当ブログにはプロモーションが含まれています

アクションカメラ

Insta360 Ace Pro vs X4 どっちを選ぶ?

「アクションカメラ×高画質のAce Pro」と「360度カメラ×高画質のX4」。
高画質というポイントが共通していますが、どちらを選ぶかという観点でまとめます。

この記事の対象者

  • Insta360のカメラ購入を検討中だ
  • X4とAce Proで悩み中
  • どちらが自分に合うか知りたい

この記事でわかること

  • それぞれの強み
  • X4が合う人とAce Proが合う人

 

今回比較するカメラ

Insta360 Ace Pro

Insta360がライカと共同開発したモデル。
描写力と使いやすさを兼ね備えた次世代のアクションカメラです。

 

Insta360 X4

8Kの360度撮影が可能なモデル。
これまでの360度カメラから画質が大きく向上しました。

標準的な動画を撮影するためのシングルレンズモードも搭載されています。

 

Insta360 Ace Pro vs Insta360 X4 比較表

Insta360 Ace ProInsta360 X4
発売時期2023年11月2024年4月
タイプアクションカメラ360度カメラ
①デザイン面重さ179.8g203g
サイズ71.9 × 52.12 × 38.5 mm46.0 x 37.6 x 123.6mm
バッテリー1650mAh2290mAh
撮影可能時間
(条件)
100分
(4K@30fps)
135分
(5.7k@30fps )
ストレージSDカード式

最大1TB
SDカード式

最大1TB
タッチスクリーンフロント0.7インチ
バック2.4インチ
フリップ式
2.5インチ
防水性能
(本体のみの場合)
10m防水
10m防水
磁気マウントシステム
クイックメニューボタン
ボイスコントロール
ジェスチャーコントロール
振動フィードバック
動作温度-20°C〜40°C-20°C〜40°C
②映像面センサー(インチ)1/1.31/2
絞りf2.6F1.9
ISO100-6400100-6400
画角(35mm換算)16mm6.7mm
360度動画解像度@フレームレート8K@30/25/24fps
5.7k@60/50/30/25/24fps

標準
HDR
アクティブHDR
タイムラプス
8k
タイムシフト
バレットタイム
4k@120fps
Meモード
ループ録画
標準動画解像度@最大フレームレート8K@24fps
4K@120fps
4K@60/50/30/25/24fps
画角アクション広角
超広角
デワープ
FPV
メガ広角
マックス広角
アクション広角
超広角FOV
デワープ
アスペクト比2.35:1
16:9(9:16)
4:3
16:9(9:16)
HDR
ズームクラリティズーム
AIワープ
最大ビットレート170Mbps200Mbps
カラー標準
鮮やか
フラット
鮮やか
標準
フラット
手ブレ補正オフ
FlowState 低
FlowState 標準
FlowState 高
水平維持45度
水平維持360度
6軸ジャイロスコープ
マイク3

外部マイク接続可
4

外部マイク接続可
定価67,800円79,800円

マーカー部分は比較で上回っていることを意味しています。

結論を先に書くと

  • 標準動画の画質の良さ ⇒ AcePro
  • 360度動画の独創性 ⇒ X4

になります。

ここからは各カメラの特徴をもう少し深掘りした上で、それぞれのカメラに向いているパターンをまとめることにします。

 

Insta360 Ace Proの特徴

  • タフさ
  • 画質
  • ズーム
  • 360度動画撮影非対応
  • 自撮り棒除去のクオリテイ

AceProの強み(X4よりも良い点)

タフさ

アクションカメラということもあり、衝撃や落下などへの体制は強いです。

 

標準動画の画質

(360度動画じゃない)標準動画用カメラとしてはAceProの画質が圧勝です。

AceProが上回るポイント

  • センサーサイズの大きさ
  • 8K対応
  • 4K@120fps対応
  • HDRモード
  • PureVideo(暗所撮影モード)
  • ズーム性能

AceProの動画はダイナミックレンジが広く、明暗差があっても細かい部分がよく再現されています。

 

ズームしても画質が劣化しない

AceProは4K画質をキープしたまま2倍までズームできます(クラリティズーム)。

 

1日中使える

AceProはPureVideo(暗所用モード)によって日が暮れてからも撮影可能です。
1日を通して活躍します。

X4は暗所での使用は想定されておらず、ノイズなどが入り、あまりきれいに撮れません。

 

AceProの弱点(X4に劣る点)

360度動画を撮れない

AceProは標準動画撮影用のカメラです。
360度撮影モードはありません。

 

自撮り棒除去が完璧ではない

AceProは画面内に映り込んだ自撮り棒をAIで人工的に除去します。
この自撮り棒除去のクオリティはそれほど完璧ではないです。

X4はそもそも自撮り棒が写り込まないように撮影します。
(AceProとは自撮り棒除去の仕組みが異なっています。)

 

Insta360 X4の特徴

  • 360度モード&シングルレンズモード
  • Ace Proでは未対応の編集
  • 精度の高い自撮り棒除去
  • 故障のリスク
  • 画質

X4の強み(AceProよりも良い点)

360度モード&シングルレンズモード

360度動画+標準動画を撮れます。
360度モードだからこそ撮れる動画もあり、1台で撮れるカットのバリエーションが多いです。

 

Ace Proでは未対応の編集

Xシリーズのカメラで撮らないとできない編集があります。

自動編集


電撃サージ / スカイスワップ / シネラプス / 水平フリップ / フライラプス / 電撃ウォーク / バレットタイムミックス / ノーズモード / ストリートラプス / ストップモーションミックス / スターラプス / フリーズスロー / 残像分身 / クローンループ / オートタイムシフト / 回転世界 / ストップモーション / ストップモーションスタチュー / ピクセライズ / パラレルプラネット / センターステージ / タイムフリップ / スピンビュー / ドリームズーム / スプリットジャンプ / ロールプラネット / 影分身 / 追い越し / ジャンププラネット / フェイスオフ / 巨人ジャンプ / ゴーストタウン

 

精度の高い自撮り棒除去

X4は元々自撮り棒が映らないように撮影するため、第三者視点の映像がかなり自然です。

物理的に自撮り棒が映り込まないように撮影(両サイドのレンズの盲点【死角】を利用)

 

X4の弱点(AceProに劣る点)

故障リスク

360度カメラはレンズが両サイドについており、落下や衝撃への耐性は低いです。
レンズ部分の保護など手間はかかります。

 

画質

360度動画の画質は8K動画をリフレーミング(使う部分を抜き出す作業)するので実質的には2.7K相当です。
標準動画の画質は4Kですが、AceProと比較すると画質は低いです(センサーサイズが小さいため)。

 

Ace Proに向いているパターン

  • アクションカメラを持っていない
  • 扱いやすいカメラを探している
  • 夜にも使いたい

 

アクションカメラを持っていない

AceProは最新のアクションカメラなだけあって、ハードウェア・ソフトウェアの両面がハイレベルです。
様々な環境で使える汎用性があるので1台あればできることが増えます。

  • フリップ式スクリーン(2.4インチ)
  • マグネット式マウント
  • 防水性
  • 交換式バッテリー
  • 設定画面のみやすさ
  • 録画の一時停止・キャンセル機能
  • ジェエスチャーコントロール
  • クラリティズーム

 

扱いやすいカメラを探している

AceProはタフで壊れにくく、設定メニューなども初心者にとって使いやすいカメラです。

 

夜にも使いたい

AceProにはピュアビデオモードがあるので低照度環境でも使えます(極端な暗闇等は除く)。
Xシリーズは暗くなってからの撮影には向いていません。

 

X4に向いているパターン

  • 360度撮影用のカメラを探している
  • 編集が苦じゃない

 

360度撮影に挑戦したい

360度カメラがあれば、その瞬間のすべてを記録することができます。

例えば、以下のような使い方があります。

旅行や観光地で使用すると...

絶景ポイントや歴史的建造物などを360度カメラで撮影しておけば、全方位を見渡すことができます。

音楽イベントで使用すると...

観客やパフォーマーだけでなく、会場全体の雰囲気を捉えることができます。

アクションスポーツ中に使用すると...

スキーやスノーボード、サーフィン、ハイキングなどで使うと景色も残しておけます。

X4はこれを選んでおけば間違いないといえる360度カメラです。
デザイン的にもInsta360 X3の路線を踏襲したまま、画質がアップし、使いやすさの部分にもアップデートが見られます。

 

360度で撮影すると編集作業がほぼ必須になる

撮影後の「SNS投稿」や「共有」を考えると360度動画はやや手間が増えます。

AceProで撮影した動画はそのまま使うことができますが、X4で360度撮影をするとリフレーミング(編集作業)が追加で発生するため、編集が必要になるからです。

リフレーミング作業は慣れればそこまで難しくないですが、動画編集にまったく馴染みがないと慣れるまでは大変かもしれません。
その点は予め理解しておいたほうが良いでしょう。

 

よくある疑問

標準動画と360度動画は何が違うの?

一般的なカメラは映る範囲が限られています。
映る範囲は撮影時に決めておく必要があります。

360度カメラはカメラの周りにあるものを文字通り360度撮影します。
撮影データにすべてが映り込むため、映る範囲を撮影後に決めることができます。

360度動画は一般的に使う部分だけを抜き出して使います(リフレーミング)。
複数の視点で抜き出すことができます。








その分、編集の手間が増えますが、一つの動画素材から複数のアウトプットができます。

参考|標準動画と360度動画を使って撮影してみました

動画内で例えると、水鉄砲のシーンでは複数パターンの動画ができます。












 

先に買うならどっちがいい?

ほとんどの人はスマホがあるので通常の動画撮影には困らないはずです。
なので、X4を追加したほうが動画の幅は広がります。

一方、スマホ以外にメインで使えるカメラがないと不便です。
やはり、スマホはカメラ以外の目的でも使いますし、壊れたら困りますからね。

そういう意味ではメインカメラを先に揃えるという考え方もできます。

360度動画を使うのは楽しいですが、すべての動画を360度で撮る必要はないですし、あくまでも飛び道具としてのポジションだと考えています。
なので先にAceProを導入するのも手です。

まとめると

  • メインカメラはすでにある ⇒ X4
  • メインカメラがない ⇒ AcePro

です。

役割分担できるので極端な話、両方あっても困らないと思います笑
KyL

それぞれのカメラを使ったレビュー

しばらく使ってレビューしました。

Insta360 Ace Proのレビュー|暗所でも使ってみた結果(動画あり)

年末年始はどこに行くにもInsta360 AceProを持ち歩いてました。 AceProの売りとなっている低照度性能を試すため、夜の時間帯にも使ってみたのでそのあたりも踏まえてレビューします。 この記 ...

Insta360 X4のレビュー 1週間使った時点の正直な印象(動画あり)

Insta360 X4を使い始めました。 X4最大の注目は8K撮影ですが、画質以外にもポイントは多いのでそのあたりも踏まえてレビューします。 この記事の対象者 Insta360 X4が気になっている ...

 

 

迷ってるならレンタルしてみるのもオススメ

気に入ったら買うくらいの気持ちで一度触ってみてはいかがでしょうか?

Insta360 Ace Proを安くレンタルする方法

↑ひらく


Insta360 X4を安くレンタルする方法

↑ひらく

 

Insta360をレンタルできるサービスをまとめています

比較表付きInsta360のレンタルサービス|どこで借りるのが正解?

最近、Insta360の人気が上がっており、まずはレンタルを考えている人も多いようです。 このページではInsta360を借りる前に知っておきたい情報(サービス一覧や注意点)をシンプルにまとめてみます ...

続きを見る

 

Ace Proで撮った動画




 

X4で撮った動画

 

最後に

よければアンケートであなたの出した結論を教えてください。

 

アンケート かんたん1秒

あなたはどっち派ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...

KyL

一人行動派
日本とタイで二拠点生活中
月3回ペースでブログ更新

【仕事】
ITç³»

【好きなもの】
カメラ・エモいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-アクションカメラ
-