当ブログにはプロモーションが含まれています

アクションカメラ

OSMO Pocket3 vs OSMO Action4 Vlogにどっちを選ぶ?

DJIの人気シリーズDJI OSMO Pocketの3代目が発売されましたね。

これからVlog用カメラを買う人にとっては2023年にリリースされた「OSMO Action4」も人気が高いため、どちらにするか迷ってしまうところかもしれません。

今回は2つを比較して、それぞれどんなシーンや使い方に向いているかをまとめます。

 

今回、比較するカメラ

OSMO Pocket3

物理ジンバルを搭載したvlog向きのシリーズです。

OSMO Pocket3の主な特長

  • 3軸ジンバル(物理ジンバル)による手ぶれ補正
  • 1インチセンサー搭載
  • フェイストラッキングや背景ボケ
  • 優れた暗所性能

 

OSMO Action4

タフに使えるアクション向きのシリーズです。

OSMO Action4の主な特長

  • デュアルタッチスクリーン
  • 電子手ぶれ補正
  • 高い防水性
  • 高性能バッテリー(長時間・耐寒)
  • マグネットクイックリリースシステム

 

OSMO Pocket3 vs OSMO Action4 比較表

OSMO Pocket3OSMO Action4
発売時期2023年10月2023年8月
タイプジンバルカメラアクションカメラ
①デザイン面本体重量179g145g
本体サイズ139.7 × 42.2 × 33.5 mm70.5 × 44.2 × 32.8 mm
スクリーンサイズ2インチ前:1.4インチ
後:2.25インチ
ストレージ最大512GB最大512GB
バッテリー容量1300mAh1770mAh
撮影時間|設定最長166分|1080p@24fps最大160分|1080p@24fps
予備バッテリー
急速充電
マグネットクイックリリース
防水性能なし18メートル防水
動作温度0℃ ~ 40℃-20℃ ~ 45℃
②映像面センサーサイズ11/1.3
レンズf2.0f2.8
ISO100-6400100-12800
解像度@最大フレームレート4K@60fps4K@120fps
最大ビットレート130Mbps130Mbps
画角|35mm換算広角|15mm※
標準|20mm

※広角レンズ使用時
超広角|11mm
広角|12mm
標準|15mm
オートフォーカスActiveTrack 6.0
背景ボケ
低照度撮影モード
暗所性能良い普通
カラー標準
D-Log M
HLG
ノーマル
D-Log M
10bitカラー
手ブレ補正3軸ジンバル補正
無効
RockSteady 3.0
RockSteady 3.0+
HorizonBalancing
HorizonSteady
マイク数33
ワイヤレスマイク
価格本体のみ74,800円58,300円
コンボ96,800円95,700円
保険1年4,730円
2年7,700円
1年3,520円
2年5,280円

デザイン的な部分と画質に関わる部分に分けて表を作成しました。
マーカー部分は比較した時にアドバンテージとなっている箇所を意味しています。

まずはそれぞれのカメラの得意と苦手をピックアップして、最後にそれぞれのカメラに向いているパターンをまとめます。

 

①デザイン面(サイズ感、タフネス)の比較

OSMO Pocket3の強み

ポータビリティ

Pocket3はその名の通り、ポケットに入りやすい縦長デザインが特徴。
最低限、必要なアクセサリーがケースにコンパクトに収納できるので持ちだしやすさは圧倒的です。

また、持ち手部分を持つことになり実際はかなり小さく見えます。
目立たないため、撮影時、周りへの警戒感を与えることも少ないです。

 

OSMO Pocket3の弱点

操作性

Pocket3の物理ジンバルを使いこなすには案外テクニックが必要です。
Action4と比較すると直感的に操作できないため、難しく感じる人もいるかもしれません。

 

使えるシーン・ロケーション

Pocket3のジンバルは精密機器なので丁寧に扱わないといけません。
防水機能がないため、水に弱く、雨も弱点です。

汚れても洗ったりできないので撮影場所は限られます。

なのでAction4よりもPocket3のほうがDJI Care(保険)の費用が高くなっています。

Pocket3は壊れる前提で使うのに対して、Action4は壊れない前提で使えるのがいいですね。極点な話、いったんテーブルとかに置いたりするときも気をつかいます。
KyL

 

OSMO Action4の強み

防水・耐寒性能・衝撃耐性

OSMO Action4は防水性・防寒性を備えているので、様々なシーン(海や川、雪や雨天時)で安心して使えます。
落としたり、汚れたりしても壊れにくく、活躍できる場所が多いです。
レンズカバーを交換できるため、傷や破損のトラブルも自力で解決できます(DJI Pocket3なら工場修理が必要)。

 

直感的な操作性

OSMO Action4のような電子手ブレ補正式のアクションカメラはジンバルカメラよりも直感的に操作できます。
例えば、Pocket3だとカメラの向きを変える時、ジョイスティック部分をすばやく3回プッシュするんですが、Action4だとカメラを被写体に向けるだけなのでシンプルです。

デュアルタッチスクリーンもサイズ的に操作がしやすいですし、素早く使えるので撮り逃すことも少ないはずです。

 

マウント性能

本体にマグネットが内蔵されており、金属の壁や柱などにくっつくほか、マグネットクイックリリースシステムによって様々な場所に瞬時にマウントできます。

横長デザインなので平らな部分に置きやすいのもメリットと言えばメリットです。

 

OSMO Action4の弱点

とくになし

デザイン的な弱点は特にないですが、あえて言えば、Action4は本体プラス自撮り棒(三脚)などもある分、ポケットに入れて持ち運んだりするなら大変かもしれないです。

 

②映像面の比較

OSMO Pocket3の強み

物理ジンバルによる手ブレ補正

OSMO Action4が電子的に手ブレ補正するのに対して、DJI Pocket3は物理的に制御しています(3軸メカニカルスタビライザー)。
OSMO Action4を手持ちするよりも安定感があり、暗所での撮影時に有利です。

やはり物理ジンバルじゃないと撮れないような映像もありますね。
KyL

 

1インチセンサー&明るいレンズ

センサーサイズやレンズがOSMO Action4にはできない撮影を可能にします。

  • 暗所でのノイズ軽減
  • 背景ボケ

など

具体的に言えば、ダイナミックレンジが広いこと、暗い場所でもノイズが少なくて明るく撮れることなど。

 

ActiveTrack 6.0やフェイストラッキング、製品紹介モード

高いオートフォーカス性能によって被写体をロックオン。
被写体が動いても追いかけてフレーム内に収めることができます。

Pocket3からはフェイストラッキングで人物にフォーカスするモードだけでなく、フォーカス対象を製品にできる製品紹介モードが搭載されたことも強みです。
しかもフォーカス速度は高速です。

 

ナチュラルな写りを求める人にはPocket3が理想的です。
KyL

 

OSMO Pocket3の弱点

画角が狭い

Pocket3はAction4と比較すると広範囲を収めるのには向きません。

画角(カバー範囲)

  • DJI OSMO Pocket3:標準,広角
  • OSMO Action4:標準,広角,超広角
縦撮影時はMaxで3K

Pocket3は縦動画で4Kが使えません。

縦撮影時の最大解像度

  • DJI OSMO Pocket3:3K
  • OSMO Action4:4K
通常の横向き動画を撮るなら申し分ないですが、縦動画の時は画角と解像度の点でやや物足りなく感じるかもしれないですね。
KyL

 

OSMO Action4の強み

超広角&狭角での撮影

Pocket3と比較してより広い画角で撮れるため、ダイナミックな映像になります。

人物とロケーションを同時に見せたい場面でも、背景が人物で隠れてしまうことなく両方をフレームに収めることができます。

 

OSMO Action4の弱点

暗所でのパフォーマンス

Action4はセンサーサイズがアップして暗所に強くなったと言われますが、あくまでも電子手ブレ補正型のアクションカメラの中では優れているという意味です。

電子手ブレ補正では映像とジャイロデータをカメラ内のソフトウェアで処理していますが、暗所では各フレームの質が落ちてしまうので結果としてPocket3のように明るいレンズ×物理ジンバルのモデルと比較すると見劣りします。

 

オートフォーカス・トラッキング

画面全体にフォーカスがあうタイプのカメラなので、被写体をトラッキングしたり、背景ボケのある映像は撮れません。

 

OSMO Pocket3に向いているパターン

  • ポータビリティ
  • 暗所性能
  • ActiveTrack 6.0
  • フェイストラッキング
  • 壊れやすさ
  • 使えるシーン・ロケーション
  • 画角

 

①被写体を撮影する

アクションの瞬間を収めるというよりは被写体(人物・モノ)を撮るのに適したカメラです。

ジンバルカメラならではの映像

OSMO Action4の手ブレ補正は優秀ですが、ジンバルがないとどうしても撮れないタイプの映像もあります(パンやチルトといったカメラワークが必要なタイプの映像という意味です)。

映画やPV・CM等の映像ではジンバルが使われているケースが多いです。

美しい映像

1インチの解像感、色調、ボケ感、美肌補正などは他のアクションカメラにはない魅力です。

 

夜間にも撮れる暗所性能

f1.8レンズとジンバルによって夜間でもノイズが少なくきれいに撮れるので、暗くなった後の時間帯にも使いたいならAction4よりも適しています。

 

②日常的に使う

サイズ感的にも片手で撮影できるので特に街歩きとか使っても目立ちません。
日帰りのドライブや近所の散歩、繁華街で使うのには最適です。

 

手ぶらで出かけることもできる

Pocket3なら必要なものをコンパクトに収めて持ち運びできます(持ち手,マイクなど)。

ケースに入れた時、ギリギリポケットに入るくらいにまとまります。
手ぶらで撮りに行くことが可能です。

 

迷ってるならレンタルもオススメ

DJI Pocket3を安くレンタルする方法

↑ひらく

 

OSMO Action4に向いているパターン

  • タフさ(防水性・耐寒性・衝撃耐性)
  • 直感的に使える
  • フレキシブルなマウント性能
  • 画角の広さ
  • 暗所でのパフォーマンス

 

①アクションを撮る

Pocket3とは逆に被写体(人物・モノ)を撮るためというよりも、やり直しのきかないような場面で一発で確実に残すのに適したデザインです。
フォーカスやトラッキング機能がないことからもそれは明らかですね。

 

②様々な環境で動画を撮る

激しく動き回って落としても壊れにくく、海や川、雪山、砂漠のようにタフな環境での使用にも十分耐えるので普通のカメラやスマホを使えないシーンで活躍します。

汎用性の高さや撮影可能なロケーションやシーンの豊富さで言えば、OSMO Action4のほうが有利です。
(日常はもちろん、海外旅行からアウトドア活動まで幅広くカバーできます。)

 

③昼間の撮影がメイン

OSMO Action4のパフォーマンスが最大限に発揮できるのは日が出ている時間帯(朝日が昇ってから日が暮れるまで)です。

 

迷ってるならレンタルもオススメ

OSMO Action4を安くレンタルする方法

↑ひらく


 

最後に

大雑把に言えば、

街で使う⇒Pocket3
アウトドアで使う⇒Action4

です。

どちらもVlogで活躍します。
あとは各モデルの特徴をしっかりと把握し、利用シーンをイメージした上で選んでみてください。

役割が違うので余裕のある人は2つとも買ってもいいと思いますよ 笑
KyL

ちなみにカメラ本体だけでももちろん購入可能ですが、Vlogは外部マイクがあると音声の収録もしっかりできるため、マイクが含まれているコンボがおすすめです。

 

アンケート

あなたはどっち派ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...

KyL

一人行動派の30代男
日本とタイで二拠点生活中
月3回ペースでブログ更新

【仕事】
ITç³»

【好きなもの】
カメラ・エモいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-アクションカメラ
-