Life is Easy👌

もっとはやく知りたかった...

アクションカメラ

GoPro|10 vs 11 買い替えるべきか?

例年通り、9月に発売されたGoPro HERO11 Black。

外観的にはGoPro HERO10とほぼ100%同じですが、どこが変わったのでしょうか?

果たして買い換える必要はあるのか?比較しながら考察します。

 

今回比較するカメラ

GoPro HERO10 Black

GoProの2021年モデル。

 

GoPro HERO11 Black

GoProの2022年モデル。

 

GoPro HERO10 vs GoPro HERO11 比較表

 GoPro10 BlackGoPro11 Black
発売時期2021年9月2022年9月
①デザイン面重量153g153g
サイズ71.8 × 50.8 × 33.6 mm71.8 × 50.8 × 33.6 mm
バッテリー1720mAh
(リチウムイオンバッテリー)
1720mAh
(Enduroリチャージャブルバッテリー)

ストレージSDカード最大512GBSDカード最大512GB
プロセサーGP2GP2
プリセット
(カスタム登録)
防水性能10メートル防水10メートル防水
②映像面センサー1/2.31/1.9
解像度@最大fps5.3K@60fps
4K@120fps
5.3K@60fps
4K@120fps
最大ビットレート100Mbps120Mbps
画角SuperView|16mm
広角|16~34mm
リニア |19~39mm
リニア+水平維持|19~34mm
狭角|27mm
HyperView|12mm
SuperView|16mm
広角|16~34mm
リニア |19~39mm
リニア+水平ロックor水平維持|19~34mm
カラーフラット
ナチュラル
鮮明

8bitカラー
フラット
ナチュラル
鮮明

10bitカラー
手ブレ補正HyperSooth4.0
水平維持
HyperSooth5.0
水平ロック
定価本体のみ 71,000円78,000円
サブスク55,000円
51,000円
62,000円
58,000円

以上がスペック表です。

この表をもとに動画撮影の観点で変更点をまとめつつ、最後に買い替え推奨パターンをまとめることにします。

 

GoPro10⇒GoPro11 変更点はどこ?

センサーサイズが大きくなった

5.3Kで選べるアスペクト比の種類が増えた

GoPro HERO10は5.3Kだとアスペクト比は16:9しか選べませんでしたが、11からは4:3と8:7も選べます。

8:7で撮影することで縦横気にせずに撮れるのでSNSに使いやすくなっています。

 GoPro10 BlackGoPro11 Black
5.3K16:9HyperView
SuperView
広角
リニア
リニア + 水平維持
リニア + 水平ロック
狭角
4:3広角
リニア
リニア + 水平ロック
8:7広角

 

HyperViewが追加され、狭角がメニューから消えた

選べる画角が変わりました。

ただし、正直、どちらも使用頻度が高い画角ではないのでそこまでの影響はない気がします。

 

水平ロックに対応

カメラを360度回転させても元の水平レベルをキープできます。

(Hero10はカメラが回転しても45度までなら水平維持できましたが、Hero11からはたとえカメラがひっくり返ったとしても水平を保つことができます。)

 

画質がより精細になった

最大ビットレートが100Mbpsから120Mbpsにアップ。ダイナミックレンジも広がっています。

また、60fpsまでなら10bitモードで撮れるようになりました。この変更により、各ピクセルがより多くの情報を持つため、これまでよりもカラーグレーディングが楽しめます。

  • 10bitカラー:1000億色
  • 8bitカラー:1600万色

 

Enduroバッテリー標準装備

Hero11からは付属されるバッテリーはこれまでのバッテリーよりもスペックの高いモデルに変更されました。

 

広い温度範囲に対応できる

特に寒いところでのバッテリーパフォーマンスが高くなります。
 

高速充電

高速充電に対応し、充電時間が短くなります。
 

長時間駆動

従来のバッテリーよりも撮影可能時間が伸びます。

 

GoPro10⇒GoPro11 変わらなかった点はどこ?

外観のデザイン

サイズや重さ等に変化がありません。GoProはこれまでに何回かサイズ変更があり、その度に使えなくなるアクセサリー等(バッテリーやケージ)がでてたので、変わらなかったのはむしろ歓迎できるかもしれません。

 

暗所性能

一般的にセンサーサイズが大きいほうが画質と暗所性能の点で有利ですが、両者に明確な違いと言えるほどの差はありません。

 

マイク性能

カメラ本体の内蔵マイクにも変更はありません。

 

デュアルタッチスクリーンなし

フロントスクリーンも指で操作できればいいのかなと思いますが、相変わらずタッチには対応していません。DJI社はGoProよりも数万円安いにも関わらず対応しているので、ちょっと印象が悪いです。

 

GoPro HERO10 Blackで十分なパターン

画質に満足できている

10bitカラーになったのはいいですが、現状の8bitカラーで満足できているなら無理に買い換えなくても良いでしょう。

ぶっちゃけSNSとかにアップするのがメインのライトユーザーにとってはオーバースペックだったりもします。というのもSNSにアップロードする時に圧縮されたりして、100%再現されるわけじゃないからです。

多分、よほど繊細な感覚を持っているとか、映像業界の人とか知識や経験があって詳しいとかじゃないと違いは気付かないレベルかと思いますけどね。

標準的なアクションカメラでも十分と考える一般人やコスパ重視の人なら買い換えるほどのインパクトはないんじゃないでしょうか?

もし、物欲があるなら性能が良くなったバッテリーだけ買ってみるのも手です。撮影時間が伸び、耐寒性能がアップしました。

 

GoPro HERO11 Blackを買うべきパターン

数世代前のモデルを使っていてそろそろ変えたい

HERO9よりも前のモデルからだとセンサーサイズやプロセッサーがアップグレードされているので性能アップを体感できるはずです。買い換える意味はそれなりにあるでしょう。

 

センサーサイズが大きくなったことのメリット(HERO9 vs HERO11)

  • ダイナミックレンジが広がった(暗所性能もやや改善)
  • 解像度&fpsがアップ(5K@30fps⇒5.3K@60fps)
  • 最大ビットレートアップ(100Mbps⇒120Mbps)
  • 選べるアスペクト比が増えた(8:7)
  • 10bitカラー対応(8bitカラー⇒10bitカラー)
  • 写真も高解像度(20MP⇒27MP)

 

プロセッサーが変わったメリット(HERO9 vs HERO11)

  • プロセッサー(GP1⇒GP2)

プロセッサーの処理能力が上がっています。GP1のモデルと比較するとタッチスクリーンの感度がアップし、反応が良くなりました。

 

少しでも高画質で撮りたい

10bitカラー対応の他、写真も高解像度で撮れます。

 

複数のSNSで使いたい

撮影した後で縦横を決められるようになったのは複数のSNSで使いたい人にとっては朗報だと思います(GoPro HERO10 Blackまでは縦動画を撮りたいと思ったらカメラを縦向きに撮影する必要がありました)。

また、写真の解像感が高くなり、サムネで使えるレベルになっている点もSNSで使う上ではメリットになります。

 

迷ったらレンタルしてみるのもオススメ



GoPro HERO11 Blackを安くレンタルする方法

 

まとめ

GoProといえば、奇数モデルが名作になる印象があったのですが、今回は思ったよりもサプライズがなかった印象ですね。

なので今すぐには動かないことにしました。

とりあえずHERO9を壊れるまで使ってそれから考える予定です。買い換えるとしたらOsmo Action3を選ぶかもしれません。

GoPro vs OSMO Action3 どこが違うのか?

ほぼ同時期に発売されたGoPro HERO11とOSMO Action3。 見た目が似ているわりに、価格差はけっこうあるのでアクションカメラ初心者にはその違いがわかりにくいかもしれません。 実際のとこ ...

KyL

一人行動派の30代男です
最近は海外移住に向けて準備中
このブログは月2回ペースでのんびり更新

【好きなもの】
大都会 ・エモいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-アクションカメラ
-

Copyright© Life is Easy👌 , 2022 All Rights Reserved.