当ブログにはプロモーションが含まれています

アクションカメラ

Insta360 AcePro vs OSMO Action4 どっちを選ぶ?

使いやすいアクションカメラと言えばDJIのOSMO Actionシリーズでしたが、Insta360からその存在を脅かすモデル『Ace Pro』が出ました。
両カメラを比較してどのような違いがあるのか、どちらを選べばいいのかがわかるようにまとめてみます。

この記事の対象者

  • アクションカメラの購入を検討しはじめた
  • Insta360 AceProとOSMO Action4が気になっている
  • 自分の使い方にマッチするほうを知りたい

この記事でわかること

  • 各カメラの強み・弱点
  • あなたに向いているのはどちらか

 

今回比較するカメラ

Insta360 AcePro

Insta360がライカと共同開発したアクション仕様のカメラ。
Insta360社の中では最もタフなシリーズです。

 

OSMO Action4

OSMO Actionシリーズの2023年版。

 

Insta360 AcePro vs OSMO Action4 比較表

Insta360 Ace ProOSMO Action4
発売時期2023年11月2023年8月
①デザイン面重量179.8g145g
サイズ71.9 × 52.12 × 38.5 mm70.5 × 44.2 × 32.8 mm
バッテリー容量1650mAh1770mAh
撮影可能時間最大100分
4K@30fps
最大160分
1080p@24fps
急速充電
ストレージ
(SDカード)
最大1TB最大512GB
前面スクリーン0.7インチ1.4インチ
タッチ式
背面スクリーン2.4インチ
フリップ式
2.25インチ
防水性能本体のみ:10mまで
ケース利用時:60mまで
本体のみ:18mまで
ケース利用時:60mまで
動作温度-20°C〜40°C-20°C〜45°C
マウント設計マグネット式マグネット式
ハンズフリー制御ボイスコントロール
ジェスチャーコントロール
ボイスコントロール
②映像面センサーサイズ1/1.3インチ1/1.3インチ
絞りf2.6f2.8
ISO100-6400100-12800
アクティブHDR
自動

自動
解像度@最大fps8K@24fps
4K@120fps
4K@120fps
最大ビットレート170Mbps130Mbps
画角アクション広角|16mm
超広角
デワープ
FPV
超広角|11mm
広角|12mm
標準|15mm
最大FOV155°
アスペクト比2.35:1
16:9
4:3
16:9
4:3
ズームクラリティズームデジタルズーム
NDフィルター装着
低照度撮影モード
カラープロファイル標準
鮮やか
フラット
ノーマル
D-Log M
ビット深度8-bit8-bit
10-bit
水中色精度
アクアビジョン2.0
手ブレ補正オフ
FlowState 低
FlowState 標準
FlowState 高
水平維持45度
水平維持360度
無効
RockSteady 3.0
RockSteady 3.0+
HorizonBalancing
HorizonSteady
自撮り棒除去
※クラウドへのアップが必要
マイク数33
外部マイク対応
アクセサリー必要
対応
アクセサリー不要
定価本体のみ67,800円58,300円

マーカー部分は比較した時にアドバンテージになっていることを意味しています。

ここからは表をもとに両カメラのデザイン面や映像に関することを中心に比較します。
その後、それぞれのカメラに向いているパターンをまとめることにします。

 

Insta360 AceProの特徴

  • フリップ式スクリーン
  • ジェスチャーコントロール対応
  • 低照度のパフォーマンス(PureVideo)
  • クラリティズーム
  • 写真解像度が高い
  • バックグラウンドで転送できる
  • Action4にない機能が多い
  • サイズ感はやや大きい
  • 簡素化された前面スクリーン
  • 10bitカラー・Log撮影非対応

OSMO Action4よりも良い点

フリップ式スクリーン

背面スクリーンを前に向けられるのは自撮り時に2つの点で優れています。

自撮り時のメリット

  • 画角を確認しやすい
  • 設定変更時にいちいちひっくり返す必要がない(背面に回り込む必要がない)

もちろん自撮りだけではなく、ローアングルで撮影する時の確認にもよいですね。

 

ジェスチャーコントロール対応

録画ボタンを押す代わりにジェスチャーを合図として使えます。

:録画スタート&ストップ
:写真撮影用のカウントダウンスタート

 

描写力の高さ

実用するかは置いておいて8K撮影できますし、最大ビットレートも高いので描写力ではAceProに分があります。

 

クラリティズームにも対応

Action4(デジタルズーム)はズームすると画質が下がりますが、Ace Proのクラリティズームはズームしても画質をキープできます。

4K動画を2倍ズームしても4K画質のままです。
KyL

 

低照度のパフォーマンス(PureVideo)

Action4と比較して暗いところで撮影した時のクオリティが違います。

主な違い

  • 明るさ
  • ノイズ
  • ダイナミックレンジの広さ
  • 手ブレ感
  • HDR性能

    スペック表ではわかりませんが、HDR性能もAce ProはAction4より優れています。
    明暗差の激しい場所でも白飛びしません(トンネルの出口や車内から窓の外を撮る時など)。

     

    写真解像度が高い

    解像度比較でAction4をリードしています。

    写真解像度

    • Insta360 Ace Pro:4,800万画素
    • OSMO Action4:1,200万画素

     

    バックグラウンドで転送できる

    データをカメラからスマホに移動したい時、アプリを閉じても転送が継続されます。

    Action4だとアプリを開いておく必要があり、転送中はスマホで他の作業ができなくなってしまいます(数分~数十分ほど)。
    KyL

     

    その他

    使用頻度がそこまで高くなさそうな地味な部分ではありますが、AceProに搭載されていてAction4にはない機能は多いです。

    Action4には搭載されていない機能

    • 録画の一時停止・キャンセル機能
    • スタートレイル・ループ動画・予約録画
    • アプリでのモーションブラー
    • AIハイライトアシスタント(AIによるベストシーンのピックアップ)

     

    OSMO Action4よりも劣る点

    サイズ感はやや大きい

    ほんのわずかですが、Action4よりも本体サイズが大きくて重くなります。

     

    前面スクリーンが簡素

    AceProのフロントスクリーンはタッチパネルになっておらず、サイズも小さいです。
    また、表示できるのは文字情報だけです(フリップ式スクリーンを後ろ向きに戻すと自撮りをモニタリングできなくなってしまいます)。

     

    10bitカラー・Log撮影非対応

    最新のアクションカメラは10bitカラーがスタンダードとなりつつある中でAce Proは8bitです。
    また、Log撮影には対応しておらず、カラープロファイルはフラットまでとなっています。

     

    OSMO Action4の特徴

    • 耐久性が高い
    • 10bitカラー・Log撮影対応
    • 外部マイクの使いやすさ
    • 価格が安い
    • 機能
    • 画質

    Insta360 AceProよりも良い点

    耐久性が高い

    Action4はInsta360 Ace Proよりも故障リスクが少ないと考えられます。

    • フリップ式スクリーンがない
    • レンズカバーが交換式となっている
    • 本体のみでの防水性が高い

    Action4は修理が必要となる要因を極力排除しています。

     

    10bitカラー・Log撮影対応

    カラーグレーディングを楽しみたいと考えているなら10bitカラー&Log対応のAction4のほうが有利です。

    8bitでは表現できる色が10bitよりも少なく、色編集の際に色ムラが発生しやすいため。

    8bit vs 10 bit

    • 8bit:約1600万色
    • 10bit:約10億色

    色編集の程度にもよりますが、8bitカラーの動画素材だと空などグラデーション部分に縞々が入ることがあります。

    よく見ると8bit側はムラが発生しているのがわかりますか?これは8bitで再現できる色が10bitカラーよりも少ないために起こります。

    ちなみにファミコンは8bitでスーパーファミコンは16bitです。
    KyL

     

    外部マイクの使いやすさ

    メーカー純正のDJIマイクならカメラのUSBポートに直接差し込んで使えます。
    Ace Proはアクセサリー(外部マイクアダプタ)を使う必要があり、費用と手間は増えます。

     

    価格が安い

    約1万円の価格差があります。

    機能面ではAce Proが豊富ですが、Action4は必要な機能が過不足なく入っている点で適正価格に見えます。
    ミニマルなのが逆にいいと感じる人もいるかと思います。
    KyL

     

    Insta360 AceProよりも劣る点

    機能

    Ace Proのほうが多機能です。

     

    画質

    暗所での性能やズーム時の画質などはAce Proにリードを許しています。

     

    Insta360 AceProに向いているパターン

    • Vlog用の使いやすさを求めている
    • 暗所で撮影する

     

    Vlog用カメラとしての使いやすさを求めている

    フリップ式スクリーン・ジェスチャーコントロール・自撮り棒除去などはAction4よりも使いやすい部分です。

    アクション撮影を目的としていないカジュアルユーザーにとってはAce Proが使いやすいと思います。
    KyL

     

    暗所で撮影する

    室内やナイトシーンで使う予定があるのであれば、暗所性能が高いAce Proを選んだほうが失敗がありません。

     


     

    OSMO Action4に向いているパターン

    • 激しい撮影にも耐えられるクオリティを求めている
    • 10bitカラーで撮影したい

     

    アクションシーンやエクストリームスポーツで使う

    リスクの高い使い方をするならAction4が有利です。

    AceProのデザインは相対的に見て故障リスクが高いですが、一度故障すると修理で戻ってくるまでにしばらくかかりますし、手続きも大変です。

     

    カラーグレーディングをしたい

    Ace Proは8bitカラー撮影のみとなっています。

    10bit Log撮影を求めるなら必然的にAction4になりますね。
    KyL

     

    迷ってるならレンタルしてみるのもオススメ

    Insta360 Ace Proを安くレンタルする方法

    ↑ひらく

    OSMO Action4を安くレンタルする方法

    ↑ひらく

     

    Ace Proで撮った動画

     

    最後に

    あくまでもアクションカメラとしての役割を求めるか、Vlogカメラとして使うかによって意見が分かれそうですね。

    よければアンケートに投票して教えてください。

     

    アンケート かんたん1秒

    あなたはどっち派ですか?

    結果を見る

    Loading ... Loading ...

    KyL

    一人行動派
    日本とタイで二拠点生活中
    月3回ペースでブログ更新

    【仕事】
    ITç³»

    【好きなもの】
    カメラ・エモいもの ・散歩
    もっとくわしい自己紹介

    -アクションカメラ
    -,