当ブログにはプロモーションが含まれています

アクションカメラ

GoPro HERO 12 vs OSMO POCKET3 どっちを選ぶ?

今、小さいカメラを探している人が家電量販店に行くと、GoProやDJIのPocketシリーズは必ず目にするはずです。
(人気があるのでだいたいどこでも扱っています。)

実は特徴とか向いているシーンが全然違うんですが、初心者だとその辺はわかりにくい部分だと思いますので、比較してみます。
買ってから後悔しないように軽く予習してみてください。

初心者目線で難しい用語をあまり使わずに書きます。
KyL

 

今回、比較するカメラ

GoPro HERO12

タフに使えるアクション向きのシリーズです。

  • タフさ
  • 高い防水性
  • 超広角撮影
  • 直感的に使いやすい
  • 暗所性能
  • 音声収録性能

 

OSMO Pocket3

物理ジンバルを搭載したvlog向きのシリーズです。

  • 3軸ジンバル(物理ジンバル)による強力な手ぶれ補正
  • 高画質(1インチセンサー)
  • フェイストラッキングや背景ボケ
  • 優れた暗所性能
  • 音声収録
  • 水に弱い
  • 故障リスク
  • 学習コスト

 

OSMO Pocket3 vs OSMO Action4 比較表

GoPro HERO12OSMO Pocket3
発売時期2023年9月2023年10月
タイプアクションカメラジンバルカメラ
①デザイン面本体重量154g179g
本体サイズ71.8 × 50.8 × 33.6 mm139.7 × 42.2 × 33.5 mm
スクリーンサイズ前:1.4インチ
後:2.27インチ
2インチ
ストレージ最大1TB最大512GB
バッテリー容量1720mAh1300mAh
最長撮影時間|設定150分以上|1080p@30fps166分|1080p@24fps
予備バッテリー
急速充電
防水性能10メートル防水なし
動作温度-10°C〜35°C0℃ ~ 40℃
②映像面センサーサイズ1/1.9インチ1
レンズf2.5f2.0
ISO100-6400100-6400
解像度@最大フレームレート5.3K@60fps
4K@120fps
4Kï¼ 60fps
最大ビットレート120Mbps130Mbps
画角|35mm換算HyperView|12mm
SuperView|16mm
広角|16~34mm
リニア |19~39mm
リニア+水平ロック/水平維持|19~33mm
広角|15mm※
標準|20mm

※広角レンズ使用時
アスペクト比16:9
4:3
8:7
16:9
最大FOVMax HyperView
177°
※別売アクセサリーが必要
オートフォーカスActiveTrack 6.0
背景ボケ
暗所性能普通良い
カラーナチュラル
ビビッド
フラット
標準
D-Log M
HLG
10bitカラー
手ブレ補正オフ
HyperSooth6.0 オン
HyperSooth6.0 ブースト
水平維持
水平ロック
3軸ジンバル補正
マイク数33
ワイヤレスマイク
価格本体のみ62,800円74,800円

デザイン的な部分と画質に関わる部分に分けて表を作成しました。
マーカー部分は比較した時にアドバンテージとなっている箇所を意味しています。

ここからはいくつかの項目で比較し、その後にそれぞれのカメラに向いているパターンをまとめます。

 

①デザイン面の比較

GoProは横長でPocket3は縦長。「アクションカメラ」と「ジンバルカメラ」という別タイプのカメラなのでデザイン的にはかなり違っています。

タフさ

GoProは多少乱暴に扱っても壊れないタフさと防水性能を備えており、様々なシーンで活躍できます。

Pocket3はジンバル(手ブレ軽減のための精密機器)がついているので丁寧な取り扱いが必要です。
ラフに扱うと故障する可能性あり(非防水)。

 

撮影スタイル

GoProは自撮り棒やミニ三脚に取り付けて使う他、乗り物にマウントして使うことも多いカメラです。
しばらく形も大きく変化していないことから使えるアクセサリーも豊富です。

撮影方法もシンプルに録画ボタンを押すだけなので、はじめてでも直感的に使いやすいです。

Pocket3付属のケースが良くできており、マイクや広角レンズのような付属アクセサリーをコンパクトに収納してポケットに入れられます。
基本的には手で持って使うことが多くなるでしょう。

メニューシステムなどのUIは洗練されているので使いやすいですが、ジンバルを意図したように操作できるようになるまでには学習コストがかかるかもしれません。

 

バッテリー

1日中使うとなるとバッテリーの心配がありますが、幸いどちらのカメラも予備バッテリーで運用ができるので大きな問題はないでしょう。

GoProのバッテリーは比較的安いため、複数買いして運用するスタイルがオススメです。Pocket3は予備バッテリーがやや高価なので複数持つのには不向きですが、急速充電できる(16分で、80%まで充電)点はGoProより便利です。
KyL

 

②映像面の比較

画質

Pocket3はGoPro HERO12よりも大きな1インチセンサーを搭載しており、ダイナミックレンジやフォーカス性能に大きな違いをもたらしています。

ダイナミックレンジ(表現できる明るさの幅)

大きなセンサーは小さなセンサーよりも多くの光を受け取ります。
なので、Pocket3のほうがダイナミックレンジが広く、白飛びや黒つぶれに強いです。

特に暗所で撮影した時のノイズの少なさは他の同価格帯のカメラと比較しても優秀です。

 

フォーカス性能

Pocket3は被写体に焦点を合わせることができるため、トラッキングや背景ボケを実現できます。
人物や商品などフォーカスすれば、被写体を際立たせたり、奥行きを与えたり、雰囲気をつくるために活躍します。

 

カラー

両カメラともオートの他、10bitカラーとLog撮影に対応しており、編集時、色味を柔軟に変更することができます。

 

画角

GoPro HERO12はPocket3よりも広範囲を撮ることができます。
 

アスペクト比(縦横比)

どちらのカメラとも横動画と縦動画に対応しています。
ただし、OSMO Pocket3は撮影の時点で縦横を決めておく必要があるのに対して、GoProは撮影後に縦横を選べます。

(GoProだとアスペクト比8:7を選べるため、編集で縦動画として使うことも横動画として使うこともできるという意味)

 

手ブレ補正

GoProがカメラ本体内部で電子的に手ブレ補正するのに対して、Pocket3は3軸ジンバルで物理的に制御しています。
それぞれの方法に次のようなメリット・デメリットがあります。

電子手ブレ補正 vs ジンバル手ブレ補正

  • 電子手ブレ補正:低照度の環境でのパフォーマンス不安定だが、直感的に使える(ダイナミックな動きにも対応)
  • 物理ジンバル:様々な環境で安定するが、操作にテクニックが必要(急激な動きは苦手)

▲ GoProだとカメラが360度回転しても映像を水平に維持することができます。(引用:GoPro公式サイト)

 

音声収録

比較表上は違いがないですが、音質的にはOSMO Pocket3が圧倒的に高いです。

DJIはGoProよりも先にワイヤレスマイク接続に対応したこともあり、音声収録に関してのノウハウではリードしています。

 

GoPro HERO12に向いているパターン

アウトドアやスポーツで使いたい

スポーツやアクションシーンを撮るのにはやはり直感的に使えて丈夫なことが重要です。
また、アウトドア環境だとシチュエーション的に両手が塞がってたり、落としたりなどカメラにとって厳しい環境での使用も考えられます。

GoProはそういった状況下でも活躍できます。

 

雨の日や水の中でも使いたい

海や雨の中で使う予定がある人も防水性能の高いGoProを選んだほうがいいでしょう。

 

主に昼間に使う

GoProが最もパフォーマンスを発揮するのは自然光の出ている時間帯です。
(夜間や室内ではあまり活躍しません。)

 

迷ってるならレンタルもオススメ

GoPro HERO12 Blackを安くレンタルする方法

↑ひらく


 

OSMO Pocket3に向いているパターン

夜間も使いたい

GoProと比較して暗所でのパフォーマンスが優れています。

 

雰囲気重視

人物や商品の撮影時、背景ボケや美顔効果設定によって被写体が際立たせることができます。

 

トラッキング機能を使いたい

優れたトラッキング性能によって被写体が動いても追跡できます。

子どもや動物など予想外の動きをする被写体の撮影に使える他、自撮り時にカメラマン代わりになったりします。
KyL

 

音声もしっかり残したい

DJI純正の外部マイクによって簡単にクリアな音を残すことができます。

OSMO Pocket3はカメラ本体だけの購入ももちろん可能ですが、外部マイクがあると音声収録もしっかりできるため、マイクが含まれているコンボがおすすめです。
KyL

 

迷ってるならレンタルもオススメ

DJI Pocket3を安くレンタルする方法

↑ひらく

 

最後に

それぞれのカメラが活躍するシーンは次のように分類できます。

GoPro HERO12 ⇒ アウトドア,自然,水中,明るい時間帯
OSMO Pocket3 ⇒ 街,人,モノ,24時間

ぜひ、利用シーンをイメージした上で選んでみてください。

 

アンケート

あなたはどっち派ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...

KyL

一人行動派の30代男
日本とタイで二拠点生活中
月3回ペースでブログ更新

【仕事】
ITç³»

【好きなもの】
カメラ・エモいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-アクションカメラ
-,