アクションカメラ

GoPro vs ZV-E10 予算10万円ならどっち選ぶ?

2022年5月17日

予算10万円くらいでVlog用カメラを探す人に人気なのがGoProやソニーのVlogカムです。

と言っても、一方はアクションカメラでもう一方はミラーレスカメラ。

別カテゴリーに属するカメラなので特徴をわかった上で選ばないと失敗します。どっちを選ぶべきかは動画のスタイル次第ですが、それぞれのカメラの特徴をもとに最適解を考えてみます。

 

今回比較するカメラ

GoPro HERO10 Black

 

アクションカメラ界で安定の人気を誇るGoProの2021年モデル。Vlog用のアクセサリーも数多く存在します。

GoProの主な特長(優れている点)


コンパクトなサイズ感
頑丈さ
ハイフレームレート撮影
手ブレ補正

 

Sony ZV-E10

 

ソニーのVLOGに特化したモデルZV-E1からのアップデート版。単純なアップデートではなく、レンズ交換が可能になるなどデザインも変えてきています。

ZV-E10の主な特長(優れている点)


レンズ交換式
暗所性能
ボケ感
人物撮影

 

GoPro HERO10 Black vs Sony ZV-E10 比較表

 GoPro10 Black Sony ZV-E10
発売時期2021年9月2021年9月
①使いやすさサイズ153g343g(本体+バッテリー+メモリーカード)
※レンズは別途
バッテリー48〜128分80~120分
防水性能10メートル防水
IPX8
なし
②映像品質センサー(インチ)1/2.3APS-C
解像度5.3K 60FPS
4K 120FPS
2.7K 240FPS
4K30P
フルHD120P
最大ビットレート100Mbps100Mbps
画角SuperView|16mm
広角|16~34mm
リニア |19~39mm
リニア+水平維持|19~34mm
狭角|27mm
レンズ次第
スタビリティ電子手ブレ補正
(HyperSooth4.0)
電子手ブレ補正(アクティブ )
レンズ手ブレ補正( スタンダード )
カラーフラット
ナチュラル
鮮明
S-Log2
S-Log3
HLG
など
背景ボケ不可
暗所性能悪い良い
オーディオステレオマイクステレオマイク
定価64,000円(本体のみ)
70,000円(本体+アクセサリーセット)
54,000円(サブスク)
79,200円(本体のみ)
89,100円(本体+キットレンズ)

まず、以上の比較表をもとにそれぞれのカメラが動画撮影において注目すべきポイントをまとめてみます。

その後、各カメラに向いているパターンをまとめることにします。

 

①使いやすさ(機動性)

携帯性はGoProが圧倒

GoProはZV-E10の1/2とか1/3倍くらいのサイズ感です。一方、ZV-E10はレンズも入れるとおそらく400gは超えてきます。そうなるとミラーレスカメラとしては最小レベルと言っても持ち運びはやや大変になります。

また、サイズ感のみならず、防水性や堅牢性もGoProに分があるため、持ち出しやすさで言うとGoProが圧倒しています。

ただ、別の見方をすれば、ZV-E10はペットボトル1本分以下。なので「全然軽い」と考えることもできます。

気になったら試しにボトルを持ち上げてしばらく同じ体勢で固定するポーズを繰り返してみてはいかがでしょうか。腕が全然疲れてなければ少なくともあなたにとっては持ち出しやすいカメラと言えるはずです。

 

②映像品質

GoProのほうがいい点

ハイフレームレート撮影

4K120FPSに対応しているGoProのほうがスローモーション撮影に向いています。

 

手ブレ補正

手持ち撮影に向いているのはGoProです。手ブレ補正の性能がいいです。

ZV-E10は「アクティブモード」をオンにすればかなり手ブレは軽減されるものの、オフの状態と比較すると40%ほどクロップされるため、かなり画面が狭くなってしまいます。その状態で手持ちで自撮りすると顔が無駄に大きく映って背景がよくわからない画になりがちです。

(Sony純正のCatalyst Browseというアプリを使えばクロップ比率は下がるものの、編集の手間は増えます。)

 

ZV-E10のほうがいい点

ZV-E10はGoProよりもセンサーサイズが大きい分、映像の質感をより細やかに立体的に表現できます。

 

暗所性能

ZV-E10なら夜間の撮影でもノイズが少なく見やすいです。GoProは暗いところで撮ると間違いなくザラザラした質感の汚い動画になります。

 

ボケ

人物の背景をぼかしたりすることができます。GoProはどんなに頑張っても背景をボカすことはできません。

 

マイク性能

カメラ本体のマイクで撮れる音質はZV-E10が上回っています。

ただし、両カメラとも外部マイクに対応しているので改善の余地はあります。

 

GoProが向いているパターン

アウトドアメインで撮影

GoProが最もパフォーマンスを発揮できるのは自然光の下で使う時です。

日没後、明るさが足りない環境で撮るとノイズが入ったり、暗めの映像になってしまいます。特に夜間に使うのには向いていません。

 

アクションシーン撮影

4Kスローモーション対応なのと衝撃に強いのでスポーツやドライブとの相性がいいです。車やバイクへのマウントして面白い映像が撮れます。

また、単純に手ブレ補正の観点でZV-E10より優れているので激しい動きを撮る時に良さが出るというのもあります。

 

機動性重視

サイズ感や防水・防塵性、丈夫さを考えるとZV-E10よりも使える場所は圧倒的に多いです。

ミラーレスカメラを雨の日や海で使うのはかなりリスクがありますが、GoProはそういった条件下でも活躍できます。

 

ZV-E10が向いているパターン

インドアメインで撮影

落ち着いた環境で撮るのが目的ならGoProよりもZV-E10のほうがいいでしょう。というか、GoProは室内で使うカメラとして評価するとあまりにも平凡で褒めるようなところを見つけるのが難しいです。

ZV-E10はセンサーサイズが大きい分、明暗差がある場所での撮影がGoProよりも得意です(ディティール部分の再現力が高いです)。

 

物撮り系など

ZV-E10はVlogger用ということでガジェットや料理などの撮影に最適なモードがついています。

「商品レビュー用設定」という機能がありますが、人物と被写体を交互に映すレビュー動画などで使いやすいです。

例えば、話している時は人物の顔にピントを、商品にピントを合わせたい時はその商品にピントをあわせるということが簡単にできるようになります。他のカメラだといったん人物にオートフォーカスが反応するとそこから別の被写体にピントを移動するのが難しかったりします。

そういうシーンではまさにZV-E10が活躍します。

 

映像品質重視

質感の勝負になるとセンサーサイズが大きいZV-E10が有利です。パッと見だと映像はZV-E10のほうがよく見えます。特に人物を撮ることを中心に考えているなら絶対ミラーレスのほうがいいです。背景をぼかしたりもできますからね。

 

人物撮影モードあり

ZV-E10には「顔の露出優先」「美肌効果」「背景ぼけ切換ボタン」など人物撮影用モードがあります。

 

マクロや望遠にも

レンズ交換式なので目的ごとにレンズを変えられるのは強いです。GoProで撮れるのは超広角から広角ですが、ZV-E10があれば近くも遠くも撮れるようになります。

ちなみにレンズをわざわざ買わなくてもレンタルすれば色々試せます。

 

まとめ

シンプルにまとめると外で使うならGoPro、中で使うならZV-E10ということになると思います。

繰り返しになりますが、各カメラの得意な部分、できること、できないことは違います。値段だけで判断せずに特徴を把握した上で購入を決めることをオススメします。

 

GoProで撮った動画

KyL

一人行動派の30代男です
最近はアフターコロナの海外移住に向けて準備中
このブログは月2回ペースでのんびり更新

【好きなもの】
大都会 ・新しいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-アクションカメラ
-,

Copyright© Life is Easy , 2022 All Rights Reserved.