当ブログにはプロモーションが含まれています

アクションカメラ

Insta360 Go2を1年弱使ったレビュー

Insta360GO2を買ってからけっこう経ちました。

しばらく使ってみた経験を踏まえて気に入っているポイント、残念なポイントなどをレビューします。

(このページではカメラに詳しくない人にもわかるように細かいスペックとか専門用語を使った話はほとんどしません。)

 

Insta360 Go2について

親指サイズのアクションカメラ。低価格かつ超コンパクトだからいままで難しかった撮影も一気に身近になります。

Insta360 Go2が活躍するシーン

  • 体に身につけてハンズフリー撮影
  • 複数視点から撮影
  • 縦動画と横動画を同時に撮影(YouTube用とTiKTok用)
  • 水辺で撮影

32GB版と64GB版の2種類あり(違いはストレージ容量のみ)。

 

Insta360 Go2を使っていて気に入っているポイント

①通常版でも付属品が充実してる = お買い得感

他のアクションカメラだと「本体以外は自分の好みで揃えてね」というスタンスですが、insta360 GO2の場合だと購入時についてくるアクセサリがけっこういい仕事をしてくれます。

通常版の付属品

  • マグネットペンダント
  • ピボットスタンド
  • 簡易クリップ

上記アイテムだけでも頭、胸、壁、天井などほとんどどこからでもと言えるくらいいろんなバリエーションで撮影できます。

ケース兼リモコンも便利ですし、ほとんど追加で揃えなくても良いのがうれしいです。

 

②撮影後に縦横を決めれて便利

動画を撮った後で縦動画にするか横動画にするかを決められるモードがあります。

例えば、YouTube用に撮った動画も、TiKToKやYouTubeショート用に縦動画として使えるようになるということです。

 

③手ブレと水平維持が優秀

手ブレ補正機能がついていないカメラで歩きながら動画を撮ると映像のせいで酔ってしまいがちですが、Insta360GO2で撮影すればその心配がありません。

手ブレ補正技術によって自動的に安定した映像が撮れるからちょっとくらいならブレても全然平気です。

 

④本体がマグネットでくっつく

普段あまり意識してませんが、身の回りは磁石でくっつく素材でできていることが多いので意外といろんなところから撮影できます。

 

Insta360 Go2を使っていて残念なポイント

①バッテリー時間短い

一応、スペック上は本体のみだと30分、充電ケースに入れて使えばMax150分となっていますが、実際に使ってみると充電が切れるまでの時間はもうちょっと短いです。

動画モードによっては連続で30分未満だったりもします。

僕は充電ケースから外して、プロ動画モードというモードで撮ることが多いのですが、これだとバッテリー残量がなくなるまで20分程度です。すぐに充電しないといけなくなるのでその点は残念ですね。

ちなみに Insta360公式サイト ではモバイルバッテリーをUSB充電しながら使える「Insta360 GO2 USBパワーマウント」が売っているので一応、解決策はあります。

 

②暗所性能は残念

夕方以降に暗い環境で撮るとどうしてもザラザラとした粒のある動画になってしまいます。

一応、編集アプリに除去する機能もついてはいますが、気持ち程度だと考えたほうが良いレベルです。一般的にセンサーのサイズが小さいほど暗所撮影には弱くなる傾向があるので、現時点ではどうしようもできないですね。

 

③USB-CとUSB-Aのケーブルしか使えない

ケーブルの両端がUSB-Cタイプだと充電やファイルの転送ができない仕様になっています。充電するためにUSB-Cに挿しておいたのに充電できてなかった時はちょっとイラッとしました。(原因は両端がUSB-Cのケーブルだったからです。)

 

④音質は期待できない

屋外の風が吹いている環境だとどうしても風きり音を拾ってしまいます。外部マイクを使うこともできないので、残念ながら工夫しても改善できるような作りにはなっていません。屋内なら特に問題はありませんが、音質はそれなりだと思ってください。

 

おすすめの使い方・使いどころ

①変わった画角で撮る

画質はスマホよりも劣りますが、スマホでは撮りづらい撮影にも挑戦できます。

例えば、

  • 天井につけて撮る
  • 真下から撮る
  • 狭いところに突っ込む

みたいな撮り方に気軽にチャレンジできます。

 

②リスキーな場所で撮る

高価なカメラやスマホは壊れた時のことを考えるとリスクを犯してまで撮影しようとは思えないでしょう。そういった撮影には小さくて防水機能がついたInsta360GO2が活躍します。

例えば、

  • 思いっきり水が跳ねてくるような海や川で撮る
  • 激しい雨の日や水中で撮る
  • 土や砂、雪などがある地面に直置きして撮る
  • 洗濯機やミキサーの中に入れて撮る

など

 

③手ぶら(ハンズフリー)で撮る

基本的にカメラでちゃんと撮ろうとしたらどこかに固定するか、片手がふさがってしまうのが普通ですよね。

でも、Insta360 GO2は簡単に身に付けられるので、激しいスポーツ中や片手に他の何かを持っている場面でも撮影ができます。

例えば、

  • フットサルや野球のプレー中に撮る
  • サーフィン、スノボを楽しみながら撮る
  • 子どもを抱っこしながらor追いかけっこしながら撮る

みたいな使い方をしても面白い動画が撮れるかもしれません。

GO2で撮りつつ、他のカメラも使って撮影するみたいなのもやりやすいですよ。

 

④さりげなく撮る

スマホで撮りたくても、人が周りにいる状況では気を使ってしまって撮れない人もいるかと思います。

カメラを構えているとある程度、距離が離れていてもわかりますからね。

Insta360GO2はスマホよりも圧倒的に目立たないので人目を気にせずに使いやすいです。

 

Insta360GO2を買う前に知っておきたいポイント

画質はどうなの?

最近は平均的なスマホでも4Kが撮れますがGO2の場合、最大画質は2.5Kです。

これはつまり、スペック的にはスマホよりも画質が劣るということになります。

とは言っても、実際問題、スマホレベルの小さい画面で見る分には両者に差を感じないです。

具体的には、家族や友達に見せるカジュアルな動画を撮ったり、SNSで気軽にアップするのが目的なら満足できるはずです(インターネットを見ている人のうち、7割強くらいはスマホでアクセスしていると言われています)。

 

32GBと64GBならどっちがいい?

容量は32GBモデルと64GBモデルの2種類ですが、価格差が数千円程度なのを考えると64GBでいいかと思います。

(ちなみに発売当初は32GBモデルしか存在しなかったので僕が持っているのは32GBモデルなのですが…。)

32GBだと毎回データを移動しないといけないのが大変ですね。

ただ、短めの動画を撮るスタイルで使ってるので撮っていて容量不足だなと感じることは少ないです。

 

Insta360 GO2とDJI Action2は何が違う?

同じようなコンセプトのカメラとしてDJI Action2があります。なので両方知った上で買ったほうが後悔が少ないと思います。

Insta360 Go2 vs DJI Action2 比較表

▼別のページでくわしく解説してみました。

Insta360Go2 vs DJI Action2 どっちを買う?

映像品質はそこそこでコンパクトさを売りにするアクションカメラが流行ってますね。 SNSを見ると使っている人が増えてるのがわかります。 僕はInsta360Go2を発売直後から使ってますが、あとから登場 ...

 

Insta360 GO2とGO3は何が違う?

最新モデルとしてGO3が発売されました。
なので両方知った上で買ったほうが後悔が少ないと思います。

▼別のページでくわしく解説してみました。

 

どこで買えばいい?

Insta360 GO3が出たため、公式サイトではすでに取り扱いがありません。
実店舗でも売切れてたりするのでAmazonや楽天など普段から使っているショッピングサイトで買うのが一番楽かもしれません。
新品は結局どこで買っても差は数百円レベルです。

 

Insta360GO2をレンタルできるサービス

数日間だけ使いたい場合や買う前のお試しにはレンタルをおすすめします。

現状、3社で対応していました(2023年7月調査時点)。

Insta360の短期レンタルに対応しているサービス一覧

借出中の可能性もあるので念の為、いろいろな業者を掲載しておきます。

(各社、在庫に限りがあります。最安レンタルにこだわらず、最安で借りれたらラッキーくらいに思っておいたほうが良いです。)

料金表


X3

ONE X2

ONE RS
ツイン版

ONE RS
1インチ版

GO2

GO3
送料込
レンティオ (500円引)6,980円
(3泊4日)
-9,480円
(3泊4日)
10,800円
(3泊4日)
-7,980円
(3泊4日)
モノカリ8,280円
(2泊3日)
7,600円
(2泊3日)
--6,900円
(2泊3日)
-
kikito 8,480円
(3泊4日)
5,980円
(3泊4日)
6,480円
(3泊4日)
-3,980円
(3泊4日)
6,380円
(3泊4日)
ゲオあれこれレンタル 6,400円
(7泊8日)
-6,800円
(7泊8日)
--6,100円
(7泊8日)

北海道・沖縄は除く
東京カメラ機材レンタル株式会社--3,850円
(2泊3日)
---
パンダスタジオ 4,950円
(1泊2日)
3,850円
(1泊2日)
3,850円
(1泊2日)
5,841円
(1泊2日)
3,080円
(1泊2日)
-
注意点

※2023年8月調査時点の価格です。
※本体のみのレンタル価格(税込)です。
※アクセサリーは別オプションで借りる必要があります。とくに360度撮影には自撮り棒がほぼ必須アイテムです。
※各社の規定が違うため、レンタル日数はバラツキがあります。基本、各サービスの最低利用期間を記載してます。

Insta360のレンタルサービス|どこで借りるのが正解?

最近、Insta360ってけっこう流行ってますね。 「ちょっと使ってみたいんだけど」 「Insta360ってどこでレンタルすればいいの?」 「オススメのモデルはどれ?」 このページではInsta360 ...

 

Insta360 Go2で撮られた映像

 

最後に

Insta360GO2は面白い使い方にチャレンジできるカメラです。

このサイズ感、この仕様じゃないと撮れない映像もあります。

普通のカメラでは撮れない映像を撮るために割り切って使うならかなりアリなアイテムですよ。

KyL

一人行動派の30代男
日本とタイで二拠点生活中
月3回ペースでブログ更新

【仕事】
ITç³»

【好きなもの】
カメラ・エモいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-アクションカメラ
-