きなもの】
カメラ・エモいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-Vlog