当ブログにはプロモーションが含まれています

アクションカメラ

Insta360 Go3 vs GoPro Hero11 どっちを選ぶ?

Insta360 Go3が発売されましたね。

前作のGO2は世界最小サイズのカメラを絶妙な価格で出したことがヒット商品に繋がったと思っています(実質ライバル不在でした)。

一方、今作は値上げされており、同価格帯のアクションカメラが複数存在するという状況になってしまっています。

これだと他のカメラと横並びで比較された時に、難しくなるような気もしますが、どうなんでしょうか?

とりあえず今回はGoPro Hero11 Blackと比べてみます。

 

今回比較するカメラ

Insta360 GO3

世界最小のアクションカメラ。
Insta360 GOシリーズの3作目となる今回はケースが大幅に進化しています。

 

GoPro Hero11 Black

タフさと画質が優れたアクションカメラ。
根強い人気を誇っています。

 

Insta360 GO3 vs GoPro Hero11 Black 比較表

Insta360 GO3GoPro11 Black
発売時期2023年6月2022年9月
デザイン面重量35.5g(本体)
96.3g(ケース)
153g
サイズ63.5 x 47.6 x 29.5mm(ケース)71.8 × 50.8 × 33.6 mm
バッテリーライフ
(1080p@30fps)
本体のみ45分
ケース併用時Max170分
137分
ストレージ32GB, 64GB
※マイクロSDカード不可
Max512GB
※マイクロSDカード式
防水性能5m防水
IPX8
10m防水
IPX8
ボイスコントロール
磁気マウントシステム
映像品質センサーサイズ1/2.31/1.9
ISO100-3200100-6400
絞りf2.2f2.5
画角|35mm換算11.24mmHyperView|12mm
SuperView|16mm
広角|16~34mm
リニア |19~39mm
リニア+水平ロックor水平維持|19~34mm
解像度@最大フレームレート2.7K@30fps
1440p@50fps
1080p@50fps
5.3K@60fps
4K@120fps
最大ビットレート80Mbps120Mbps
カラープロファイルフラット
標準
鮮やか
フラット
ナチュラル
鮮明
手ブレ補正オフ
Lv1
Lv2
Lv3
オフ
オン
ブースト
自動ブースト

※HyperSooth5.0
マイク穴2

外部マイク接続✗
3

3.5 mm オーディオマイク入力
本体定価32GB|57,500円
64GB|60,500円
128GB|64,800円
62,800 円

デザインの完成度で見るとGO3、撮影できる映像の質で見るとGoPro Hero11にアドバンテージがあります。

 

Insta360 GO3の特徴

メリット
  • 完成度の高いアクションポッド
  • 磁気マウントシステムで瞬時に着脱
  • 優れたアプリ
デメリット
  • ストレージ容量が不足気味
  • バッテリー内蔵
  • 画質&音質はGoPro未満

Insta360 GO3を選ぶメリット

アクションポッド

フリップ式タッチスクリーンはGoProと比較するとワンランク上のデザインと言える完成度です。
(GoProは前面スクリーンがタッチ対応しておらず、スクリーンサイズも小さいためユーザビリティはあまり良くない)

 

磁気マウントシステム

本体やケースがマグネット式となっており、アクセサリーの着脱が瞬時にできます。

 

便利なアプリ

Insta360はアプリの質が優れており、AI編集やチュートリアルは特に使いやすく便利です。
それから撮ってすぐSNSにアップしたい時などにも活躍しますね。

アップデートも頻繁にあります。

 

Insta360 GO3を選ぶデメリット

ストレージ容量不足の可能性あり

GO3はSDカードスロットがない点でややフレキシブルさに欠けています。

 

バッテリー内蔵式

スペアバッテリーをいくつか持っておいて入れ替えるみたいな運用ができません。

 

画質

GO3の解像度やフレームレート・ビットレートはGoProと比較するとワンランク低いです。

 

音質

音に関してもGoProにリードを許しています。

  • Go3はマイク穴が2つ(GoProは3つ)
  • Go3は外部マイク未対応(GoProは外部マイク対応)

 

GoProの特徴

メリット
  • 長時間撮影がしやすい
  • 高画質で撮れる
  • ハイフレームレート撮影に対応
  • 外部マイク対応
デメリット
  • アクセサリーの着脱
  • アプリが使いにくい

GoProを選ぶメリット

長時間撮影がしやすい

スペアバッテリーやSDカードを使える点でGO3と比較して長時間使うのに便利です。

ただし、高画質設定で撮ったり、高温の環境で使うと熱で止まってしまうことがあります。
GoProに限らず、長時間撮影時には適切な設定が重要です。

 

高画質で撮れる

10bitカラー対応の他、写真も高解像度で撮れます。

理想的な撮影条件で撮影する場合にはGoProのほうがキレイという意味です(暗所など条件によっては目に見える差がないこともあります)。

 

ハイフレームレート撮影

スローモーションを撮れます。

 

外部マイク使える

GoProなら音をしっかりと残したい時に外部マイクを使えます。

 

GoProを選ぶデメリット

アクセサリーの着脱

GoProはマウントシステムがアップデートされておらず、カメラ本体とアクセサリーを合体するのに時間がかかります。

サードパーティから出ているマグネット製品などもあったりしますが、GoPro自体がやや重いこともあり、GO3ほどの使いやすさはありません。

 

アプリが使いにくい

Insta360と比べるとGoProのアプリは貧弱です。
機能も最低限のものしかないので使う場面も限られます。

 

設定変更は背面スクリーンでのみ

GoProの前面にある小さなスクリーンはタッチ式ではないため、背面スクリーンでしかメニュー変更ができません。
これだと毎回カメラをひっくり返したり、回り込むことになり、手間がかかります。

GO3はフリップ式スクリーンがあるため、正面と背面、どちらからでも設定をいじれます。

 

やりたいことや状況によってもどっちがいいかは違います。
使うシーンをイメージして選んでみてください。

 

Insta360 GO3はこんな人にオススメ

  • 小さいカメラを求めている
  • 目立たずに使いたい
  • スペックの高い編集機材がない
  • Insta360の別モデルを使っている

 

小さいカメラを求めている

サブカメラとして小さいカメラを探しているようなケースだとGO3は便利です。

高解像度で撮りたいものはメインのカメラを使いつつ、逆にGO3はサイズ感や防水性といった特長を生かすことができれば2つのカメラが補完しあって活躍できます。

 

目立たずに使いたい

GO3で撮ると威圧感がないのでまわりの目を気にすることなく使えます。

 

スペックの高い編集機材がない

GoProは高画質で撮るとデータが重くなります。その分、編集作業に必要なPCやスマホもそれなりに良いものが必要になります。

逆にGO3なら画質がそこそこな分、データも軽く、編集環境もそれほど問われません。

 

既存のInsta360ユーザー

一般論としてメーカーを統一すると映像の色味などの観点で使い勝手が良いです。

Insta360の他のカメラを使っているならそれぞれのモデルの特徴を補完しあえるはずですし、すべてのモデルが同じアプリを使えるので運用もシンプルになります。

 

迷ってるならレンタルしてみるのもオススメ

Insta360 GO3を安くレンタルする方法

↑ひらく

 

GoProはこんな人にオススメ

  • リスクの高い撮影をする
  • 水中で使いたい
  • バッテリー交換で長時間稼働させたい
  • 高画質で撮りたい
  • スローモーションを撮りたい
  •  

 

ハイリスクな撮影をする

GoProのほうがデザイン的に丈夫なのと故障した時に保証が厚いことからリスクを伴う撮影には向いています。

故障時の対応

  • GoProの保証オプション:理由を問わず年2台
  • Insta360の保証オプション:年1回のみ

※保証オプションは年6,000円です。

 

水中で使いたい

防水性能はGoProのほうが高いです。

※GO3にも潜水ケースがあるため、NGというわけではありません。

 

バッテリー交換で長時間稼働させたい

GoProだと予備バッテリーとSDカードを持っていれば、ほぼ連続的に撮影できます。

GO3でも充電しながら撮影できますが、バッテリー寿命に影響するため、メーカー的には推奨していないようです。

 

高画質で撮りたい

GoProは4kや5.3K動画を撮れます。

 

スローモーションを撮りたい

GoProは4K@120fpsにも対応しています。

 

迷ってるならレンタルしてみるのもオススメ

GoPro HERO11 Blackを安くレンタルする方法

↑ひらく

 

最後に

今回はInsta360 GO3が出たタイミングに同価格帯で買えるGoProと比べてみました。

さて、Insta360 GO3はGO2を超えるようなヒット商品となるでしょうか?
それとも潜在顧客が他のカメラにも分散して思ったよりは伸び悩むでしょうか?

余計なお世話ですが、いちアクションカメラファンとしてはちょっと気になっています。

 

アンケート

あなたはどっち派ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...

KyL

一人行動派の30代男
日本とタイで二拠点生活中
月3回ペースでブログ更新

【仕事】
ITç³»

【好きなもの】
カメラ・エモいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-アクションカメラ
-,