Web

ワードプレスのテーマをカスタマイズできるようになればコスパ最高

投稿日:2017年4月5日 更新日:

前回のページで書いたように、Webデザインの基礎的なスキルを身につけることはオススメですが、あくまでも基礎なのでそれだけでは足りないと思っています。

なんせ1ヶ月で身につけられるスキルですから、仮に履歴書などでそれをアピールしたところでほとんど相手にされないでしょう。すでにできる人が掃いて捨てるほどいます。

できたところでまったく自慢にはなりません。

では、実際にどれくらいできるようになれば十分なのかですが、とりあえず目指すべき目標はWordPress(ワードプレス)のテーマのカスタマイズができることだと思います。

WordPress(ワードプレス)のテーマのカスタマイズ

ワードプレスとは

ワードプレスというのは現在多くのサイトやブログに使われているシステムです。

別にワードプレスをインストールしなくてもサイトには何の問題もありませんが、更新や変更が生じたときの手間が大変なことになります。

逆にワードプレスがインストールされているサイトなら、HTMLさえわからない素人でもページの内容を更新したり、新しいページを追加できるのです。

だから、世の中的にほぼ必須な状態となっているんですね。

(ちなみにワードプレス以外にも似たようなシステムはありますが、ワードプレスは無料で配布されていたり、情報量が多いこともあって、半数以上のWebサイトが選んでいるようです。)

ワードプレスのカスタマイズとは

ワードプレスをインストールしただけではデフォルトのままです。

最低限使えないわけではないですが、「そのままだとちょっと...」ということで、多くの場合、もとの状態から変更して使われることになります。

そこでカスタマイズのニーズが発生するわけです。

外観の変更

ワードプレスには「テーマ」という仕組みがあります。

テーマがあることによって着せ替えのような形でサイトの外観を簡単に変更できるんですね。

機能の追加

見た目以外には簡単に機能を追加できる「プラグイン」という仕組みもあります。

プラグインによって、例えば、お問い合わせフォームを追加したり、自動でバックアップをとるなどの機能が追加できるんですね。

 

ワードプレスのカスタマイズというのはおそらく上の2つの意味合いがありますが、今回は外観のカスタマイズについての話が中心になります。

ワードプレスのテーマカスタマイズを自力でできるメリット

①自分のサイトを好きなように変更できる

できる人に頼めば済む話ですが、誰かにやってもらうとなるとお金もかかりますし、100%イメージ通りになることはないでしょう。

そもそも自分自身にスキルがないとなると、アイデアがどこまで実現可能なのものなのかもよくわかりませんしね。

サイトにこだわりがあればあるほど、自分でできるのは大きいと思います。

②就職先がある

求人情報を見たところ、ワードプレスのテーマカスタマイズスキルが採用条件となっている仕事が結構ありました。人材不足なのかもしれませんね。

年収400万円程度と待遇に関しての過度な期待は厳禁ですが、斜陽産業にいる人の逃げ先としては悪くないのではないでしょうか?

僕は実際にこのスキルを持つ知人が未経験・30歳過ぎで就職した例を2件知っていますので、もし、あなたがアラサーで就職先に困っている場合はこれから頑張ってみても良いかもしれません。

③個人で仕事をできる

会社にとらわれない働き方もできます。

請負

最近はクラウドソーシングサービスで仕事を得るフリーランスの人も多いですし、これからの時代はその流れが加速していきそうな雰囲気がありますよね。

ちなみにクラウドワークスで募集されているワードプレス制作・導入の仕事を見渡したところ、1案件あたりざっくり平均10万円くらいでした。(2017年4月時点)

有料テーマ販売

お金を稼ぐ方法は誰かの指示を受ける請負の形だけではありません。自分で有料のテーマを作成して不特定多数に販売する道もあります。

僕自身有料テーマを買ったことがありますが、いいテーマを作ればかなり儲かるはずです。

以上の①②③だけで見積もってみても、ワードプレスのテーマをカスタマイズできるスキルは数百万円の価値があると思います。

僕は履歴書に書けるような資格を何個か持っていますが、はっきりいって現在まったく役に立っていません。費用や年月をかけたものもあるのでコスパでみると最悪です。

逆に資格ではありませんが、ワードプレスのカスタマイズは人生においてかなり役立っています。

2020年から小学校でプログラミング教育が導入されるそうですが、少なくともこのスキルにはあと3~5年くらいの賞味期限が残っているはずです。

僕が考えるコスパ

「スキル習得や開発にかかる時間」と「マネタイズのしやすさ」のことです。

AndroidアプリをつくるためにJavaを勉強し、一応公開するところまでいきましたが、アプリ開発はWebサイトやブログの制作よりもはるかに難易度が高いと感じます。アプリはそんなに量産できるものではありません。

また、マネタイズという部分で見ても、課金や広告でアプリから稼ぐことはWebサイトからアフィリエイトやアドセンスで稼ぐことより難しいです。

ワードプレスは基礎でよければ習得までにそんなに時間がかかりませんし、自分のビジネスで集客に繋げたりもできるのでコスパがいいと思います。

TECH ACADEMYのWordPressコースで習得できる

HTML/CSSができるなら

現段階でHTML/CSSを理解していて、これからワードプレスをやってみようと思っているならTECH ACADEMYのWordPressコースが良いでしょう。現役エンジニアの徹底サポートを受けられます。

WordPressコースのカリキュラム

  • WordPress
  • HTML/CSS
  • PHP
  • サーバー

オンラインなので格安ですし、無料体験もできます。とりあえずやってみてから判断することが可能なのは大きいですね。

今すぐ無料体験する

完全にゼロからやるなら

まずはHTML/CSSとphotoshopを勉強しましょう。

ちなみにWebデザインスクールだと最短1ヶ月で習得できるコースもあるようです。どこでもいいとは思いますが、通えるなら通っちゃったほうが早いと思います。

参考Webデザインは独学だと挫折しやすいがWebCampなら続くと思う

-Web

Copyright© 情弱で損した件 , 2018 AllRights Reserved.