情弱で損した件

もっとはやく知りたかった...

30代ソロ充のカメラ

【GoPro】散歩動画撮影にはアクセサリ類がけっこう必要だ

2017年10月14日

インスタやYouTubeなどをみるとGoProが流行っている気がします。

一眼レフとかミラーレスカメラを買うよりはハードルが高くないのでこれから使ってみようと考えている人もいるかもしれませんね。

ただ、見逃しがちなのはアクセサリ類のこと。

正直、カメラ初心者だと何が必要なのかよくわからないんですよね。

今回は僕が散歩に連れて行くアクセサリとして優先度の高い3点を紹介します。

 

散歩動画撮影にはGoProアクセサリが必要

持って出かければストレスなくそこそこいい画が撮れるものだけをセットで紹介します。

 

デュアルバッテリーチャージャー

GoProにはバッテリーがもともと一つ付いてきますが、バッテリーは小さいので持ち時間は短いです。

動画を撮りっぱなしにすると1時間くらい過ぎたあたりで電池切れが心配になる感じですね。

GoPro本体しか購入していないとバッテリー切れで大切な瞬間を取り逃がしてしまうでしょう。

 

スペアバッテリーがあれば取り逃しを回避できる

デュアルバッテリーチャージャーで充電しておけば瞬時に予備のバッテリーと取り替えられます。

(2台同時に充電できるので効率的です。)

片方の電池が残量ゼロになった瞬間に充電を始めればサクサク撮れるでしょう(後はmicroSDカード次第)。

ちなみに純正品です。


 

ジンバル

これは手ブレを防止して常に安定した動画を撮るためには欠かせないジンバルというものです。

最新版のGoProは「手ぶれ補正」が劇的に改善されてるのでなくてもいいと思うかもしれませんが、あればさらに安定感は増すでしょう。

 

Zhiyun Z1-Rider-M

僕が使っているのはZhiyunというメーカーのものです。

(GoProの純正品ではありません。GoProの純正品のジンバルはKarma Gripです。)

Karma Gripを選ばなかった理由は金額的に高いからです。

ただし、使い勝手は純正品だけあってKarma Gripのほうが良いと思われる部分もあります。

例えば、ジンバルを充電しながら撮影できたり、ジンバルを充電すればGoPro本体も充電できるなどはZhiyun Z1-Rider-Mにはない魅力です。

 

ゴリラポッド

3脚にもなりますし、巻きつけることもできます。

さらには束ねて自撮り棒としても使えます。

僕がジンバルにZhiyun Z1-Rider-Mを選んだのはこのゴリラポッドと組み合わせれば荷物を少なくできるからというのも大きいかもしれません。


 

GoProで散歩動画を撮るなら実は総額10万くらいかかるかも

3点には含めませんでしたが、クオリティにこだわるならいろんなアクセサリをさらに買い足す必要があります。

  • 音声のクオリティを上げるためのマイク類(ピンマイクなど)
  • 光を調整するためのフィルタ(NDフィルタ)
  • 頭や手などに取り付けるためのパーツ(マウント)

基本的にGoPro本体だけでは使い物になりません。

このようにGoProはちゃんと使うなら意外とお金がかかります。

 

はっきり言って沼です。

買えば買うほど欲しくなってしまうんですね。

 

予算的に抑えるならどうする?

散歩ならまずはスマホ+ジンバルのほうが安い

僕がGoProをしばらく使ってみた結果、学んだこととしては散歩ならスマホでOKということです。

GoPro+アクセサリー類を買うよりもスマホにジンバルを付けて歩いたほうが安く済むからです。

あとは普段から使い慣れてるスマホのほうが使いやすいですし。

ちなみに僕はスマホ用ジンバルとして個人的に愛用しているのはOM4です。

 

もしくはDJIPocket2も検討したほうがいいかも

僕は何度か散歩で使っているうちに軽くて荷物を少なくできることが一番だと考えるようになりました。

なのでよりコンパクトで安価な DJIPocket2 もありだと思いますね。

結論から言うと乗り換えていませんが、まだ乗り換える可能性も残っています。

「DJIPocket2」は「GoPro」だけだと撮れない映像も撮れるとあって決めかねている感じです。

ただ、2つ持っていてもどちらかを使わなくなるのがわかっているので保留しています。

 

レンタルしてみる

アクションカメラ自体を使ったことがない場合はまずレンタルしてみるのもアリだと思いますね。

場合によっては普通のカメラやスマホで十分なことも考えられますし、レンタルならグループで借りれば割り勘もできますよ。

レンタルについては【GoPro】レンタルする前に知っておきたいこと※初心者向けにまとめたので興味があればチェックしてみてください。

 

【おまけ】個人的にDjiPocket2に乗り換えるべきかどうか悩ましい理由

重さ的には負担にならないがバッテリーは交換式じゃない

正直、Goproも十分軽いレベルなので気になってはいません。

ですが、DJIPocketはさらに軽くなります。

重くなるんだったら、躊躇しますがココはすんなり受け入れられます。

ただし、実は気になる点も...それがバッテリーでした。

 

GoProはバッテリーを何本か持ち歩いて、電池が切れたら取り替えることができます。

一方、DJIPocket2はバッテリーがなくなったら充電をするタイプです(要はスマホやタブレットみたいな感じですね)。

モバイルバッテリーを使えば、充電しながら撮影し続けることはできるんですが、僕のスタイルには向いていない気がしました。

最近の撮影スタイル

僕は最近、手持ちではなくてバッグパックに装着して使うスタイルが気に入っています。

GoPro Hero7 Blackになってからはかなり、安定化機能が向上し、何も考えずに歩くだけでそれなりに撮れるのでラクなんです(ほとんど撮りっぱなし)。

DJIPocketを取り入れると、このスタイルを崩す必要があるんですね。

 

②アクセサリー類が少ない

DJIPocket2はアクセサリー類がGoProと比較して貧弱です。そこが残念なのですぐに購入とはなりませんでした。

DJIのスタッフによると「アクセサリー類は今後充実してくる」と言ってましたから期待は持てますが、とりあえず待ちですね。(GoProでも併用できるものも多いようです。)

 

DJIPocket2はGoProと違ってアクションカメラではないので、比較は簡単ではないんですが、どちらも散歩という観点で言えば選択肢に入ると思いました。

僕がチェックした時点で、在庫は残り2個でしたからそこそこな人気はありそうです。

スマホのおかげで誰もが写真を手軽に撮る時代になりましたが、ガジェットが充実し始めて来ていることに加え、これから通信速度もアップして来ますからいよいよ動画の時代が加速していきそうですね。

KyL

KyL

一人行動派の30代男子です
最近はアフターコロナの海外移住に向けて準備中
このブログは月2回ペースでのんびり更新

【好きなもの】
大都会 ・新しいもの ・散歩
もっとくわしい自己紹介

Twitterもやっています

-30代ソロ充のカメラ
-

Copyright© 情弱で損した件 , 2020 All Rights Reserved.