当ブログにはプロモーションが含まれています

アクションカメラ

Insta360 GO3S vs x4 どっちを選ぶ?

Insta360のGO3SとX4。
2024年になってアップデートがあったシリーズですが、それぞれどんな人・どんな用途に最適なカメラなのか。

今回は改めて2つを比べてみます。

この記事の対象者

  • アクションカメラの購入を検討しはじめた
  • Insta360のGOシリーズとXシリーズが気になっている
  • 自分の使い方にマッチするほうを知りたい

この記事でわかること

  • 各カメラの強み・弱点
  • あなたに向いているのはどちらか

 

今回比較するカメラ

Insta360 GO3S

世界最小がコンセプトのInsta360 GOシリーズ2024年版。
GO3SはGOシリーズで4作目にあたり、GO3からアップグレードされたカメラです。

 

Insta360 X4について

最も売れた360度カメラ Insta360 X3の後継機(2024年発売)。
Xシリーズの4作目となるX4では画質が強化され、8K撮影が可能になりました。

レビュー記事:Insta360 X4のレビュー 2ヶ月使った時点の率直な印象(動画あり)

 

Insta360 GO3S vs Insta360 X4 比較表

Insta360 GO3SInsta360 X4
発売時期2024年6月2024年4月
①デザイン面重さ39.1g(本体)
96.3g(ケース)
203g
サイズ63.5 x 47.6 x 29.5mm(ケース)46.0 x 37.6 x 123.6mm
バッテリー容量310mAh(本体)
1270mAh(ケース)
1800mAh
撮影可能時間
(条件)
本体のみ38分
ケース併用時Max140分

(1080p@30fps)
81分

(5.7k@30fps)
ストレージ内蔵式

64GB
128GB
SDカード式

最大1TB
タッチスクリーン2.2インチ2.5インチ
磁気マウントシステム
ジェスチャーコントロール
ボイスコントロール
(日本語対応)
防水性能10m防水
IPX8
10m防水
IPX8
録画キャンセル
Apple Find My
外部マイク接続
②映像面センサー(インチ)1/2.31/2
画角(35mm換算)16mm6.7mm
360度動画標準

8K@30fps
5.7k@60fps
HDR
アクティブHDR
タイムラプス
8k
タイムシフト
バレットタイム
4k@120fps
Meモード
ループ録画
標準動画解像度@フレームレート4K@30fps
2.7K@50fps
4K@60fps
最大ビットレート120Mbps200Mbps
カラーフラット
標準
鮮やか
ポートレート
LOG
標準
鮮やか
手ブレ補正オフ
標準
高
最大
FlowState

※基本的にオート
定価64GB|61,800円
128GB|65,800円
79,800円

マーカーは比較でスペックが上回っている部分です。
 

Insta360 GO3Sの特徴

デザイン仕様

分離式

GOシリーズはカメラ部分とアクションポッドの分離式デザインが採用されています。

カメラ部分

親指サイズでマグネット式となっており、様々な場所に設置・マウントできます。
さらに防水仕様となっているため、水中10mまで沈めることができます。

アクションポッド

リモコン兼モニターとして使うことができます。
雨や雪などに対する耐水性はありますが、水中で使うことはできません。

素早く着脱できるのは本当にノーストレスです。ポケットに入りやすいサイズ感だから撮る予定がなくても持って行きたいレベル。
あと案外、マグネットってそこら中にあるんですよね。ドアとか柱とかマウントする場所は無限大です。
KyL

 

SDカードスロットなし

GOシリーズはSDカードに対応していません。
撮影データはカメラ内部のストレージに保存されるため、こまめなデータ移動が必要になります。

GO3Sはクイックリーダー経由でSDカードへバックアップできるようになった点はGO3より進化が見られます。
KyL

 

スペアバッテリーなし

GO3Sはバッテリー内蔵式で予備バッテリーでの運用ができません。
X4と比較すると稼働時間にリミットがあり、短時間の撮影向きです。

稼働時間をオーバーする予定ならモバイルバッテリーが必要です。
KyL

 

外部マイク接続不可

GO3Sは外部マイク接続に対応していません。
音質もしっかり残したい時には内蔵マイクのみだと限界があります。

どうしても音質にこだわるなら、ワイヤレスマイクで音源を別収録して編集で合わせるのがオススメです。
KyL

 

付属アクセサリー

購入時の付属アクセサリーが充実しており、色々なアングルからの撮影を楽しめます。
単なるおまけの付属品というよりは一つ一つが実際に活躍するアイテムばかりでお得感があります。

軽くて装着時もほぼノーストレス。
一人称視点での撮影にぴったりなデザインです。
KyL

 

Apple Find My対応

アプリを使って行方不明になったカメラの位置を特定することができます。
(iPhoneのみ対応)

 

映像

4K撮影

4KはX4とほぼ同じ解像度となります。
ただし、センサーサイズやビットレートの関係からX4よりもやや画質が劣ります。

 

ハイフレームレート撮影が弱い

4K30fpsまでなので解像度の高いスロー撮影には対応できません。

 

画角が狭い

X4との比較では画角が狭いです。

 

自撮り棒は消えない

消える自撮り棒には対応していません。

 

多段階の手ブレ補正

GO3Sは手ブレ補正のレベルを4段階から選べます。

 

カラープロファイルにポートレート追加

ポートレートが追加されたことにより、スキントーンなどがより自然に撮れるようになっています。

 

リフレーミング不要

GO3Sで撮影した動画はアプリで簡単にSNS等にアップできます。
360度動画と違って編集(リフレーミング作業)が不要な点で、撮ってから共有までがスムーズです。

 

Insta360 GO3Sの長所・短所

上記の特徴をまとめました。

  • 親指サイズのポータビリティ
  • 素早い装着&ノーストレス
  • スムーズなシェア(撮影からアップまで)
  • 多段階の手ブレ補正
  • アクセサリー付属
  • スペアバッテリーで使えない
  • 画角が狭い
  • スロー撮影性能が低い
  • 外部マイクが使えない

Insta360 GO3Sの長所が活きる使い方

短いクリップの撮影

バッテリーライフやインターバル録画機能などを考えるとショートクリップの撮影に使いやすいカメラです。

一人称視点撮影

運動中や家事・育児中などで手が使えない時もハンズフリーで簡単に撮影できます。

限られたスペースやスキマへの設置

狭い場所・天井・壁など本来、カメラの設置が難しいところもGO3Sなら対応できます。

目立たずに撮影

街頭で使用する時、周囲の人々に気づかれずに撮影することができます。
また、被写体がカメラを意識しないため、自然な表情や行動を撮影できます。

 

Insta360 X4の特徴

デザイン仕様

縦長

縦長デザインのカメラに自撮り棒を取り付けて使います。

両面レンズ

360度撮影のため、カメラの両サイドにやや出っ張ったレンズが配置されています。
レンズガードによって傷や破損のリスクを低下させることはできますが、GO3Sと比べるとやや扱いにくいデザインです。

防水対応

10m防水となっており、水中でも使うことができます。
ただし、屈折率の関係で水中撮影にはダイブケースが必要です。

SDカード式

最大1TBまで記録することができます。

スペアバッテリー対応

X4はスペアバッテリーがあるので長い時間の記録には使いやすいです。

 

映像

8K30fpsで360度撮影

X4はまず8Kの360度動画を撮り、使う部分をリフレーミングして使います。
リフレーミング後の画質は2.7Kから4K相当なのでGO3Sとほぼ同じです。
ただし、センサーサイズの違いによってやや違いが出ることもあるかもしれません。

リフレーミング作業

360度動画はリフレーミング作業があるので、アップするまでの流れがGO3Sほどシンプルにはいきません。

画角が広い

撮影が苦手でもフレームアウトして撮り逃がすことはありません。
自撮りなのに全身がフレームインさせられるのも面白いです。

自撮り棒がフレームインしない

自撮り棒が映り込まないように撮影するため、ドローンを使ったような映像になります。

 

Insta360 X4の長所・短所

上記の特徴をまとめました。

  • 8K360度撮影
  • 長時間撮影対応
  • 消える自撮り棒
  • 両面レンズの故障リスク
  • リフレーミング作業の手間

 

Insta360 X4の長所が活きる使い方

アクション中の全身自撮り

X4のような360度カメラなら、アクション中の自撮りがフレームアウトすることなく、アクションに集中できます。
全身フレームイン状態をキープしたり、スロー動画にも対応できます。

GO3ではアクション中の自撮りが激ムズですし、そもそも集中できなくなってしまい危険です。

第三者視点の撮影

消える自撮り棒を使うことでドローン風に撮影したり、他にカメラマンがいるかのような撮影ができます。

複数視点の撮影

一つの撮影素材から全く異なる複数のクリップを作ることができます。

 

Insta360 GO3Sはこんな人にオススメ

  • 小さいカメラを求めている
  • Vlog撮影などで目立たずに使いたい
  • SNSなどに気軽にアップしたい
  • 編集機材のスペックが高くない

 

ストレスなく身につけられる小さいカメラを求めている

体にマウントするための小さいカメラを探しているようなケースではGO3Sが便利です。

身につけて1人称視点で撮れるウェアラブルカメラは他にもありますが、やはりここまでサイズ感が小くて軽いカメラはありません。
ほとんど装着ストレスがないので他のカメラだと無理なスポーツ(球技など)もできますし、手が離せない子育てとかペットの世話中にも使えるでしょう。

高解像度が必要なものはメインカメラで撮り、逆にGO3はサイズ感や防水性を生かすことができれば2つのカメラが活躍します。

 

目立たずに使いたい

GO3Sで撮ると威圧感がないのでまわりの目を気にすることなく使えます。

 

すぐに送りたい

GO3Sで撮った動画は比較的データ量が軽く、編集も不要です。
知人との共有やSNSへのアップにも便利ですね。

 

Insta360 X4はこんな人にオススメ

  • 360度動画を撮りたい
  • アクションを撮りたい
  • リフレーミング作業が苦じゃない

 

360度動画を撮りたい

360度撮影するなら必然的にX4になります。
(GO3Sは360度動画が撮れません。)

360度撮影のメリット

  • 広角撮影かつ超強力手ぶれ補正
  • 消える自撮り棒を使った第三者視点やドローン風撮影
  • 一つの素材を様々なアングルで活用
  • バレットタイムモード

 

アクション中に使いたい

全身のフレームインやスロー動画に対応している点でアクション用途に向いています。

 

編集作業が苦じゃない

360度動画のリフレーミングするには手間と最低限の機材が必要です。
編集作業を許容できるなら楽しく使えるでしょう。

 

 

迷ってるならレンタルもオススメ

親指サイズのカメラにしろ、360度カメラにしろ、自分で使った体験があってはじめて腑に落ちることも多いです。
迷っているならぜひまずは使ってみてください。
本当に納得したものを買えば満足感が高いですよ。

Insta360 X4を安くレンタルする方法

↑ひらく

 

Insta360をレンタルできるサービスをまとめています

最近はレンタルしたものを気に入ったらそのまま返送せずに買取りできるサービスもあります。

比較表付きInsta360のレンタルサービス|どこで借りるのが正解?

最近、Insta360の人気が上がっており、まずはレンタルで使ってみようと考える人も増えています。 このページではInsta360を借りる前に知っておきたい情報(サービス一覧や注意点)をシンプルにまと ...

続きを見る

 

最後に

何を撮るか、どのように使うかによって選ぶカメラは変わってきます。
特徴をよく把握したうえで自分に合ったカメラを選んでみてください。

 

アンケート

あなたはどっち派ですか?

結果を見る

Loading ... Loading ...

KyL

一人行動派
タイで生活中
月3回ペースでブログ更新

【仕事】
ITç³»

【好きなもの】
アクションカメラ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-アクションカメラ
-