当ブログにはプロモーションが含まれています

アクションカメラ

OSMO Action3 vs Action4 どこが進化したのか

例年、DJIは秋頃にOSMO Actionシリーズの新作を出していますが、今回はやや早めにAction4を出しました。

Action3とかなりよく似た見た目ですが、どの部分がアップデートされたのでしょうか?比較してみます。

 

今回比較するカメラ

OSMO Action3

DJI社のOSMO Actionシリーズの2022年版。
Actionシリーズはタフさが売りのモデルです。


 

OSMO Action4

OSMO Actionシリーズの2023年版。

OSMO Action4(OSMO Action3からの主なアップデート内容)

  • センサーサイズ(1/1.7インチ⇒1/1.3インチ)

 

OSMO Action3 vs OSMO Action4 比較表


OSMO Action3

OSMO Action4
発売時期2022年9月2023年8月
①デザイン面重量145g145g
サイズ70.5 × 44.2 × 32.8 mm70.5 × 44.2 × 32.8 mm
ストレージ最大256GB最大512GB
バッテリー容量1770mAh1770mAh
バッテリーライフ
(設定)
最大160分
(1080p@30fps)
最大160分
(1080p@24fps)
急速充電18分18分
マグネットクイックリリース
防水性能16メートル防水18メートル防水
動作温度-20℃ ~ 45℃-20℃ ~ 45℃
GPS情報記録
②映像面センサーサイズ1/1.7インチ1/1.3インチ
レンズf2.8f2.8
ISO100-12800100-12800
画角|35mm換算FOV155°
超広角|12.7mm
広角
標準
狭角
FOV155°
超広角|11mm
広角|12mm
標準|15mm
フォーカス範囲0.3m〜0.4m〜
解像度@最大フレームレート4K@120p
2.7K@120p
1080@240p
4K@120p
2.7K@120p
1080@240p
標準
HDR動画
スローモーション
4Kï¼ 120pfps
2.7Kï¼ 120fps

4Kï¼ 120fps
2.7Kï¼ 120fps
タイムラプス
ハイパーラプス
ループ録画
インビジブル スティック機能

スキーとスノボのみ
最大ビットレート130Mbps130Mbps
カラーノーマル
D-Cinelike

10bit
ノーマル
D-Log M

10bit
手ブレ補正オフ
RockSteady 3.0
RockSteady 3.0+
HorizonBalancing
HorizonSteady
無効
RockSteady 3.0
RockSteady 3.0+
HorizonBalancing
HorizonSteady
シャープネスlow
medium
high
ノイズ低減low
medium
high
マイク数33
外部マイク
価格本体のみ47,300円58,300円
保険1年2,970円
2年4,290円
1年3,520円
2年5,280円

マーカーの部分が今回の主なアップデート箇所です。
デザイン的な変更は少なくて、画質に関するアップデートが中心となっています。

 

OSMO Action3 ⇒ OSMO Action4 進化したポイント

デザイン面

防水性能が水深18mまでアップ

防水ケースを付けずに水深18mまで潜れるようになっています。
Action3の時点で16mと他のアクションカメラの平均を上回る防水性能でしたが、そこを更新してきました。

 

ストレージ最大512GBまでアップ

使えるSDカードの容量が増えました。

 

映像面

センサーサイズがアップし、ダイナミックレンジが広がった

センサーサイズアップによって、画質が向上しています。
今回のアップデートで最も影響がある変更はこの部分です。

 

標準モードでHDR撮影が可能に

ダイナミックレンジが広がって、HDRモードと標準モードの区別がなくなりました。
(HDR撮影が必要な時でも標準モードで撮影するだけでOK)

 

DLOG-M

カラーモードがD-CinelikeからDLOG-Mに変わりました。
色編集をする人にとってはAction3よりもさらに細かい色調整が可能になっています。

 

画像調整が可能に

シャープさ(low,medium,high)とノイズ低減(low,medium,high)を変更できるようになりました。

 

低照度映像最適化

低照度の場所でもノイズを抑えて撮れるようになってます(30fps以下で利用可能)。

Action4はアクションカメラの中では室内やナイトシーンが得意なモデルです。
ただし、劇的に違うというわけではないので注意(最新の高級ミラーレスなどと見比べるとやはりハッキリと差が出てしまうレベルです。)

 

インビジブルスティック機能を使える場面が増えた

Action4では動画から自撮り棒を除去することができます(インビジブルスティック機能)。

Action3では使えるシーンが限られていました(スキーとスノボのみ)が、Action4はより多くのシーンでセルフィースティックを消すことができます。

 

残念なポイント

セルフィースティック除去に時間がかかる

インビジブルスティック機能で自撮り棒を消すためには一度サーバーにアップしてAI編集で除去するという手順があり、時間もそれなりにかかります。

Insta360のように自動的に自撮り棒が消えるのに慣れているとやや不便に感じます。

 

焦点距離が遠くなった

Action3は被写体とカメラが30cm以上離れていればピントが合いましたが、Action4は40cm以上離す必要があります。

(10cmは誤差と言えば誤差ですが、仮に本体のみの手に持って自撮りすると考えれば、ピンボケするしないのギリギリなラインかもしれないですね)

 

若干バッテリーライフは落ちた

Action3では1080p@30fpsで最大160分だったのが、Action4では1080p@24fpsで最大160分となっています。

なので、Action4の設定を1080p@30fpsにすると最大時間はもうちょっと減ることがからバッテリーライフが落ちたということができます(ここまでくると誤差すぎてだれも気にするレベルじゃないと思いますが...)。

 

OSMO Action4はこんな人にオススメ

少しでも高画質で撮りたい

Action4でアップデートされたポイントはほとんどが画質に関するものです。
なので画質にこだわる人にはオススメできます。

特に暗所時の画質はAction3等と比較して差が出る部分になります。

あとDJIのカメラは超広角で撮っても歪みが少ない点、見たままの自然な色合いに近い点もポイントです(映像がよりナチュラルに見える)。

 

スポーツ時に使いたい

ウォータースポーツ(スキューバーダイビング)

防水性能

水深18mまで使える防水性によって水中でも安心して使えます。

 

色温度キャリブレーション

色温度センサーによって水中でもホワイトバランスと露出を調整し、正確な色合いを再現できます。

 

ウィンタースポーツ(スキー・スノボ)

防寒性能

マイナス20度まで使えるので雪山でもOKです。
AI編集によって自撮り棒を消せるので見栄え的にも良いでしょう。

 

自転車・モータースポーツ

GPS機能

映像と同時に走行データをログとして残すのにも使えます。
(別売リモコンでGPSデータを記録して、マップ等を動画上でオーバーレイ表示可能。)

 

使いやすいカメラを求めている

現在発売されているアクションカメラの中では最先端でユーザーフレンドリーなデザインのモデルです(2023年8月時点)。

このジャンルのカメラがはじめての人にとってAction4はとっつきやすくてオススメです。

使いやすいデザイン

  • マグネットクイックリリース
  • 高い防水性
  • 急速充電

 

タフなカメラを探している

耐久性の高いモデルを求めるユーザーからの人気でいうとOSMO ActionシリーズとGoProが2強です。

GoProに根強いファンがいる一方で、OSMO Actionシリーズの優れたユーザビリティを支持する人が増えています。

 

Action3ユーザーが買い替えるメリットはあるか?

センサーサイズの変更やDLOG-Mで撮影できるようになったことはけっこう大きな意味がありますが、Action3が出た時ほどのインパクトはない気がします。

近いうちにGoPro新作やDJI Pocket3なども出てくるはずなので、Action3ユーザーはとりあえず待ってみて判断してもいいかもしれません。

 

Action3登場時に進化したポイント

  • 縦向き撮影対応
  • 10bitカラー※1
  • 防水性能や耐寒性能
  • 色温度キャリブレーション
  • 高性能バッテリー※2(長時間・耐寒)

※1
それまでのアクションカメラは8bit色深度がスタンダードでしたが、10bit撮影が可能に。
これによって、従来より精細なカラーグレーディングができるようになりました(1600万色⇒10億色)。

※2
バッテリーが最長160分に伸びたり、急速充電にも対応しました(別売のDJI 30W USB-C充電器を使えばバッテリー80%まで18分で充電完了)。
耐寒性も大幅にアップしました。

 

迷ってるならレンタルしてみるのもオススメ

OSMO Action4を安くレンタルする方法

↑ひらく

 

はじめてOSMO Actionシリーズを買うならアドベンチャーコンボがオススメ

Action4は本体とSDカードだけでも使えますが、屋外で使うならアクセサリーも必要になってくるはずです。

その際に必ず使う必須アイテムが含まれているのがアドベンチャーコンボです。

アドベンチャーコンボに含まれるもの

  • 1.5m 延長ロッド(5,940円)
  • バッテリーケース(8,910円)
  • バッテリー×2(8,800円)

アドベンチャーコンボで買えば、各アクセサリーを個別に買うよりも約6,000円もお買い得です。

 

最後に

今回早めに出たのはどういう意味があったのでしょう?GoProの新作を見据えたからなのか。それともDJI Pocket3を年内に発売するからなのか。ちょっと気になりました。

例年通りであれば、9月にGoProの新作が出ます。
(噂レベルですが、1インチセンサーが搭載されるらしいです。)

KyL

一人行動派の30代男
日本とタイで二拠点生活中
月3回ペースでブログ更新

【仕事】
ITç³»

【好きなもの】
カメラ・エモいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

-アクションカメラ
-