アクションカメラ

Insta360 ONE X2 vs X3 買い替えるべき?

2022年9月11日

Insta360がONE X2の後継機となる360度カメラを発売しました。

今回、新しく出たInsta360 X3は前作からどのようなアップデートが見られるのか?はたして買い換えるほどなのか?

両者を比較してみます。

 

今回比較するカメラ

Insta360 ONE X2

Insta360の360度撮影専用カメラ(2020年発売)。

 

Insta360 X3

Insta360 ONE X2の後継機。360度カメラとしてだけでなく、普通のアクションカメラとしても使えるようになりました。

 

Insta360 ONE X2 vs X3 比較表

 Insta360 ONE X2Insta360 X3
発売時期2020年11月2022年9月
①デザイン面重さ149g180g
サイズ46.2 x 29.8 x 113 mm46.0 x 33.1 x 114.0mm
バッテリー1630mAh
(5.7k@30fps 80分)
1800mAh
(5.7k@30fps 81分)
SDカード最大1TB最大1TB
タッチスクリーン1インチ2.29インチ
防水性能IPX8
10m防水
IPX8
10m防水
ブルートゥース4.25.0
クイックメニューボタン
振動フィードバック
②映像面センサー(インチ)1/2.31/2
画角(35mm換算)7.2mm6.7mm
360度動画解像度@フレームレート5.7K@30/25/24fps
4k@50/30fps
5.7K@30/25/24fps
4k@60/30fps
標準
HDR
HDR

アクティブHDR
タイムラプス
5.7k

8k
タイムシフト
バレットタイム
3k@100fps

4k@120fps
Meモード
ループ録画
シングルレンズ解像度@フレームレート1440@50/30fps
1080@50/30fps
4K@30/25/24fps
3.6k@60/50/30/25/24fps
最大ビットレート100Mbps120Mbps
色味LOG
標準
鮮やか
LOG
標準
鮮やか
手ブレ補正FlowState
(6軸電子手ブレ補正)
FlowState
(6軸電子手ブレ補正)
オーディオステレオマイク
外部マイク対応
ステレオマイク
外部マイク対応
定価55,000円68,000円

両カメラの動画に関係するスペックを①デザイン面(ユーザーエクスペリエンス)と②映像面にざっくり分けてまとめてみました。

結論から述べると、①は大きく向上したけど、②の改善幅は小さいです。

 

X3で進化したポイント

①デザイン面

スクリーンが大きくなった

スクリーンが大きくなったことで設定変更のしやすさや見やすさがアップしてます。スクリーンのレスポンスはそこまで悪くないと評判です。

 

クイックメニューボタン追加

本体に物理ボタンとしてクイックメニューボタンが追加されています。これによってモード等をすばやく切り替えられるようになりました。

物理ボタンなら水中にいる時や雨でスクリーンが濡れていても使える点で進化してます。

 

振動フィードバック

設定変更時のバイブによるフィードバックが追加されました。

 

WiFi転送が高速化

転送速度が50%アップしたのでイライラも減ります。

 

②映像面

センサーサイズがアップ

センサーサイズは大きくなりました。これによって理論上は画質向上が期待できます。

 

最大ビットレート

1コマあたりの容量が大きくなっています(情報量が増えたということ)。

 

暗所性能アップ

前のモデルよりは暗所に強くなったと言えます。

 

通常のアクションカメラとして使える+画質向上

片方のレンズだけで撮影するシングルレンズモードでは4K撮影ができるようになっています。スクリーンも付いてるのでVlogカメラとしても自撮りするのにも使いやすいんじゃないでしょうか?もしかしたら普通のアクションカメラの出番は減るかも。

※正確に言えば、ONE X2も似たようなことはできましたが、解像度的にあまり実用的とは言えませんでした。

 

Meモード追加

Meモードは60fpsで自撮りでき、どんなに動いても人物中心の構図で撮影できるモードです。これによって編集にかかる手間を大幅に削減できます。

 

ハイフレームレート

設定によってはONE X2よりもフレームレートを上げられるようになってます。スローモーション撮影用のカメラとしては物足りないですが、一応使えるレベルになりました。

 

オーディオ品質

マイク性能はやや改善しています。ただし、しっかりと音を収録するならRode Wireless Go2などのワイヤレス外部マイクを使うのは従来と変わりません。

 

課題が残るところ

暗所性能はぶっちゃけ平凡

センサーサイズがアップしたものの、「Insta360 ONE RS 1インチ 360度版」と比較すると光が少ない場所で撮るとノイズ感が出てしまいます。

 

解像度

360度動画は5.7kからのアップグレードを期待していましたが、そのままでした。ONE X時代から5.7Kだったことを考えると4年経っても変わっていないことになります。これだと結局、書き出しは1080pになるので残念です。

 

スクラッチ対策はあと一歩

360度カメラの特性上、両サイドにレンズがあるので下手に置くと傷が付きやすいです。いったん傷がつくと自分ではどうしようもなくメーカーに修理に出さないといけなくなります。

いまのところ唯一の対策は別売のレンズ保護フィルターを使うことです。

デザイン面で解決できればいいんですが、これに関する改善はいまのところ見られていません。

 

意見が分かれそうポイント

スクリーン巨大化

大きなスクリーンはもちろん便利ですが、アクションカメラはわりとラフに扱うものです。なのでX2よりも故障や傷のリスクが上がったと考えることができます。そういう意味で言えば、スクリーンは2.29インチが最適なのかわかりません。

一方でシングルレンズモード+大きなスクリーンは自撮りとは相性が良いので評価する人も多いでしょうね。

純粋に360度カメラとして使うだけならスクリーンは小さくて良いのですが難しいところです。

 

バッテリーの変更

バッテリーはONE X2から10%容量アップしてますが、実際の最大撮影時間は伸びてません(これはスクリーンが大きくなったことで結果的に電力消費量が増えたことも一因でしょうか)。

にも関わらず、バッテリーにモデルチェンジがありました。すでに予備バッテリーを持っていたX2ユーザーは使い回せないため、新たに買い直さないといけないのでガッカリかと思います。

 

値段

円安の影響もあるとは言え、18,000円分の進化はあったのか?と考えることもできます。

 

Insta360 X3はこんな人にオススメ

はじめて360度カメラを買う

他の360カメラは発売から年数が経っていることもあり、今のタイミングで360度カメラ買うなら、これかInsta360 ONE RS 1インチ 360度版になると思います。

 

はじめてアクションカメラを買う

Insta360 X3はシングルレンズモードと360度カメラを使えるので1台でできる撮影の範囲が広いです。

複数台のカメラを持っていくのは大変なのでこうやって1台でマルチに活躍するカメラは重宝します。

マルチに活躍すると言えば、モジュラータイプのInsta360 ONE RSもありますが、モジュラーだと手間なので個人的にはX3のほうが利便性が高いと考えます。

 

クオリティの高いバレットタイムモード撮影をしたい

X3は現状、バレットタイムモード(よくマトリックスみたいと言われるやつ)が一番ハイクオリティで撮れるアクションカメラです(4k@120fps)。

普通の人がそこまで頻繁に使うモードかどうかはよくわからないですが、面白い映像コンテンツを作ってる人など一部のユーザーにとってはけっこう魅力的なんじゃないでしょうか。

 

※Insta360 X3は撮影目的に合わせて複数のアクセサリーが必要になります。
Insta360公式サイト だと目的ごとにパッケージで販売されており、必要なアイテムがいっぺんに揃うので便利です。

 

ONE X2ユーザーは買い換えるべきか?

週末カメラマンとしてたまに使うレベルなら買い換えるほどじゃないかもしれません。繰り返しになりますが、なんせ映像品質はほぼ変わっていないので。仮にX3をスルーしてX4まで見送ったとしてそこまでなにかが劇的に変わることはないと思われます。

一方、メインのカメラとして毎日使うレベルなら使いやすさがアップした最新モデルにアップデートする意味はありそうです。WiFi速度アップや新しいスクリーンは編集作業、設定変更にかかる時間に影響します。それこそ、年単位で見るとかなりの時間を節約できるはずです。

 

最後に

これから買うなら「Insta360 ONE RS 1インチ 360度版とX3ならどっちがいいか?」も考えるポイントかと思います。

次回の記事はおそらくその話になりそうです。

KyL

一人行動派の30代男です
最近はアフターコロナの海外移住に向けて準備中
このブログは月2回ペースでのんびり更新

【好きなもの】
大都会 ・新しいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-アクションカメラ
-,

Copyright© Life is Easy , 2022 All Rights Reserved.