当ブログにはプロモーションが含まれています

アクションカメラ

Insta360 Ace Pro|Vlog用の設定はどうする?

Insta360 Ace ProをVlog用のカメラとして愛用しているうちにだんだん使う設定やモードが固まってきました。
参考として紹介します。

この記事の対象者

  • Insta360 Ace Proを使いはじめた
  • アクションというよりはVlog用途で使っている
  • 模範解答的な設定が知りたい(動画撮影はじめたばかり)

この記事でわかること

  • Ace Proを使ったVlog撮影用の設定
  • Ace Proで撮る時のポイント
今回は動画撮影の設定についてです。写真の設定は扱いません。
KyL

 

Insta360 Ace Proをまだ購入していない方へ

Insta360 Ace Proは現在発売されているアクションカメラの中で暗所性能が最も優れています。
KyL
Insta360 Ace Proのレビュー|暗所でも使ってみた結果(動画あり)

年末年始はどこに行くにもInsta360 AceProを持ち歩いてました。 AceProの売りとなっている低照度性能を試すため、夜の時間帯にも使ってみたのでそのあたりも踏まえてレビューします。 この記 ...

 

Insta360 Ace Pro|Vlog用の設定まとめ

もっと見る⇒

設定
基本設定レンズモードデワープ
解像度@フレームレート4K@30fps
EV0または-0.5
シャッタースピードオートまたは1/60
ISOオートまたは800MAX
カラーフラット
ホワイトバランス4500K-5500K
※状況によって微調整
アクティブHDRオン
アスペクト比16:9
手ぶれ補正低
動画ビットレート高
動画のシャープネス中
動画モードの使い分け日中の撮影通常動画
夜間の撮影PureVideo
縦動画撮影FreeFrame
タイムラプス撮影タイムラプス
スローモーション撮影通常動画

今回は2つに分けて解説します。

  1. 基本設定(見た目・映像のクオリティに影響するもの)
  2. 各撮影モードの使い分け

です。

マーカー部分はマニュアルで設定せずにオートにすることも多いです。

 

基本設定(見た目・映像のクオリティに影響するもの)

レンズモード:デワープ

Vlogの撮影対象は人や建物だったりすることが多いので、普段見ている現実世界に近いほうが自然です。
なので直線的な「デワープ」を選びます。

「アクション広角」や「超広角」を使う場面

この2つの画角は画面の端にいくほど歪みが大きく、画面の中央はそれほど歪みがないのが特徴です(魚眼効果)。
例えば、ツーリングやサイクリングで消失点や被写体を真ん中に配置すれば独特の没入感につながります。

使い方をミスると現実離れするのでケースバイケース・適材適所で選んだほうがいいでしょう。

 

解像度@フレームレート:4K@30fps

解像度とフレームレートは4K@30fpsと決めておけばシンプルです(fps:1秒あたりのコマ数)。

8Kではなく4Kを選ぶ理由

解像度だけ考えると8Kになりますが、一番の理由はfpsです。
8Kだと24fpsしか選べないので良く使われる30fpsでの編集に対応できません。

また、8kはデータが重くなります。

 

30fpsにする理由

アクティブHDRを使えるから

Ace Proは30fps以下の時、HDR撮影ができます。
つまり、30fpsより上げなければ明暗のミスが減らせます。

30fpsが一般的だから

テレビやYouTubeなど日常的に見慣れている動画は多くが30fpsです。

24fpsにも対応できるから

30fpsの素材ならフレームレート24fpsで編集することになっても対応できます。
シネマティックな動画は24fpsで編集されていることが多いです。

できるだけ画質を下げたくないから

4K@30fps vs 4K@60fpsで比べると1フレームあたりのビットレートが高い(情報量が多い)のは4K@30fpsのほうです。
画質的は4K@30fpsのほうが高いことから無駄に上げすぎないようにしています。

もちろんスローモーションなど必要な場面ではケースバイケースで4K@60fpsを使います。

 

EV値:0または-0.5

白飛びしそうな時は-0.5にしますが、アクティブHDRが優秀なのでほとんど変えることはありません。

 

(シャッタースピード:オート)

マニュアル設定する場合

シャッタースピードは以下のように設定します。

30fpsなら1/60
60fpsなら1/120

ポイントはシャッタースピードをフレームレートの2倍の逆数にすること。
この組み合わせで撮るとモーションブラー(自然な残像感)など人間の目で見るのに近いと言われており、動画撮影における基本ルールとなっています。

シャッタースピードの基本原則
フレームレート(FPS)シャッタースピード
通常撮影241/48
301/60
スロー撮影601/120
超スロー撮影1201/240

実はAceProでこの方法を使うと白飛びするため、別売のNDフィルターで防ぐ必要があります。
僕自身はNDフィルターがないため、シャッタースピードはオートで使います。

 

シャッタースピードはオートでもOK

そもそも基本原則はモーションブラーのある映像を撮影するためにあります。
「モーションブラーはつけなくてもいいんだけど」という人はオートで大丈夫です。

さらに、Insta360のアプリ内にモーションブラーを付け加える機能が存在するため、オートで撮ってもモーションブラーを追加できます。
なのでわざわざ撮影でマニュアル設定しなくていいということです。

感覚が優れた人は編集で追加したモーションブラーを不自然だと感じるようです。
より完成度の高いモーションブラーを求める人はマニュアルのほうがいいかもしれません。
KyL

 

(ISO:1600MAX)

Vlogはインドア・アウトドアのどんなところで撮ることになるかわかりません。
(明るい環境・暗い環境などいろいろ行きます。)
場所が変わるたびにISOをちょうどよく設定するのは現実的でないため、オートかセミオートを使ってます。

ISO設定ミスで起こること

ISOが高すぎる場合:ノイズが目立つ
ISOが低すぎる場合:ノイズは目立たないかもしれないが明るさが不足

十分に明るいところならISOは最低の100でOKですが、暗いところでISO100のままだと暗すぎです。
KyL

 

カラー:フラット

カラーグレーディングを考えて「フラット」を選択しています。

カラーグレーディングしない場合

スペック的に本格的なカラーグレーディング向きのカメラではないのでカラーグレーディングは考えていない人のほうが多いと思います。
「そもそもカラーグレーディングのやり方がわからない」人もいると思います。

カラーグレーディングしないのであれば「フラット」以外のカラープロファイルを選んでおくことをオススメです。

カラーグレーディングするならフラットじゃないとダメなのか

「標準」や「鮮やか」で撮ってもカラーグレーディングできますが、コントラスト・彩度が調整済(ルックとして完成形)なので限界があります。
例えるなら、完成した料理を別の料理に変えるようなものなので、フラットで撮るにこしたことはないと考えています。

ちなみにPureVideoの時は仕様上カラープロファイルを選べないためそのままの素材をカラーグレーディングしています。

 

ホワイトバランス:4500K-5500K

ホワイトバランスは場所によって大きく変わるため、基準値を示すのは難しいです。
経験上、晴れている日の屋外だと4500K-5500Kになる印象ですが、下は2200Kから上は7000Kくらいの時もあります。

最近は「ホワイトバランスを厳密に調整しないのもありかな」と考えており、5500Kから動かさないこともあります。
これによって暖かい場所がより暖かく、寒い場所はより寒そうに見えます。

ホワイトバランスは編集ソフトを使えば修正できるので、マニュアルで少しくらい誤差があってもなんとかなります。
KyL

 

ホワイトバランスをオートにしない理由

オートだとちょっとカメラの向きを変えただけでホワイトバランスが変わってしまうことがあります。
同じものを撮っているのにホワイトバランスが変わると統一感がなくなることからマニュアル設定を選んでいます。

色が現実と違うことに関しては別に気にならないんですが、一貫性がないと気になるようになってしまいました。
KyL

 

アクティブHDR:オン

明暗差のある場所で撮影すると白飛びや黒つぶれのリスクがありますが、アクティブHDRがオンの時は複数の明るさで記録して合成するため、明るい部分も暗い部分もしっかり残ります。

 

アスペクト比:16:9

スマホ・PCなど現代の視聴環境に最もマッチするのは16:9です。
もちろんYouTubeの主流も16:9なのでなにか特別な意図がないなら変える必要はないと思います。

4:3はアナログテレビ(ブラウン管テレビ)時代に主流だったアスペクト比です。
なのでちょっとレトロというか昔風に見せたい場合には効果的です。
KyL

イメージとしては

  • 〜2000年代:4:3
  • 2000年代〜:16:9
  • ショート動画誕生以降:9:16

みたいな感じでしょうか。

 

手ぶれ補正:低

必要以上に手ぶれ補正を強くして画角が狭くなったら嫌だなということで抑えぎみの「低」にしています。

「オフ」だとブレブレで使える場面が限られますが、スポーツで使うとかでなければ「標準」「高」まで上げなくても使える印象です。

 

動画ビットレート:高

最高画質で撮るためにビットレートは「高」にします。

動画ビットレートの設定

  • 標準:データは軽くなるが画質が下がる
  • 高:画質は最高だがデータは重くなる

 

動画のシャープネス:中

シャープネスを「高」や「最大」にすると自分的にはくっきりしすぎて不自然です。
PCで見てちょうどいい「中」を選んでいます。

編集ソフトでもシャープさを上げ下げできますが、手間を増やさないためにあらかじめ決めるようにしています。
KyL

 

動画モードの使い分け

シーンごとに適切なモードを選びます。

よく使うモード

  • 通常動画
  • PureVideo
  • FreeFrame
  • タイムラプス

通常動画モード

通常モードを使うパターンは大まかに3つあるのでその3パターンに分けて書きます。
設定を微調整する場合は該当箇所も示しておきます。

日中の撮影

明るさが十分なところでは通常の動画モードを使ってます(多分、7割以上がこの状態です)。
この時の設定は上で解説した通りです。

 

スローモーション撮影

スローで残したい時もスローモーションモードより通常動画モードを使います。
AceProのスローモーションモードで選べるフレームレートは100か120ですが、vlog的にはフレームレート60で十分だからです。

基本設定からの変更箇所

解像度@フレームレート:4K@60fps
シャッタースピード:1/120またはオート

 

FPV撮影

自転車やバイクの走行はレンズモードの変更+モーションブラーの追加で疾走感が増します。

基本設定からの変更箇所

レンズモード:アクション広角
モーションブラー:オン
 

PureVideo(ナイトモード)

夜間の撮影

日が暮れて自然光がなくなってからの時間帯はPureVideoを使います。

 

FreeFrame

縦動画撮影

縦動画が必要な時はカメラを縦にするよりもFreeFrameで撮っておいて縦に切り抜いて使います。

 

タイムラプス

タイムラプス撮影

タイムラプスは基本オートです。
設置場所には気を使います(どこにカメラを置くと面白いかとかカメラが動かないようになど)。

基本設定からの変更箇所

手ぶれ補正:オフ
インターバル:0.5sから2s

 

タイムシフト

僕はAceProをタイムシフト撮影に使うことはありません。

撮る時はAce ProではなくてInsta360 GO3を使います。
小さいカメラを胸や帽子にマウントして使うのが楽です。

Insta360 GO3のレビュー|3ヶ月使ってみた結果(動画あり)

Insta360 GO3を出かけるたびに持ち歩いて、いろんなシチュエーションで使ってきました。 3ヶ月ほど使ってみて気付いたポイントを紹介します。 この記事の対象者 Insta360 GO3が気になり ...

 

Ace Proで撮る時のポイント

被写体から一定の距離をとる

AceProの最短撮影距離は40cmなので近づきすぎるとピンボケしてしまいます。
また、スキントーンも良いカメラと比べると質が高いとは言えず、人をガッツリ撮るのにもあまり向いてはいません。

距離感に注意が必要です。

 

プリセットを活用してモード切り替え

よく使うモードはあらかじめプリセット登録しておくと必要な時に素早く呼び出せます。

 

Ace Proの編集時にやること

上記の設定で撮った素材を編集で微調整します。

  1. コントラスト・ホワイトバランス・彩度を調整
  2. 色味を変更(LUTを使う)
  3. スピードを調整
  4. 音を追加
このあたりの話はまた別の機会に書く予定です。
KyL

 

最後に

現在進行形で試行錯誤中なので微調整していくつもりです。

簡単な質問であればYouTubeチャンネル(Action Camera Days)のコメント欄でお気軽に聞いてください。

Insta360 AceProで撮った動画




▲ Ace ProとInsta360 X3を使っています。

KyL

一人行動派
タイで生活中
月3回ペースでブログ更新

【仕事】
ITç³»

【好きなもの】
アクションカメラ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-アクションカメラ
-