当ブログにはプロモーションが含まれています

VPN

Nord VPN vs Millen VPN どっちを選ぶ?

「有料VPN オススメ」「VPN ランキング」などで調べるとよく見かける常連のVPNがあります。

「NordVPN」や「MillenVPN」なんかはまさにその典型で高く評価されているということですが、どんな違いがあるのでしょうか?

比較してそれぞれのVPNがどんな人に向いているのかをまとめます。

僕は現在NordVPNのユーザーです。
KyL

 

今回比較するVPN

Nord VPN

メリット
  • サーバー台数が多い
  • 日本語サポートあり
  • 対応OSやデバイスが豊富
  • androidユーザーのみ7日無料体験あり
デメリット
  • 特にないが若干日本語表示がおかしい

NordVPN (公式サイト)

 

Millen VPN

メリット
  • 日本企業が運営
  • 銀行振込対応
  • 同時接続台数が多い
  • 日本語サポートあり
  • 月額プランが低料金
  • 最短7日のワンタイムプランあり
デメリット
  • 設置国数がやや少ない
  • サーバー台数がやや少ない

MillenVPN (公式サイト)

 

Nord VPN vs Millen VPN 比較表

①スケールサーバー台数5800台以上1300台以上
日本の設置台数130台以上
設置国60ヶ国53ヶ国
②プラン長期1年プラン
2年プラン
1年プラン
2年プラン
短期1ヶ月プラン30日プラン
超短期7日間無料トライアル
※androidユーザー限定
7日プラン
15日プラン
③支払い方法クレジットカード
PayPal
キャッシュレス
暗号通貨
クレジットカード
PayPal
銀行振込
④接続デバイス同時接続台数610
種類豊富普通
ルーターへのインストール対応未対応
⑤通信&セキュリティVPNプロトコルIKEv2/IPsec
OpenVPN
WireGuardⓇ(NordLynx)
IKEv2/IPsec
OpenVPN
WireGuardⓇ
暗号化アルゴリズムAES256AES256
ノーログポリシー
⑥動画サイト対応状況

違いなし

⑦カスタマーサポート運営会社海外日本
スタッフ外国人中心日本人中心
日本語対応
チャットサポート
メールサポート
電話サポート
⑧その他返金保証30日30日

対象は2年プラン&1年プラン
自動更新システムデフォルト
オン
デフォルト
オン
解約手続きは管理画面上で完結できるか?YESYES

マーカーの部分は差が見られた部分です。

 

①スケール

規模はNordVPNが大きい

NordVPNはユーザーが世界的にいるのでインフラ的には充実しています。
サーバー設置台数に大きな開きがありますし、設置国の豊富さでも上回っており、規模感ならNordと言えるでしょう。
日本人にはほとんど馴染みがないマイナーな国も押さえています。

MillenVPNは日本のドメスティックなサービスということでユーザーの大半が日本人(日本語が分かる人)に集中していることを考えると、様々の国のユーザーを抱えるNordVPNを規模で上回るのは難しいと考えられます。

NordVPNMillenVPN
アジア9
🇯🇵🇰🇷🇹🇼🇭🇰🇸🇬🇲🇾🇻🇳🇮🇩🇹🇭
7
🇯🇵🇰🇷🇹🇼🇭🇰🇸🇬🇲🇾🇮🇳
中東2
🇮🇱🇦🇪
2
🇮🇱🇦🇪
北米3
🇺🇸🇨🇦🇲🇽
3
🇺🇸🇨🇦🇲🇽
南米5
🇧🇷🇦🇷🇨🇱🇨🇴🇨🇷
6
🇧🇷🇦🇷🇨🇱🇨🇴🇵🇪🇨🇷
ヨーロッパ38
🇮🇸🇮🇪🇦🇱🇬🇧🇮🇹🇪🇪🇦🇹🇳🇱🇬🇷🇭🇷
🇨🇭🇸🇪🇪🇸🇫🇷🇸🇰🇸🇮🇷🇸🇨🇿🇩🇰🇩🇪
🇳🇴🇫🇮🇭🇺🇧🇬🇧🇪🇵🇱🇵🇹🇲🇩🇱🇻🇱🇺
🇷🇴🇹🇷🇺🇦🇨🇾🇧🇦🇬🇪🇲🇰🇱🇹
32
🇮🇸🇮🇪🇦🇱🇬🇧🇮🇹🇪🇪🇦🇹🇳🇱🇬🇷🇭🇷
🇨🇭🇸🇪🇪🇸🇫🇷🇸🇰🇸🇮🇷🇸🇨🇿🇩🇰🇩🇪
🇳🇴🇫🇮🇭🇺🇧🇬🇧🇪🇵🇱🇵🇹🇲🇩🇱🇻🇱🇺
🇷🇴🇹🇷
オセアニア2
🇦🇺🇳🇿
2
🇦🇺🇳🇿
アフリカ1
🇿🇦
1
🇿🇦
サーバー設置国一覧はこちら サーバー設置国一覧はこちら

※2023年8月調査時点

NordVPNのサーバーは設置しているが、MillenVPNがサーバーを設置していない国

アジア


タイ / インドネシア / ベトナム

ヨーロッパ


ウクライナ / キプロス / ボスニア・ヘルツェゴビナ / グルジア / 北マケドニア / リトアニア
MillenVPNのサーバーは設置しているが、NordVPNがサーバーを設置していない国

アジア


インド

南米


ペルー
どちらのサーバーも設置していない主な国
  • ロシア
  • 中国
  • 北朝鮮

 

ということでどの国のサーバーを使いたいかによっても違いますね。
だいたい次のように考えることができます。
KyL
  • タイ,インドネシア,ベトナム,ウクライナ,キプロス,ボスニア・ヘルツェゴビナ,グルジア,北マケドニア,リトアニアのサーバーを利用する ⇒ NordVPNのほうがよい
  • インドやペルーのサーバーを利用する ⇒ MillenVPNのほうがよい

 

②プラン

NordVPNMillenVPN
2年550円(スタンダードプラン)360円
670円(プラスプラン)
850円(コンプリートプラン)
1年710円(スタンダードプラン)540円
820円(プラスプラン)
990円(コンプリートプラン)
1ヶ月(30日)1,880円(スタンダードプラン)1,580円
2,000円(プラスプラン)
2,180円(コンプリートプラン)
15日980円
7日無料トライアル580円

NordVPNのスタンダードプラン≒MillenVPNのプラン

 

価格は全体的にMillenが安い

短期プランも長期プランも僅かながらMillenが安いです。
今後、円高になれば、逆転する可能性はありますが、コスパで考えるならMillenが強いです。

超短期プランはMillenのみ(7日or15日)

MillenVPNは海外渡航時の1~2週間のみVPNを使いたいというニーズに応えたプランがあります。
他のVPNも最短プランは1ヶ月というところが多いですから、MillenVPNの強みになってます。

NordVPNはandroidユーザー限定無料体験あり

GooglePlayストアの取り組みでNordVPNの無料トライアルがあり、androidユーザーは7日間無料で使うことができます。気に入らなかった場合は7日経過する前にキャンセルすることで課金を回避することができます。

ただし、NordVPNの公式ではこのプロモーションに関与していないため、GooglePlayストアに直接問い合わせる必要があります。
また、トライアルのキャンセルもGooglePlayストアから行う必要があるため、よく理解した上でご利用ください。
(お試しの際は普通に公式経由で申し込んで返金を受けるのも手です。)

NordVPNは各プランにオプションがある

MillenVPNは期間ごとのプランのみですが、NordVPNは期間ごとのプランが追加オプションによって分かれています。

内容

  • スタンダードプラン:標準的なVPN
  • プラスプラン:スタンダードプラン+パスワード管理アプリ
  • コンプリートプラン:スタンダードプラン+パスワード管理アプリ+1TBクラウドストレージ
プランと価格がシンプルなMillenVPNが魅力的に見えます。個人的にはNordVPNもスタンダードプランだけで十分だと思いますけどね。
KyL

 

③支払い方法

NordVPNMillenVPN
クレジットカードVisa
MasterCard
Amex
Discover
JCB
Diners Club
Union Pay
銀行振込
PayPal
キャッシュレスPayPay
Google Pay
LINE Pay
暗号通貨BTC
ETH
XRP

 

NordVPNは支払い方法が豊富

Nordはクレカやキャッシュレス、仮想通貨でも払うことができます。
メジャーな支払い手段が網羅されているので使いやすいでしょう。

 

MillenVPNは銀行振込に対応

MillenVPNは日本企業なので銀行振込できるのがポイントです。
クレカを持たない人にとっては助かるところになります。

キャッシュレスや仮想通貨で支払うならNordVPNが便利。銀行振込ならMillenVPNです。
KyL

 

④接続デバイス

MillenVPNはデバイス数が多いユーザーに有利

MillenVPNは10台のデバイスを同時接続できるのでNordよりも余裕のある運用ができ、場合によっては複数人で使えます。

個人利用ならNordVPNでも十分

NordVPNも6台同時接続できます。
PC・スマホ・タブレットで接続してもまだまだ余裕があるので1人で使う限りは問題を感じないでしょう。

さらにNordVPNはルーターにインストールすることもできるのでやろうと思えば台数制限なしで使うことができます。

NordVPNは対応するOSやデバイスが豊富

NordVPNはMillenVPNよりも様々な環境で動作します。
プレステやXbox・Nintendo Switchなどオンラインゲームで使う予定ならNordVPNを選ぶと良いでしょう。
あるいはFire TV stickやChromecastなどを使ってテレビに接続して視聴をする予定ならNordVPNがオススメです。

NordVPNMillenVPN
Windows
MacOS
Linux
Android
iOS
Chrome
Firefox
Edge
Android TV
Firestick
Xbox
Playstation
Nintendo Switch
Rasberry Pi
Chromebook
Chromecast
Kindle Fire
OculusQuest

 

台数や動作環境面を重視するなら、結論としてはNordVPNが優れています。
KyL

 

⑤通信・セキュリティ・プライバシー

通信時のプロトコルは同じ

通常利用において通信プロトコルを気にする場面はほとんどありませんが、速度やセキュリティレベルに応じて通信プロトコルを選択する場面も考えられます。(例えば、通信規制が厳しい特定の国から利用する場合など)

どちらのVPNも同じプロトコルが選べます。

 

使われている暗号化技術も同じ

両VPNでは同じアルゴリズムで暗号化が行われています(AES256)。
AES256で暗号化されたデータは理論上、スーパーコンピューターでも解読に何十億年もかかると言われています。

 

ノーログポリシー

どちらもノーログポリシーで運営されており、プライバシーは確保されます。

 

以上を踏まえると、通信の質はほぼ互角といったところでしょうか?どちらも安心して使えるレベルです。
KyL

 

⑥動画サイト対応状況

有名サイトに関しては同じ

日本国内で人気のVODを中心に、以下の動画サービスを調査しましたが、どちらのVPNでも視聴可能です。
ただし、日本のNetflixが見れないというツイートが増えています(2023年8月)。

NordVPNMillenVPN
Hulu
TVer
DMM.com
Abema TV
U-NEXT
FODプレミアム
WOWOW
music.jp
Telasa
JTBC
VideoMarket
Lemino
Netflix
Amazonプライムビデオ
DAZN
もしかしたら、上記では未調査の部分で違いがあるかもしれないですが、ほとんどは共通の結果になると考えて良さそうです。
KyL

 

⑦カスタマーサポート

サポート面(メールorチャット)ではMillenVPNが安心かも

両VPNともに日本語表示で使えるのでどちらを選んだとしても困ることはないでしょう。

ただ、トラブル時のコミュニケーションのことまで考えるとMillenVPNのように日本企業のサービスのほうが安心感は大きいかもしれません。

NordVPNもサポートは日本語対応となってますが、やはり海外企業なので基本スタッフは外国人。
翻訳ツールを通すことで日本語特有の細かなニュアンスが失われたり、そもそも文化的に全然違うので汲み取ってくれるかというと別問題です。
さらに法律も海外のものが適用されるため、やっかいです。

以上を踏まえるとサポート面での安心感はMillenVPNがややリードしてますね。
KyL

 

⑧その他

有名な会社や人気サービスでも案外、不誠実だったり、期待外れなことがあるので気が抜けません。
そういう隠れた落とし穴は注意深く情報を集めて回避するしかないですね。

例えば、「返金対応」「解約手続き」「契約自動更新」「ネット上の口コミ」などでもヤバそうな雰囲気はある程度見抜けますよね。

返金保証

両サービスとも30日以内であれば返金を受けられることとなっており、実際に返金を受けた口コミも複数ありました。

 

解約手続き

解約手続きの点で言えば両サービスとも管理画面で簡単にできます。
ネットで契約できるサービスの中には「解約方法がやたらややこしい」とか「解約しようとすると往生際が悪く引き伸ばしさせようとしてくる」なんてパターンもありますから、その点は両VPNともまともでした。

 

契約自動更新

両VPNとも契約終了時にこちらの意思を確認せずに自動更新されてしまうため、注意が必要です。
特に年間契約していると更新タイミングは忘れがちで痛い目に会います。

契約自動更新がデフォルトでオンになっているのでずっと使い続けるつもりがなければ、オフにしたほうがよいでしょう。

 

NordVPNで気になった評判

まだ、やりようによっては回避できますが、けっこう厳しくなっているようです。

 

MillenVPNで気になった評判

 

結論としてどちらも悪い会社ではないと思います。
KyL

 

NordVPNがおすすめ

  • オンラインゲームで使う
  • テレビに接続して視聴する
  • 支払い方法が自分に合っている
  • パスワード管理アプリやクラウドストレージを使いたい(上位プラン)
  • androidユーザーがお試しで無料体験する
  • 以下の国にVPN接続する

(タイ,インドネシア,ベトナム,ウクライナ,キプロス,ボスニア・ヘルツェゴビナ,グルジア,北マケドニア,リトアニア)

 

MillenVPNがおすすめ

  • 日本のサービスを使いたい
  • 超短期間の利用を考えている
  • コスパ重視
  • インドまたはペルーにVPN接続する
  • 銀行振込で支払いたい
  • 同時接続台数が6台だと足りない

 

最後に

全体を通してみるとクオリティや価格的には大差がなくて、どちらを選んでも失敗はしないだろうと考えれます。

ただ、オススメのパターンでまとめたように限られた一部の人にはどちらかがより魅力的に映ることもあるでしょう(ゲーマーとか、比較的マイナーな国に接続する人、クレカが使えない人など)。

 

アンケート

あなたはどっち派ですか?

Loading ... Loading ...

KyL

一人行動派の30代男
日本とタイで二拠点生活中
月3回ペースでブログ更新

【仕事】
ITç³»

【好きなもの】
カメラ・エモいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-VPN