当ブログにはプロモーションが含まれています

アクションカメラ

Insta360 X3のアクセサリー どれを買う?

Insta360 X3にアクセサリーを追加すると撮影体験が充実しますね。
1+1が2じゃなくて3とか4になるイメージです。

今回は豊富にある選択肢の中で僕がこれまでに試したものを紹介します。

この記事の対象者

  • Insta360 X3を購入済または購入予定
  • アクセサリーの追加を検討中

この記事でわかること

  • X3でVlog撮影する時に活躍するアクセサリー
  • 各アクセサリーの特徴+メリット・デメリット
  • あなたに必要かどうか

 

Insta360 X3 本体について

Insta360 X3本体は別の記事でレビューしています。

Insta360 X3を半年以上使ったレビュー|動画あり

Insta360 X3の購入から半年以上使ってきました。 買ったばっかのタイミングで使いこまずに記事にするのはなんか違うと思ったので、しばらく書いてませんでしたが、そろそろレビューしてみます。 (この ...

 

Insta360 X3のアクセサリーはどんなものがある?

公式サイトで販売中のアイテムだけでも以下のように豊富です。
下記以外にもサードパーティからジェネリックのアクセサリーが出ています。






  • 70cm見えない自撮り棒
  • 85cm見えない自撮り棒
  • 114cm見えない自撮り棒
  • 見えないアクション自撮り棒(1m)
  • 超長い自撮り棒(3m)
  • 充電式見えない自撮り棒(33~100cm)
  • 多機能自撮り棒
  • バレットタイムコード
  • バレットタイム撮影キット
  • モンキーテールマウント

  • 自転車用ヘッドセット・キャップ・マウント
  • 三人称視点自転車用テールマウント
  • ユニコーンヘルメットマウント (新)
  • 第三者視点自転車用ハンドルバーマウント
  • 車載用デュアル/トリプル吸盤マウント
  • ヘッドストラップ
  • チェストストラップ
  • ハンドマウントバンドル
  • POVマウスマウント
  • クイックリリースマウント
  • 三人称視点バックパックマウント
  • バックバー
  • スキーストックマウント
  • バイク用自撮り棒サポートクランプ
  • 自撮り棒リストストラップ
  • ヘルメットマウントバンドル
  • フレキシブル粘着マウント
  • 車載吸盤マウント
  • バックミラーマウント
  • ヘビーデューティークランプ
  • アウトドア三脚
  • X3 横型アクションマウント
  • X3 ウォータースポーツ用ロープマウント
  • マグネット式ネックホルダーマウント
  • バイク用U字ボルトマウント
  • 車載マウント
  • ヘルメット顎マウント
  • マグネット式自撮り棒ホルスター
  • X3 USB カバー
  • X3 レンズキャップ
  • X3 スクリーンプロテクター
  • X3 粘着式レンズガード
  • X3 万能フレーム
  • X3 潜水ケース
  • X3 見えない潜水ケース
  • X3/X2 収納ケース
  • 64GB メモリーカード
  • 128GB メモリーカード
  • 256GB メモリーカード
  • 512GB メモリーカード
  • 見えないマイクコールドシュー (RØDE Wireless GO 用)
  • X4/X3/X2 アクセサリーシュー
  • GPSアクション リモコン
  • X3 風防マイクカバー
  • X3 マイクアダプター
  • 振動ダンパー
  • X3 クイックリーダー
  • スキー撮影セット
  • 自転車撮影セット
  • バイク撮影セット
  • バイク用U字ボルトマウント
  • Type-C - Cケーブル
  • X3 バッテリー
  • X3 高速充電ハブ
  • X3/X2 Android 用転送ケーブル
  • X3 USB カバー
マーカーを引いたのは僕が実際に使ったアイテムです。
KyL

 

強化版超長い自撮り棒

最長3mの自撮り棒




伸ばすと3mになります。

Insta360で取り扱っている自撮り棒はほかにもいくつかバリエーションがありますが、この強化版は最長かつ丈夫なモデルです。

 

疑似ドローン(上空からの撮影)




高さを活かしてドローンのように上空から見下ろしたり、長さを使ってカメラを配置できないところから非日常的なショットを撮影できます。

通常のカメラとは違う視点からの映像は視聴者の目を引くアクセントになるはずです。

大人数を撮影する記念写真なんかにも使えますね。


 

よくある疑問

長さは調整できますか?

この自撮り棒は9段階の調整ができます。

微調整が考慮されていない類似品だと長くするか縮めておくかの2択ですが、強化版超長い自撮り棒については複数の長さで使えます。

 

フレームに映り込まずに使えますか?

使い方によっては棒が消えず映り込むこんでしまうことがあります。

これは3mの状態まで伸ばした状態で自撮り棒がしなった時にカメラの視野に入ってしまったようです。

ちょっと工夫が必要です。

一番短い状態まで畳んだ時も映り込んでました。

 

メリット&デメリット

  • 多段階の微調整が可能
  • ドローン禁止の場所でも使える
  • 重い
  • 長時間使うと腕が疲れる
  • 小さいカバンに入らない
  • 使っていると目立つ
  • 自撮り棒が映り込んでしまうことがある

 

どんな時に使えるか?

  • ドローン禁止区域でドローン風に撮る
  • モデルを撮る
  • 大人数での集合写真を撮影する

自撮り棒とはいうものの、常に持ち歩くというよりは映える場所や特別なタイミングで活躍するアクセサリーかと思います(本格的な映像作品の撮影など)。

普段使いの時はデメリットが大きいため、使うかわからない時は短いタイプのほうが使いやすいはずです。
KyL

 

バレットタイムコード

どんなアイテムか?

バレットタイム撮影に使う巻取り式のコードです。
巻き尺みたいになっています。
X本体とは1/4インチのネジで接続します。

 

バレットタイム撮影

頭上で360度カメラを回すことで特殊効果が得られます。

 

よくある疑問

「バレットタイムハンドル」と「バレットタイムコード」の違いはなんですか?

バレットタイムハンドルは自撮り棒を取り付けて使います。
ハンドルによってグリップしやすくなることや安定感がメリットです。

反面、ハンドル部分がけっこう映り込んでしまうので美しくないと感じる人もいるかと思います。
その点をどう考えるかですね。

バレットタイムコードは巻取り式のデザインで、持つ部分が小さいため映り込みは少ないでしょう。
また持ち歩きにも便利です。

その代わり、コントロールが少し難しいかもしれないですね。
こどもが使ったりするとカメラを思いっきり地面に打ち付けて故障しそうで怖いです。

 

コードの長さは調整できますか?

コードはギリギリまで伸ばすか収納するかの2択です。
中途半端な位置で使いはじめることも可能ですが、遠心力が働くので意図した結果が得られるかどうかはわかりません。

 

メリット&デメリット

  • バレットタイム撮影が可能になる
  • ハンドル部分が映り込まない
  • ポケットサイズ
  • 使う場面が限定的
  • 撮影時にリスクを伴う

どんな人向けか?

  • バレットタイム撮影に挑戦したい
  • ハンドル部分が極力映らないように使いたい
個人的には何回か使ったら使わなくなりました
KyL

 

見えないマイクコールドシュー (RØDE Wireless GO用)

どんなアイテムか?

RØDEから発売されているワイヤレスマイク「RØDE Wireless GOシリーズ」をX3で使うためのパーツです。

ちなみにInsta360 ONE X2でも使えます。

 

本体とワイヤレスマイクを接続

これを使えばRØDE Wireless GOがいい感じにカメラの視界から消えて写り込まないように設置できます。

このように自撮り棒と本体の隙間に挟みこんで使います。
なお、外部マイクを使うにはもう一つのアイテム「マイクアダプター」が必要です。

 

マイクアダプター

どんなアイテムか?

コールドシューとセットで使うアイテムです。

 

外部マイクを認識

外部マイクを使うと本体マイクよりもクリアな音声を残すことができます。

 

よくある疑問

外部マイクを使うには何が必要ですか?

最低限、以下のアクセサリーを揃える必要があります。

ちなみにDJIマイクなども対応していますが、選ぶべきマイクコールドシューはによって異なります。
マイクシューとマイクの対応状況は注意して確認しましょう。

(互換性のあるマイクとご完成のないマイクがあります。)

 

マイクが認識できているか確認できますか?

外部マイクのマークが表示され、オーティオレベル(音量)が可視化されるのでわかるかと思います。

 

メリット&デメリット

  • 音声をしっかり収録できる
  • 360度動画でもマイクは写り込まない
  • X3に接続時は非防水

 

どんな人向けか?

  • 本体マイクの性能で満足できない
  • 喋りながら360度撮影をする
外部マイクで撮ると車の通りが激しい道路や風が強い時にも音声がかき消されないので便利です。
KyL

 

クイックリーダー

どんなアイテムか?

シンプルに言うと外付けストレージ&カードリーダーとして使えるアイテムです。

マイクロSDカードを入れて使います。

 

X3の外付けストレージ

この状態で撮影したデータはクイックリーダーのSDカードに保存されます。

 

編集デバイスのカードリーダー

クリックリーダーのSDカードに保存されたデータをモバイル端末で読み込んでいるところです。

 

よくある疑問

WiFi接続でも良くないですか?

スマホにWiFi接続をして読み込もうと思っても環境などによっては繋がらない時があります。
クイックリーダーを使うとそういった煩わしさがありません。

クイックリーダーとモバイル(スマホやタブレット)の直接接続によって瞬時に編集をはじめることができます。

 

すべてのスマホで使えますか?

appleの製品だとほぼ使えますが、android端末のスマホだと対応してないものもあります。

iPhone 15シリーズや最近ユーザーが増えているPixelシリーズには対応していないので注意
KyL

僕が使ってるスマホはiPhone 15 ProとPixel5なので見事に使えません。
KyL

 

外部マイクを使いながらクイックリーダーを使えますか?

X3の本体にあるUSB-Cポートは一つなので、クイックリーダーを使っている時は他の用途で使えません。

外部マイクを使う時は、X3の本体にSDカードを入れて通常通りに使うことになります。

 

メリット&デメリット

  • X3の電源オフでもデータ移動できる
  • バッテリー消費を抑えられる
  • X3本体にクリックリーダー接続中は他のアクセサリーが使えない
  • X3に接続時は非防水
  • スマホケースを使っている人はスマホ接続時にケースを外す手間が発生する
  • 対応していないスマホがある

 

どんな人向けか?

  • スマホやタブレットで編集する人(主にiPhone・iPadユーザー)
  • カードリーダーを持ってない人
  • 外部マイクを使わない人
  • 転送や接続の時間を省きたい

 

レンズキャップ

どんなアイテムか?

収納時にレンズを保護するカバーです。

レンズを裸のままポケットやバッグに入れると傷やホコリが付き、映像が使えなくなることからマストアイテムの一つと言えるでしょう。

キャップを付けたままでデータ確認や設定変更ができるのがカメラ全体を包むポーチとの大きな違いです。

 

よくある疑問

粘着式レンズガードとどっちがいいですか?

X3のレンズガードはホコリや傷を防ぐために本体に直接貼り付けて使います。
画質低下の可能性があり、水中で使用できない点を考慮すると使う人を選ぶでしょう。

レンズ保護用のアクセサリーは何種類かありますが、レンズキャップは汎用性が高く、一番使いやすいです。

 

メリット&デメリット

  • すばやい着脱が可能
  • キャップを付けた状態でもボタン操作や充電・データ移動・データ確認ができる
  • 特になし

基本的にメリットしかありません。

 

どんな人向けか?

  • X3ユーザー全員
レンズの傷やヒビ割れなどで後悔しないようレンズキャップは必ず使ってください。
KyL

 

公式サイト以外で見つけたオススメ

Insta360の純正アクセサリーはよくできているので基本的には公式サイトで買うようにしてますが、「ちょっと高いな」と思ったタイミングでサードパーティ製も探してみたところ、値段とクオリティのバランスがいい感じのジェネリック品(代替品)を発見したので紹介しておきますね。

Ulanziはカメラアクセサリー界ではすでに知名度のあるブランドです。
僕自身、いくつか愛用してますが、クオリティは高いので安心してください。

 

Ulanzi 自撮り棒

Ulanzi(公式サイト)

Ulanzi 3-In-1 クイックリリースアダプター

Ulanzi(公式サイト)

Ulanzi Ulanzi バイク/オートバイ ハンドルバー クランプ マウント

Ulanzi(公式サイト)

Ulanzi Ulanzi Insta360 ONE X3 専用 カメラケージ

Ulanzi(公式サイト)

 

最後に

必要なアクセサリーを補強するだけでも撮影体験は充実します。
気になったものがあればぜひ取り入れてみてください。

KyL

一人行動派
日本とタイで二拠点生活中
月3回ペースでブログ更新

【仕事】
ITç³»

【好きなもの】
カメラ・エモいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-アクションカメラ
-