当ブログにはプロモーションが含まれています

アクションカメラ

Insta360のレンタルサービス|どこで借りるのが正解?

最近、Insta360の人気が上がっています。

このページではInsta360を借りる前に知っておきたい情報(レンタルサービス一覧や注意点)をシンプルにまとめてみます。

レンタル前にこれだけ読めば大丈夫です。

この記事の対象者

  • Insta360製カメラのレンタルを検討中(おためし利用・旅行用など)
  • どこでレンタルしてるか知りたい
  • 機種の違いがまだよくわかってない

この記事でわかること

  • レンタルのシステム・注意事項
  • Insta360のカメラをレンタルできるサービス
  • 各モデルの違い・あなたに最適なモデル

 

Insta360のレンタルについて

レンタル対象シリーズ

Insta360の人気モデル(一般向けシリーズ)はレンタルサービスで取り扱いが確認できました。
レンタル先候補が複数あるので意外とレンタルしやすいです。

レンタルできるシリーズ

  • Insta360 X3
  • Insta360 ONE X2
  • Insta360 Ace Pro
  • Insta360 ONE RS ツイン版
  • Insta360 ONE RS 1インチ版
  • Insta360 GO2
  • Insta360 GO3
上記以外のプロ向け製品もありますが、今回は除外します。
KyL

 

レンタル期間とタイプ

レンタルには2種類あり、

  • 短期レンタル:数日間
  • 長期レンタル:月契約のサブスク

に分けることができます。

選び方の基準

  • 購入を検討中で操作性を確かめたい, 1~2日だけピンポイントで使いたい → 短期レンタル
  • しばらく手元に置いて好きな時に使えるようにしたい → 長期レンタル
長期のほうが1日あたりのコストはかなり抑えられます。
KyL

 

Insta360の短期レンタルに対応しているサービス一覧

レンタルしやすい環境ではあるものの、もちろん借出中の可能性もあります。
念の為、業者を複数掲載しておきます。

料金表

もっと見る⇒


Ace Pro

X3

GO3

ONE RS
ツイン版

ONE RS
1インチ版

ONE X2

GO2
送料込
レンティオ (500円引)7,480円
(3泊4日)
5,980円
(3泊4日)
5,980円
(3泊4日)
4,980円
(3泊4日)
11,980円
(3泊4日)
--
モノカリ-8,280円
(2泊3日)
---7,600円
(2泊3日)
6,900円
(2泊3日)
kikito -7,280円
(3泊4日)
6,380円
(3泊4日)
6,480円
(3泊4日)
-5,980円
(3泊4日)
3,980円
(3泊4日)
ゲオあれこれレンタル 6,000円
(7泊8日)
6,400円
(7泊8日)
6,100円
(7泊8日)
6,800円
(7泊8日)
---
北海道・沖縄は除く
東京カメラ機材レンタル株式会社---3,850円
(2泊3日)
---
パンダスタジオ 4,180円
(当日)
5,698円
(当日)
3,036円
(当日)
4,433円
(当日)
6,204円
(当日)
4,433円
(当日)
3,542円
(当日)
注意点

※2024年2月調査時点の価格です。
※本体のみのレンタル価格(税込)です。
※アクセサリーは別オプションで借りる必要があります。とくに360度撮影には自撮り棒がほぼ必須アイテムです。
※各社の規定が違うため、レンタル日数はバラツキがあります。基本、各サービスの最低利用期間を記載してます。

各社、在庫に限りがあります。
最安レンタルにこだわらず、最安で借りれたらラッキーくらいに思っておいたほうが良いです。
KyL

 

Insta360の長期レンタルに対応しているサービス一覧

料金表

もっと見る⇒


Ace Pro

X3

GO3

ONE RS
ツイン版

ONE RS
1インチ版

ONE X2

GO2
追加費用
GooPass 月額7,480円月額7,480円
配送料1,500円
レンティオ 月額8,100円月額7,400円月額6,500円月額3,000円月額11,500円
kikito 月額6,000円月額3,900円月額3,700円月額6,000円月額3,100円月額1,800円
注意点

※2024年2月調査時点
※価格はよく変動します。
※くわしいレンタル条件は公式サイトをご確認ください(最低レンタル期間などもあります)。

 

【カメラ初心者向け】Insta360をレンタルする前に知っておきたいこと

ここからは「Insta360ってどれを借りればいいの?」という人に向けて書きます。

各機種の主な機能

もっと見る⇒


X3

ONE X2

ONE RS
ツイン版

ONE RS
1インチ版

Ace Pro

GO2

GO3
360度動画
最大解像度@フレームレート5.7K@30fps
4k@60fps
5.7K@30fps
4k@50fps
5.7K@30fps
4k@60fps
6K@30fps
4k@30fps
標準動画
最大解像度@フレームレート4k@30fps1440@50fps6k@25fps
4k@60fps
8K@24fps
4K@120fps
1440p@50fps2.7k@30fps
センサーサイズ(インチ)1/21/2.31/211/1.31/2.31/2.3
最大ビットレート120Mbps100Mbps100Mbps120Mbps170Mbps80Mbps80Mbps
防水性能
ケースは除く

ケースは除く
暗所性能

「表を見てもよくわからない」って人も多いと思うので選び方のポイントを補足します。

Insta360はすべてのカメラが360度撮影に対応しているわけではありません。
表の右のほうにあるGOシリーズとAceシリーズは標準的な動画用なので注意してください。

 

360度撮影をしない場合

サイズ感を重視するならGOシリーズ

カメラ部分のみを取り外して使えるGOはサイズ感を生かしたクリエイティブな撮影ができます。

 

画質やスローモーション性能をとるならAce Pro

Insta360の中で最もアクションカメラっぽいのはAce Proです。
防水にも対応。

 

360度撮影をする場合

表の左側のほうの機種を選びましょう(X3|ONE X2|ONE RS ツイン版|ONE RS 1インチ版)。

 

360度動画に解像度を求めるかどうか

解像度的にはONE RS 1インチ 360度版が最も高いです。
それ以外の機種の解像感はほぼ同じです。

 

防水性が必要な場面で360度動画を撮るかどうか

防水性を求めるなら次の3つのモデルということになります(X3,ONE X2,ONE RS ツイン版)。

ONE RS 1インチ 360度版は防水対応機種ではありません。

 

360度動画と標準4K動画を撮るかどうか

両タイプの動画を撮るならX3,ONE RS ツイン版のどちらかを選びましょう。

「じゃあ、その2つならどっちがいいの?」と聞かれそうですが、これに関しては360度動画をメインで撮りたいのか4K動画がメインでたまに360度なのかによっても違います。

  • 360度動画がメイン→X3
  • 4K動画がメイン→ONE RS ツイン版

理由としては4K動画を撮る時にONE RS だと60fpsが選択できるためです。

360度動画にX3が良い理由としてはX3のように縦長デザインのほうが自撮り棒が誤って映り込むミスが少ないからです。ONE RSの自撮り棒のマウントは角度が変えられるので意図せずカメラが10度くらい傾いてしまって自撮り棒が消えないミスがたまに起きます。

ただ、どちらを選ぶにしても撮れる画的にはほぼ変わらないと考えて大丈夫です。

強いて言えば、新しい順に選んでおくのが正解かと思います(X3,ONE RS ツイン版,ONE X2)。

 

360度撮影に自撮り棒はほぼ必須アイテム

360度撮影は自撮り棒が消えることが最大のポイントです。自撮り棒を使わないことはほぼ考えられないです。

ちなみに上記の表には書きませんでしたが、自撮り棒の料金が含まれていないので別途レンタルする必要があります(おそらく追加費用1,000円くらい)。

 

360度動画はアプリで編集作業が必要

360度動画の撮影後、素材から使いたいシーンを選ぶ作業(リフレーミング)を編集アプリで行います。
編集アプリはスマホかパソコンに対応しています。

 

結局、どこを選ぶのがいいのか

短期&安さ重視なら営業店舗に取りに行くのがオススメ(パンダスタジオなど)

Insta360のレンタルはGoProやDJIのレンタルと比較すると力を入れていない業者が多いですが、パンダスタジオはInsta360の取扱いが豊富でほぼすべてのラインナップが揃っています。

また、アクセサリー類も揃っている上、最安値保証があるのでチェックしてみることをオススメします。

ただ、取りに行ける距離にないなら、オンラインのサービスを選んだほうが便利です。

 

買取できるレンタルも狙い目(レンティオやkikitoなど)

一部のレンタルサービスは期間終了後の買取ができます(使った後で返却せずに買い取れるという意味)。

他人が使ったのに抵抗がある人もいると思いますが、発売直後の新商品だったりするとほぼ無傷で新品に近いのが届くんですよね。定価で買うよりも安く手に入るというのもポイント。

数日間、検討してから購入を決められるという意味ではいきなり買うよりも失敗は少ないはずです。

僕はそれが意外と良くてレンティオか kikito を選ぶことが高いです。

 

レンタルからのInsta360公式セールが最大のリスクヘッジかも

Insta360のカメラを最高の形で入手する流れを考えてみました。


  • Step1 レンタルする

    使ってみて購入を判断 ⇒ 購入する場合はStep2へ


  • Step2 公式セール開催を待つ


  • Step3 公式セール期間中に入手

    15%オフ+購入者特典(数千円相当の純正アクセサリー)+ノベルティGET!


こうすることで商品に納得したうえで節約して入手できます。

割引+特典で1万円相当の節約をしつつ、レンタル費用をまかなうイメージです。
完璧なシナリオじゃないですか。
KyL

Insta360セール(2024年4月3日まで)

セールの主な対象モデル

  • Insta360 Ace Pro
  • Insta360 X3
  • Insta360 GO3
  • Insta360 ONE X2
  • Insta360 ONE RS ツイン
  • Insta360 ONE RS 4K
  • Insta360 ONE RS 1インチ 360度版
\最大30%オフ/

 

最後に一言

以上、Insta360のレンタル前に知っておきたい情報をまとめてみました。

レンタル500円分割引リンクはこちら: レンティオ
※この紹介リンクを通してアクセスすると初めての注文が割引されます。

 

KyL

一人行動派の30代男
日本とタイで二拠点生活中
月3回ペースでブログ更新

【仕事】
ITç³»

【好きなもの】
カメラ・エモいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-アクションカメラ
-