情弱で損した件

もっとはやく知りたかった...

30代ソロ充のカメラ

Vlogに使えるアクションカメラの種類と選び方【2021年版】

2021年3月24日

今からVlog用にアクションカメラを買おうとすると、選択肢がいくつかあって悩みますよね。

一昔前ならとりあえずGoProを買っておけば間違いが少なかったですが、今は特徴によって細分化されてるので選ぶのが大変です。

撮影スタイルによって最適なカメラが違うのでちょっと整理してみます。

 

アクションカメラで撮った動画

 

そもそもVlogにアクションカメラを使うのはどうなのか?

スマホで気軽にVlogを撮影する人も多いですが、アクションカメラを使ってる人はけっこう多いです。

一眼レフとかミラーレスカメラよりはハードルが高くないですからね。

 

Vlogにアクションカメラは珍しくもなんともない

 

Vlogにアクションカメラを使うメリット

スマホ撮影時に感じる不便は緩和されるはずです。

例えば、

  • スマホを使いたい時に使えない
  • 動画データがスマホを圧迫
  • フロントカメラで自分を確認しながら自撮りするのが難しい
  • 防水対応じゃない(機種による)

など。

 

これらの悩みは適切なアクションカメラを導入すれば、すんなり解決してしまうでしょう。

スマホだと故障リスクのある撮影がしづらいですが、アクションカメラには比較的丈夫なモデルもあるので多少、無理がききます。

別売りのアクセサリーを追加すれば、車やバイクに取り付けたり、頭や胸のあたりにつけてスポーツを楽しむこともできますね。

 

アクションカメラには限界もあります

今、使っているのが最新のスマホならアクションカメラを使っても画質が急激に上がったりすることはありません。

高画質で撮りたい、背景がボケた動画を撮りたいなど、方向性によってはミラーレスカメラのほうが向いていることがあります。

 

その他、アクションカメラのマイク性能は一般的にイマイチです。

アクセサリーなども必要です。色々追加すると費用もそれなりにかかります。

 

今人気あるのはどんなアクションカメラ?【2021年春】

現在、人気のアクションカメラは以下になります。価格.comで売れているランキングを参考にしました(2021年3月中旬)。

  1. Insta360 GO 2
  2. Insta360 ONE X2
  3. GoPro HERO9 BLACK
  4. DJI POCKET 2
  5. OSMO ACTION
  6. GoPro MAX
  7. Insta360 ONE R

 

これらを特徴によって分類するとだいたい3つのどれかに当てはまります(複数の特徴を兼ね備えたアクションカメラもあります)。

 

堅牢性重視モデル

スポーツ・アウトドア・水中での使用に耐えられるように頑丈な作りです。
 

具体例



 

360度対応モデル

普通の撮影のほか、360度撮影ができます。

空間にあるものがすべて映るので撮り逃しを避けられます。

撮った後、編集時に縦横を決められるので複数のSNSを使っている場合にも便利です。
 

具体例





 

360度カメラの注意点


レンズが両面に付いているので気軽に床に置いたりすると傷が付きやすいです。
わりと注意して使う必要があるかもしれません。

 

小型モデル

コンパクトなのでとにかく持ち運びやすく撮影がより身近になります。

撮影時、カメラが大きいと周りにいる人にいかにも撮ってる感を与えてしまいがちですが、ほぼ、気にせず撮影できるでしょう。

両手があくのもいいですね。
 

具体例

    Insta360 GO 2の弱点


    ・4K撮影不可
    ・マイク品質

     

    ジンバル一体型モデル

    手ブレや揺れを抑えるジンバルと一体になったタイプです。

    ぶっちゃけ、最新のアクションカメラは電子手ブレ補正が優秀なので、ジンバルなしの手持ち撮影でもかなりなめらかですが、このサイズ感は魅力があります。

     

    具体例


     

    アクションカメラを選ぶ時にやるべきこと

    ①人気のあるモデルを把握する

    人気のあるアクションカメラのほうが情報量も多く、困った時に楽です。

    あと、アクセサリー類も豊富ですしね。

    さらにいうと、買い替え時や使わなくなった時にメルカリ等で売りやすいです。

    そういう意味で、理由がなければ、不人気のアクションカメラは情報量や二次流通の観点から避けるのが無難でしょう。

     

    ②利用シーンをイメージする

    これを買っておけばOKみたいな万能モデルはありません。

    探せばどこか必ず弱点もあります。

    なので自分が使うシーンを予め想定することが大事です。

    例えば、街歩きや散歩中心なら目立たないようにサイズ感が小さいものを重視して選ぶほうがいいかもしれませんし、ガチのアウトドアなら防水機能やバッテリー容量が重要だったりするでしょう。

    あと複数人で一画面に収まるように撮るなら画角が広いことも重要だと思います。

     

    ③細かいスペックを最終確認

    以下のスペックは調べればわかります。

    • サイズ感・軽さ
    • 撮影時間(バッテリー容量)
    • 解像度
    • 画角
    • 手ブレ防止性能
    • マイク性能
    • 防水性能

    目的を達成できそうなら購入し、ビミョーならレンタルで1回試してみるという手もありますね。

     

    最後に一言

    僕は「ミラーレスカメラ」と「アクションカメラ」を使っているのですが、スマホだけで限界を感じたら、ステップアップとしてのアクションカメラはありだと思います。

    最近のアクションカメラはかなり性能が良くて軽いので使いやすいですよ。

    今はコロナで閉鎖している施設も多いですが、僕は落ち着いたところでアクションカメラを持って身軽に動き回るつもりです。

    KyL

    KyL

    一人行動派の30代男子です
    最近はアフターコロナの海外移住に向けて準備中
    このブログは月2回ペースでのんびり更新

    【好きなもの】
    大都会 ・新しいもの ・散歩
    もっとくわしい自己紹介

    Twitterもやっています

    -30代ソロ充のカメラ
    -

    Copyright© 情弱で損した件 , 2021 All Rights Reserved.