Life is Easy👌

もっとはやく知りたかった...

動画編集

動画編集ソフトの比較|僕がファイナルカットプロだけを愛用している理由

動画編集を始めてしばらく経つと「結局はプロ用のものがいいんだな」と気付きます。

無料だとやりたいことができなくてやむなく検討せざるをえなくなるという感じでしょうか?

とは言え、はじめてまともな動画編集ソフトを選ぶ段階だと「何が違うの?」「どれを使えばいいの?」とわからないことだらけだと思います。

今回は動画編集ソフトを比べつつ、各ソフトがどんな人に向いているのか?ちょっとまとめてみます。

(僕は動画に関しては完全にFinal Cut Pro派です。)

 

今回比較する動画編集ソフト

プロ用の動画編集ソフトを人気度(ユーザー人口)でランキング化するとTOP3はだいたい次のようになるはずです。

  1. Premier Pro(Adobe)
  2. FinalCutPro(Apple)
  3. DaVinci Resolve Studio(Blackmagic Design)

 

動画編集ソフトの比較表

あえて強引に分類するなら多分、こんな感じです。

  Premier Pro DaVinci Resolve StudioFinal Cut Pro
大雑把なイメージテレビ映画Vlog
1人作業
複数人作業対応

Windows

Mac

無料版 Premier Rush DaVinci ResolveiMovie
価格(税込)月額2,728円(個人版)一括44,980円一括36,800円

以上をもとに僕が独断と偏見で使い分けの基準を考えました。

 

Premier Pro

動画の方向性

頻繁にテロップやアニメーションが入るYouTuberっぽい(テレビっぽい)編集をしたい

 

想定されるユーザー

月額課金も許容できる
ビジネスで使う
頻繁に動画編集する
スペック高めのPCを持っている
チーム作業・コラボワークがある

 

他のAdobeソフトと連携して使うと動作が重くなるのでPCは高スペックのほうが望ましいです。また、動画編集を仕事にするつもりならPremier Proを使うのが無難かと思います。

 

DaVinci Resolve Studio

動画の方向性

色や音にこだわってプロフェッショナルな映像作品を作りたい

 

想定されるユーザー

無料で使える高機能の動画編集ソフトを探している
サクサク使いたい
チーム作業・コラボワークがある

 

FCP

動画の方向性

Vlog的なもの
Premier ProとDaVinci Resolveの中間のイメージ

 

想定されるユーザー

Macユーザー
月額課金は避けたい
無難な動画編集ソフトを探している
一人で作業する(ワンオペ)
効率性重視

 

動画編集ソフトはFCPだけを愛用している6つの理由

理由①作業環境・ライフスタイルに合っているから

僕自身、Apple信者ってわけではないんですが、好きで継続的に使っています。

そして、今使っている環境が割と快適なのと、大幅に変える手間を避けたいってのがFCPを使う1つ目の理由です。

(Windowsユーザーなら、今頃、DaVinci Resolveを使っていると思います。)

ちなみにWindowsも使っていたこともあるので、何の問題もなく普通に使えますし、スマホはAndroid派です。

 

理由②Premiere Proよりもコスパがいい

続いては固定費的な問題です。

Premier Pro を使うとなるとサブスクしかないわけですが、意外といい値段します(単体で使うと月額2,480円)。

年間約3万円ですね。

更にサクサク動かそうと思ったら、もっとパワフルな作業環境がいるのでPCのスペックを上げることも検討する必要があります。

Premiere Proは頻繁にクラッシュすることで悪名高いソフトウェアです。

 

一方、FCPは36,800円の買い切りです。

1回払えばずっと使えます。

長く使えば使うほど元がとれるということです。

その割に頻繁にアップデートされてますし、Apple純正なので当然、Apple製品との相性も良く、買い換えずに使っていけます。

だから、コスパやお得感で言えばFCPだと感じます。

 

理由③DaVinci Resolve Studioとは方向性が違う

DaVinci Resolve(無料版)を使えば、FCPにかなり近い割にタダなのである意味FCPよりもコスパがいいです(DaVinci Resolve Studioは有料版です)。

なので「コスパっていうなら、DaVinci Resolveを使ったほうがいいんじゃないの?」と言われてしまいそうですが、一言で表すと僕が作る動画がDaVinci Resolveっぽくないからということになります。

DaVinci Resolveに向いている動画は簡単に言うと映画業界っぽいものです。

色の表現や映像美、サウンドデザインにこだわったり、複数人で作業するならDaVinci Resolveなんですが、いまのところは違うかなと考えています。

それから有料で売られているテンプレートやプラグインがPremiere ProやFCPよりもやや少ないです。

FCP vs DaVinci Resolve どっちで動画編集する?

動画編集を始めるにあたって悩むのが編集ソフトです。 最初からすべてを把握できるわけじゃないので難しいんですよね。 結局、多くの人はわからないから勢いだけで選びがちですが、よくよく考えるとはじめての動画 ...

 

理由④FCPでできることに限界を感じたことがない

情報量でいけばPremiere Proかもしれないですが、FCPも情報量はかなり多いので大体ググれば解決します。

(ちなみに日本語で見れるチュートリアルはけっこう限られているので僕は英語で情報収集してます。)

FCPはPremiere Proと同じくらい豊富にプラグインが販売されており、やりたいと思ったことはだいたいお金で解決できます。

イケてる動画をアップしてる海外のYouTuber(動画クリエイター)もかなりFCP派が多いですよ。

 

FCPを使いこなしているユーザー


 

理由⑤FCP用のテンプレートとプラグインを買っちゃってるから

すでに数万円分はテンプレートやプラグインを持っていますが、それらはすべてFCPにしか対応してません。

ほかのに動画ソフトに移行するとプラグインを買い直す費用がかかるし、そもそも同じものが存在しない可能性があるのです。

 

理由⑥趣味で使っているから

動画編集で稼ごうと思ったらPremiere ProもDaVinci Resolveも使えるにこしたことはないかもしれません。

クライアントから編集ソフトを指定されて使えないと受注できない仕事も出てくると思うからです。

仕事だと複数人で一つのプロジェクトを編集することもあるんですよね。

ですが、僕は動画編集を受注するつもりはなく、一人でやっていくつもりなのでわざわざ覚えなくてもいいと思っています。

 

最後に

ということで僕はFCPを使っています。

なお、画像編集ソフトに関してはAdobeが圧倒的だと思ってましてフォトプランをサブスクで契約しています。

Adobeのフォトプランで何ができる?

最近の写真加工アプリは優れたものが多いとは言え、個人的にはAdobeのフォトプランが外せないと思っています。 多分、あなたが写真編集や加工に興味があるなら一度は聞いたことがあるでしょう。 存在自体は知 ...

KyL

一人行動派の30代男です
最近は海外移住に向けて準備中
このブログは月2回ペースでのんびり更新

【好きなもの】
大都会 ・エモいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-動画編集
-

Copyright© Life is Easy👌 , 2022 All Rights Reserved.